FC2ブログ

加油!!

             rice3.jpg

スライム タンスのてっぺんに登ってしまったライス。
さ~下まで2メートルはあるよ。どうやって降りる?(笑)
ん?降りる気なさそう?こっくりこっくりし始めました(笑)


先日書きました、頂きもののカステラ。

okasi3.jpg

長崎・福砂屋のカステラです。
17歳の頃、母に連れられて、初めて個人旅行に出かけたのが長崎県。
母が「ここのカステラはぜったい買って帰りたい」と決めていたようです。

頂いたのは、プレーン味2本とココア味1本の詰め合わせ。

okasi4.jpg

奥のカステラ、包み紙のあとがついてしまいました(笑)
手前のは、上下ひっくり返して撮りました。
米粒サイズの白いものが、一面にあるでしょう?
これが特徴です。お砂糖の粒なんです。
食べると、ガリガリと歯ごたえが(^^;)
他のカステラもいくつか食べたことはありますが、
こんな大粒の砂糖が敷き詰められたカステラは他に知りません。

賞味期限までに食べ切れるのか!?頑張ります(笑)


最近お歳暮が続々と届き、こちらをさばくのもちょっと大変です。
毎日、クロネコヤマトのお兄さんと顔を合わせています(笑)
今日は殻つきの蠣が届きました。
殻がついてない蠣もセットですが、量が多いっ!
今日我が家はお鍋をする予定だったので、姑に少し分けてもらいましたが、
それでもたくさん残っています。
賞味期限は月曜日。とてもじゃないけど、食べ終えることができません。
明日もまた蠣三昧になりそうです。殻つきの蠣を調理してあげないと。
ついでに一緒にご飯食べてこようかしら。(お手伝いの役得だわっ!・笑)


姑は、賞味期限に鈍感です。
以前母屋の冷蔵庫を掃除したら、昭和の年号のが出てきたこともありました(@@)
冷蔵庫に入れておいたら、いつまでも持つと思ってる節が・・・
最近は、「これはいつまでに食べるようにって書いてあるよ」と注意してあげてます。
箱にも日付を書いてあげてます。
食べきれないものは、半分頂戴して帰ります。

もう以前のような人数で食事をすることがありません。
贈ってくださるのはありがたいのですが、出来ればもっと少量で・・・(笑)
いや、いっそのこと、お中元・お歳暮はなくしてもらっても結構です。


頂き物と言えば、お友達のピエールさん(MMへ行こう!・リンクにあります)からも、
インスタントラーメンの差し入れを頂いているのです。
また後日ご紹介します。
ピエールさんとは、仕事の関係で知り合いました。
九州にお住まいですが、ピエールさんの会社の代表取締役の方と、
今年尼崎のマンションでお仕事する機会がありまして、
その時、「猫キチの社員がいる」とお伺いして、
会社のブログにお邪魔するようになったのでありました。


さて。今月は本当に忙しい!
師走ですものね。家の用事はてんこ盛り・・・お墓の掃除もあるし、庭掃除も・・・家の修理もだった!
仕事ももちろんですが、ここのところ、普段なら必要のないことにまで走り回っております。
さすがに疲れてきました。
少し耳が変です。メニエールの再発傾向にあるのかもしれません。
三半規管が壊れる前に、少しゆっくり出来たらいいのですが。
再発しやすいので、自分ではだいだい、ああ、まただなってわかるのです。
もう既に4回再発しています(^^;)

甘いもの、ラーメン、海の幸!一杯補給して、頑張ります。
ブログも少しお休みするかもしれませんが。

あ、タイトルの「加油」は、文字通りの意味です。
中国語で「頑張れ!」ということ。
エネルギー入れて頑張れ~!みたいな?(笑)
北京語の発音ははっきり知りませんが、
広東語は「ガーヤウ」と発音します。
自分を叱咤激励する時、口にしています。


テーマ : 今日のつぶやき。   ジャンル : 日記

現状は・・・

anzucyacya2.jpg

Butterfly25 今日の午後のあんずとチャチャ。
廊下の奥にある猫トイレの上に乗って、前栽を眺めながら日向ぼっこです。


チャチャ 「おかあちゃん。フェリウェイの効果はどうでちゅか?」

家主  「う~ん・・・そうねぇ・・・効果、あるようなないような、やっぱりないような、多少はあるような???」


anzucyacya3.jpg


あんず 「フェリウェイ?なんだそれ?」

家主  「・・・・・・・」


噴霧器を設置したのは私の寝室のみ。
寝室のコタツカバーにおしっこを何度もかけていたので、
この部屋は重点的にフェリウェイを使ってみようと、
噴霧器&スプレーを併用しています。

使い始めて2週間ちょっと経ちました。
確かに、カバーへのスプレー行為はだいぶ減った感じがします。
でも、浴びるほどスプレーをカバーにかけまくった効果なのかも。
毎日そうやってフェリウエイのスプレーを使っています。
ただ、噴霧器が無く、スプレーだけ使っている玄関付近は、
やはり下駄箱に張ったシーツに、毎日お印が・・・とほほ~~。

まあ、でも、寝室に限って言えば、まったく効果がないわけではなさそう。
ただ、説明書に書いてある以上の量を使ったほうがいいみたい。
だから、すぐにスプレーはなくなります。
先日、ネットで3本セットを買い足しました。少し安かったので。
説明書には、「フェリウエイのスプレーを使った所に、猫がスリスリするようになったら使う必要はなくなる」と書いてありましたが、
残念ながら、未だその行動は見られませんね。
ま、最低1ヶ月は使ってみないと・・・なので、まだ様子を見てる段階です。
てことは・・・スプレー代は予想よりかかるということです、はぁ~~やれやれ・・・。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

家 今日はとても忙しい半日を送りました。へとへとです。

実は、朝から義父に会いに行ってきたのです。
ご存知の方も多いでしょうが、義父は現在枚方市内にある施設に入っています。
正式に入所して2度の脱走をした義父ですが、
最後の脱走をした日から約3ヶ月。脱走はありません。
施設と提携している病院の看護師さんから、
「だいぶ施設に慣れたようで、検査にも積極的に協力してもらっていますよ」とのお手紙を頂いていたのですが、
実際に家族に会ったら、どんな反応がかえってくるだろう?
連れて帰れ!のコールが起こるのではないか?と、もちろん心配もありました。

私が今日義父に会いに行ったのは、残念ながら家族としての面会が目的ではなく、
公文書に義父の直筆サインと捺印が必要なため、
それを貰いにいっただけなのです。
仕事の合間を縫うようにしていかねばならないので、長居もできないし、
長居しても大丈夫な状態かどうかもわからない。

サインをしてもらったら、すぐに家へ帰って市役所へ行かねばならないので、
早く話をして早く帰れるようにと、
朝8時半に家を出て、JR〇〇駅まで歩き、そこから京阪バスに乗って枚方駅へ向かいました。
京阪バスに乗るのも、枚方駅に行くのも初めてです。
施設へは義妹の車で2~3度行ってるのですが、
自分ひとりで行ったことがないので、
酷い方向音痴のワタクシ、事前に夫に地図を出してもらい、
どっちの出口からタクシーに乗ればいいか?まで教わりました(笑)

JR〇〇駅から枚方駅まで40分ほど乗るのですが、
バス代の安さにびっくりでした。
私が同じ市内の実家に帰る時に乗る阪急バスは、乗車時間が15分ほどですが、
バス代は230円ほどです。
なのに、京阪バスで枚方へ行くのに、40分も乗って250円!
なんて安いんだ!素晴らしいぞ、京阪バス!!(笑)

枚方駅について、南口からタクシーだよと言われていたので、
どっちが南なんだよ~と思いながら構内へ入ってみると、すぐに看板発見で、
方向音痴の私が珍しくスススとタクシー乗り場に向かうことが出来ました。
タクシーで15分足らずかな。施設に到着です。
職員さんには、前日に、10時半頃には着きますと言ってましたが、
予定を早くして向かったので、10時には到着。
でも、義父は、私が来る10時半に間に合うようにと、
お風呂の時間を変更され、着いた時はまだ入浴中で部屋に居ず。
結局10時半まで待ちました(苦笑)

待っても部屋に戻ってこないので、通りかかった職員さんに尋ねると、
「今、食堂でお茶を飲んでらっしゃるので、すぐお連れしましょうね」とのこと。
面倒臭いので、私も食堂へ向かいました。

義父は私を見ても、すぐに思い出しませんでした。
そういう反応が返ってくるかもしれないな~とは思ってたけど。
「お義父さん!」と呼びかけても、ちょっとびっくりした顔でしばらくじーっと見てるだけ。
「〇(夫)の嫁の〇子!」と言うと、やっと、「ああ~~!」ですって(笑)
認知症、少しまた進んでるのでしょうか。
「お義父さんに話があって来てん。部屋で話そうか」

義父は認知症で気分の浮き沈みが激しく、徘徊もかなりのもので、
最初は施設側も大変だったようなのですが、
今日会った時は、ススス~っと自分の部屋に自分で向かってました。
お?施設の部屋の場所は覚えたのね?
人様の部屋に間違って入るってことはないのかしら?


部屋に入って、今日私が来た目的を話しましたが、
村の人の名前を言っても、「うんうん」「ああ」とは言うけど、
本当に思い出して言ってるのか、そこのところはいまひとつよくわかりませんでした。
なぜサインが必要か、捺印が必要かを説明し、
特別不審がることもなく、素直に全ての公文書にサインをしてくれました。
が・・・
自分の下の名前を書く時、息子である私の夫の名前を途中から書き出して、
「あ~~!しまった!」と慌ててました(笑)
間違えたのは困りますが、長男の名前はちゃんと書けることがわかりました。
訂正印で通用するかしら?これ・・・(不安)

私が義父の代理人で役所の書類を貰ってくる委任状にもサインしてくれました。

あれこれ、これはどういうことや?と訊かれて、また大変な想いをするかな~と思ってました。
訊かれたら訊かれたで、ありのままを説明すればよいことだし、
家にとってプラスに働くことなので、義父も納得はしてくれるだろうと思いましたし。

でも、何の説明を求めることなく、私の話を聞いて、あっという間に作業終了。

施設の提携病院で出してもらった安定剤が合ってるようです。
穏やかで、家族のことをしつこくあれこれ訊くこともありませんでした。

「お義父さん、ごめんな。これから市役所へすぐ行かなあかんのやわ。また時間が出来たら来るわな」
と、私が言うと、
「そうかいな。それはご苦労さんやな」と一言。

「お義父さん、またお茶の続きでも飲むか?それとも部屋におる?」
「おるわ」
「そう。そしたら、また来るね!」

私は戸口で手を振ると、義父も部屋の中から手を振りました。
扉を閉めて、エレベーターが来るのを待ってる間も、
義父が追いかけてくることはありませんでした。

入所した頃、施設の出口を求めて、それはそれはうろうろしまくり、
対処するのが大変だったそうですが、今は自分の部屋でゆっくりするようになったみたいです。

見てる限りは、「とても幸せなボケ老人(言い方が悪いのはお許しを)」に変わっていました。
薬のせいも多分にあるでしょう。
でも、義父がお風呂から戻ってきたらしい声を部屋の中で待ってる間、一度聞いたのですが、
他の入所者の方たちに「お風呂入ってきたら気持ちええで~」と言ってました。
あら。かなり馴染んでるんだ?と思いました。

他の人達とも会話するようになって、職員さんにもちょっかいを出すこともあるようで、
部屋の前の廊下は、相変わらずうろうろ歩き回ってるらしいですが、
突然激高することもなく、不安感もお薬で取れてきたのでしょう。
会ってみるまで私もどうかな?と不安がありましたが、また会いに行けそうだなと感じました。


施設に着いた時、施設の玄関で、一人の女性入所者が、
じーっと表に立って、誰かを見送ってました。
浴衣を着て、甚平みたいなのを羽織ってらっしゃいました。
とても綺麗な年配の女性でした。
でも、その顔は、なんだか寂しそうで、相手を引き止めたいのを我慢してるような感じでした。
きっと家族の方と面会して、家族が帰るのを見送ってらしたのでしょうね。
認知症の方ではないようですが、
その分、家族が会いに来た時の喜び、帰って行く時の寂しさを、
認知症の人より普通に感じられるので、表情に出てしまっていたのでしょう。
義父のように、なんとなーくわかってるような、忘れてるような、
でもどこか、何かは思い出してるような感じだったら、
「帰るね」と言われても、「そうか~」で終わるのかもしれません。

30分ほどで施設を後にし、大通りまで出たら、目の前に空車のタクシーがやってきたので、
捕まえてJR〇〇までそのまま乗って帰りました。
とても良い運転手さんで、けっこう前からメーターを倒してくださいましたよ。

家に帰ったら11時半。サンディに給餌・投薬。自分のご飯。
1時に家を出て市役所へ。
ところが印鑑証明のカードを忘れて、また家に引き返し(笑)
必要な書類を整えて家に帰ったのが午後2時前でした。
あとは夫に託しましょう。

さて。一服したら経理をやりますか。
今月は尼崎のマンションの仕事にも行かねばなりません。
貸し事務所の契約や空室のリフォームの打ち合わせです。

そうそう。貸事務所を使っていた会社の代取から、美味しいカステラを頂きました。
またご紹介しましょう(食べてしまう前にね・笑)
このカステラを食べたのは17歳以来。28年ぶりです。
お砂糖の大きな粒が底についています。これが特徴なのです。
どこのかおわかりになりますか?カステラでは結構老舗で有名ですよ。
長崎が本店です。

以上。家主の今日の出来事でした。

テーマ : 今日の出来事   ジャンル : 日記

家主の先祖は・・・

               yamuyamu3.jpg

ミケネコ 珍しく顔がほっそり写ったヤムヤムです。


もう12月に入りましたね。今年もいよいよ終わりに近づいてまいりました。
振り返るには、まだ少し早いけど、私にとっては、この11ヶ月はいろんなことがありすぎました。
残り1ヶ月弱。良い大晦日が迎えられるように、更に頑張る所存でございます。


さて。タイトルにもありますが、今日は猫ネタではありません。
なので、スルーしてくださっていいですよ(^^)

母が来たら、再度確認しようと思っていた、先祖のこと。
先月、彦根で大叔母に会った時、解ったような解らなかったような感じで、
その後、チラっと書きましたが、しょうちゃんからメールが来て、
「おじいさんの名前が矢馬らしい」ということで。

今日は母にそのことを話しました。

そして高知の親戚の小笠原のことも聞いてみました。

そこで、ちょっと疑問が・・・
しょうちゃんのメールには、「中島矢馬」という名前が書かれていて、
大叔母はその矢馬さんの印鑑を、今も持っているらしいとのことでした。

母「え?なんでHちゃん(大叔母)が、中島の先祖の印鑑なんか持ってるんやろ・・・?」

そりゃ、自分の祖父でもあるからちゃうの?と私は思ったのですが、勘違い発覚!

大事なことを忘れちまっていたのです。

豊子婆ちゃん(家主の母の母)と、大叔母は父親が違うのでした。
整理しましょう。

母が知っているのは、豊子の母、くにえの代からです。

①くにえは高知県生まれ。子供の頃実父に連れられて北海道に渡る。
②その北海道で、中島某氏と結婚、豊子が生まれる(富良野)。
③豊子誕生の後、くにえは中島某氏と離婚、豊子を連れて高知県へ戻る。
④その後くにえは下園氏と再婚、大叔母達が生まれる。

ということは、大叔母にとっては、中島某は無関係で、知らない相手なのですね。
そして、おじいちゃんというのは、一体誰のことを指してるのか?
なぜ、印鑑を持ってるのか?謎だらけになりました(笑)

⑤豊子はその後、高知から大阪へ出て産婆の仕事を始める。
⑥北海道から、豊子の実父が豊子を訪ねてやってきたことがあった。(昭和17~18年頃)

私の伊達町の記事に、中島英記さんの子孫のzuckyさんから初めてコメントを頂き、
もしかして共通の先祖なのか?見知らぬ親戚が、インターネットを通じて見つかったのかも?
と、ドキドキしました。

そのzuckyさんからの情報をここでもう一度。

①伊達藩の家老について開拓に行った「中島英記」は、その頃44歳。
 子どもが英馬(長男)とき能(長女)。
②英馬さんの子供は泰さん、ハルさん、ナツさん、高さん、スイさん、トメヨさん(zuckyさんはトメヨさんのお孫さん)


でも、これらの名前の中には、豊子やくにえに関係してそうな人は見当たらず。
ただ、zuckyさんの方では、き能さん(英記の長女)関係は把握してらっしゃらないとのこと。


親の名前の一字をとって、子供につけるのが昔の習慣で多かったので、
英記さんは英の字を息子の英馬さんにつけたのですよね。
でも、この英馬さんの「馬」は、矢馬の「馬」と共通している・・・

ん~?似てるなぁ。馬・・・馬ねぇ。

と、母と2人であれこれ考えました。

母 「開拓記念館に残っていた資料には、息子は英馬さんだけやったけど、
その後に、馬のつく兄弟が生まれてるっちゅーことはないんやろうか?」
家主 「そうか~同じ字がつくのは、兄弟でもあるしね。可能性がないわけやないなぁ。」
母 「もしそうなら、開拓に行った中島という先祖も共通やしねぇ」

これはあくまで勝手な推測なのですが。

小笠原の親戚については、母はほんとにわからないとのことでした。

矢馬の印鑑を持ってる大叔母・・・どういうことだろう・・・

と、ここで2人で勝手に推測しても仕方ないので、
まだ彦根に滞在している大叔母に電話をしてみました(笑)

結果は・・・

①くにえの旧姓は門田くにえ。実父は「門田矢馬」(え???・笑)
②北海道へ渡ったあと、中島某氏とは確かに結婚。
③小笠原の親戚というのは、くにえの妹が嫁いだ家。この人の名前はわからないが、息子は「まんごく」さんという男性(既に他界)

さんざん想像してたのとは違うストーリーになりました(笑)

zuckyさんからの更なる情報には、
「中島英馬さんの長男泰さん(明治11年生まれ)の奥さんの旧姓が小笠原という名字で名前がツマ(明治17年生まれ)。
小笠原末吉とマツの三女として生まれた」
とありました。

泰さんの奥さんが高知の小笠原家だったのか、どうなのか。

でも、母も言っていますが、
伊達藩から家老について開拓に行った中島氏。
小笠原という姓の親戚がいる。

この2点は、zuckyさんと共通しているんです。
やはり、まだ謎は残ったままです。

ああ、イタコさんに豊子婆ちゃんを呼び出してもらって、
婆ちゃんの父親の名前が何だったのか、お爺ちゃんの名前がなんだったのか、
訊いてみたい!!!(笑)


でも、盛り上がりました。ちょっとした勘違いから、
兄弟で馬の字をつけてるのではないかとか、勝手なストーリーがどんどん進んで(^^;)

結局、中島姓に繋がる情報は、今のところ他にわからないという結論です。


この話はここまで。

それにしても、くにえの実父の門田矢馬は、かなりの山師だったようで。
北海道に何の縁故もないのに、一攫千金を狙って、子供のくにえを連れて北海の地へ。
当時は、そりゃ外国に行くのと同様だったそうだし、
「一度北海道へ行ったら、生きて帰れない」と言われた時代だったそうです。

北海道で何をしたかというと、
その頃砂金採りがブームで、矢馬は砂金を採る人に、日用品などを持っていって、
砂金と交換してもらい、それで財を成したそうです。
それを元に、大きな材木商をあきない、
「あの山売ってくれ」と、腹巻に札束を入れて、それでキャッシュで山を買うなど、
かなり儲けたそうですが・・・
材木を運ぶのに、丸太を組んで川に流していたら、
台風か何かで、丸太が流れ去ってしまって大損。
また、樺太から払い下げの軍用馬を船で運ぶ途中、
馬が弱って、バタバタと駄目になり、大損。

成功と失敗の、浮き沈みの激しい人生だったようです。

その山師の血を引いてる家主ですが、
母の影響か、非常に手堅く生きております(笑)
でも、ここぞという時は、勝負に出ますよ。
もちろん、ギャンブルではありませんけどね(^^)



テーマ : 今日のつぶやき。   ジャンル : 日記

 いらっしゃいませ
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん
chichan1blog.jpg
月乃
tukinoblog.jpg
白田君
sirotakunblog.jpg
茶太郎
cyataroublog.jpg
グレコ
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード