FC2ブログ

北海道~乗馬&大阪へ~

2008hokkaidou6.jpg

ふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート今回の記事で、北海道旅行は終わりになります。
もう少しお付き合いくださいませ。

Vista用に入れた動画編集ソフト、分厚いマニュアルをまったく無視して、
適当に編集しました、あはは~~~~。

では、話を初日に戻しましょう!

新千歳空港に付き、美味しいラーメンを食べた後、お迎えの車に乗って、
「カナディアンキャンプ北海道」へ向かいました。

お天気は雨。でも、少し待ってると、なんとか上がってくれたんです。

では、その後の様子を動画でどうぞ。
どの動画もカットは殆どしませんでしたので、7分くらいになってしまいました。
ごめんなさいね~~~~~!(笑)
動画がない部分は、静止画を入れています。
本当は、自分でカメラを持っていって、乗りながら撮ろうと画策してました。
でも、それは危ないかもしれないし・・・
なら、夫は乗馬しないから、カメラマンに専念してもらって、
一緒に歩いて付いてきてもらって、林の中の散歩風景撮ってもらえないかな?
そう思ってましたが、雨上がりでかなりぬかるんでるので、
先生が「ちょっと無理かもしれませんね~」って・・・。
ってことで、林の中の動画は残念ながら無いのです。
だから、夫が周囲で撮った林の紅葉を少しだけ。

最後の方(チャーミーちゃんから降りる時)に、私の馬鹿笑いが入ってしまいました。
降りようとして、すんなり降りれなかったからです(^^;)

注目すべきは、くるくると周囲を回り続ける空くんの可愛さですよ!
「早く行こうよ!」と、まさにそう言ってるんでしょうね(^^)
私の下手くそさは、、、言うまでもございません。まあ、ご覧あれ(笑)




レッスンはほんの10分ちょっと。あとはすぐに美しい林の中に出かけます。
雨上がりの林の中は、木々の香りに満ち満ちて、それはそれは香しく、
澄んだ空気が私を包んでくれました。

林の中の道は、とても狭い狭い獣道です。
そこをくねくね~くねくね~少し上ったり下りたりします。
私の下手な手綱さばきに文句も言わず、チャーミーちゃんは付き合ってくれました。

先生から、「途中で勝手に草を食べそうになったら、叱ってくださいね」
と言われたので、そういう時は手綱を上に引き上げ、「駄目!」と言いました。
ちゃんと休憩場所があって、そこで草を食させるようになっていました(^^)
静止画の中に「砥草」と書いてあるのがありますが、
その草をバリバリといい音をさせて食べていました。
この草は、水を濾過する機能があるので、この辺りの水は、
とても綺麗なのだそうです。

私達が行った林は、鹿やリスなどが出てくるそうですが、
雨が降ったばかりのせいか、出会えませんでした。
反対側の山の方の林には、遡上してくる鮭を狙って熊が出るので、
そちらには乗りにいかないそうです・・・こっちに出なくて良かった(^^;)

空くんは、本当にずーっと林の中を付いてきて、
先導しながら進んでいましたよ(^^)
お馬さんと、大好きな先生と、お客さんと一緒に散歩するのが、
何より楽しいのでしょうね。本当に良い子です。

ここにいるお馬さんの種類は「クォーターホース」という種類だそうです。
アメリカから来た種類ですって。
サラブレットより優れた点もあり、調教もよく出来る種類なので、
乗馬にはもってこいなのだそうです。
このクラブでは、難しいことは言わず、のんびり自由に馬に乗って楽しませてもらえます。
何より、自然の中へ乗りに行ける。
こういう環境があればこそ!ですね♪

他にもいろいろな場所に行くようです。
川があるところまで行くコースもありますよ。今度はそれに挑戦したいな。

2008hokkaidou14.jpg

私が使わせてもらったのは、こんな鞍です。「ウエスタン鞍」。
上に突き出た部分があるでしょう?そこを左手で握ってました。
これが、慣れないと、ツルツルすべるんですよね。
最初に歩きだした時、つるんつるんとすべって、体が左右に大きく揺れました。
結局最後まで、体をうまく安定させられませんでしたけど(尾骶骨も打っちゃうし・笑)

2008hokkaidou86.jpg

最後に、チャーミーちゃんと空くんの2ショット。

もう帰りたくないな~という気分の家主でした(^^)

乗り終わって、お借りした長靴、雨具をクラブハウスで脱いでると、
またザーザーと雨が降り出しました。
クラブには「雨なので、キャンセルさせてください」という、
私の後のお客さんからの電話が入ってました。

私が乗る間だけ雨が上がるなんて・・・鬼のように念じた甲斐があったってこと?(笑)

名残惜しいけど、札幌へ出なければ・・・

みなさんにさよならを言い、再び奥様の車で空港へ。
「またきてくださいね」
「もちろんです!ぜひぜひ!」

ああ、次に行けるのはいつだろう。
またこのクラブにお世話になりたいです!

本当にありがとうございました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ここからは、最終日4日目の様子です。

東室蘭のホテルを午前9時にチェックアウト。
列車に乗って、そのまま新千歳空港へ。
あとはお土産を買って、お昼ご飯を食べて飛行機にのるだけです。

初日に食べた海鮮丼にがっかりしていたワタクシ。
このまま帰るはずがありません?(笑)

新千歳空港の「アーバン亭」というお店に入ってみました。

頼んだのは「北の海賊丼」です。2400円。二条市場より100円高いだけ。

2008hokkaidou87.jpg

ああ~~~~!丼がっ!丼が輝いていますっ!♪
こういうのを食べたかったのです!
美しい・・・

ウニ、イクラ、ブリ、イカ、鮪、ほっき貝、数の子、タラバガニ、サーモン、ボタン海老。
10種の新鮮な魚介が美しく盛られています。

ご飯?もちろん乾いてません!(笑)
ふっくらとした美味しいご飯に、この宝石の数々。
ウニが甘~~~~~~~~~いっ!
ああ、至福の時が来た~~!リベンジ、果たさせていただきました。

丼は少しだけ小ぶりです。でも、ボリュームたっぷり。

今度もここに来たら、この店に入ろうっと♪


お土産も買い、ソフトクリームも食べ・・・

2008hokkaidou88.jpg

夕張メロンとミルクのミックスです。すごく美味しかった!

飛行機に乗って、北海道にお別れです。

2008hokkaidou89.jpg

機内から。こういう雲を見ると、歩けそうな気がしますね(^^)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今回の北海道旅行は、行くまではお天気にハラハラしましたが、
行ってみたら、肝心な場面では、雨が上がってくれました。
乗馬の時も、外食に行った時も、友人に会った時も。
小樽を出た後は、まったくの晴天が続き、傘は一度もささずにすみました。

毎日、目的を持って動いた旅でした。
1日目 乗馬を体験する。
2日目 友人に会う。
3日目 先祖の足跡を辿る。
4日目 これは・・・お土産漁りですね(笑)

いつもの旅より、私にとっては内容の濃い旅になったと思います。

長い旅行記にお付き合いくださったみなさま。
どうもありがとうございました。
これにておしまいおしまい~~~~!てれねこ


リボン赤泊りがけで留守番をしてくれた実家の母の言葉。

「グレはほんまに、コロコロが好きやなぁ~。コロコロ見せたら寄ってきて、
ベターっと横にくっついて(笑)」

みんな、良い子でいてくれたようです。良かった(^^)

※夫が北海道旅行の写真をアルバムにアップしたようです。
 お暇な方はチラっと覗いてみてくださいまし。(リンクの「ANZUPAPAの写真」からどうぞ)






テーマ : 北海道   ジャンル : 旅行

北海道~地球岬~

波北海道3日目の後半です。

伊達紋別から母恋駅に到着し、そこからタクシーに乗って、いざ、地球岬へ!

と・・・思ってたら、運転手さんが一言。

「私はね~ここの生まれでね。地球岬もいいけど、ぜひ見てもらいたい場所があるんですよ。
観光バスが入れないところなんだけど、どうですかい?」

ん?それはどこ?

「みんな地球岬に直行するんだけど、私がお薦めする場所もいい景色なんですよ~!」

そうですかい・・・んじゃまぁ、行ってみますかい。

というわけで、地球岬に行く手前でタクシーは方向を変えました。

着いた場所は。

2008hokkaidou78.jpg
 
「室蘭八景 トッカリショ」というポイントでした。
目の前に開けた海に、突き出た大きな岩。岩というか、岸壁。

2008hokkaidou79.jpg

右手には、亀のように見える丘がありました。

2008hokkaidou80.jpg

2008hokkaidou24.jpg

運転手さん(左)と私(右)。
「子供の頃はね~あの丘からスキーで下まで滑り降りてたもんですよ」

それは、海に向かってスキーをしてるってことですかい!?
ダイナミックやないか~い♪(パクリました、ごめんなさい・笑)

運転手さん、とにかく自分が生まれ育った場所の絶景を、見せたかったのでしょうね。
この、地元を愛する熱い心がなんとも素敵でございました♪
だけど、あの丘から海に向かって・・・私なら足がすくんじゃいます(汗)

さて。トッカリショを満喫した私達は、地球岬へ向かいました。
トッカリショからすぐでございます。

駐車場に着くと、運転手さんが、
「15分ならメーター倒して待ってますから」と仰るので、帰りも乗っけてもらうことに。
本当は15分なんて、短いわっ!と思ってたのですが・・・
この日はものすんご~~~~~~~~~~~~~~~い強風っ!びっくり
冗談抜きで、ここもかしこも手で押さえてないと、飛んでいってしまうくらいでした。
この強風の中、15分以上居ることは・・・無理だったかも。

2008hokkaidou81.jpg

大阪を出る時、北海道のお天気の気まぐれにハラハラさせられました。
地球岬は、なんとしてもピカピカに晴れた空の下で眺めたい!
そう念じてましたが、天に願いが通じたようです。

2008hokkaidou82.jpg

下にある灯台の所へは降りられませんでした。

この丸い水平線を・・・写真に収めるのは無理があるので、
左方向から右に向かって、海が見えなくなるところまで動画で撮りました。
ものすごい風の音が入ってますので、気をつけてくださいね。




約270度くらいにわたって水平線を見渡せるらしいです。
右手の小山がなければ、もっと見えるんでしょうけど。

2008hokkaidou83.jpg

これは「幸福の鐘」。鳴らすのを・・・忘れた私の幸せはどうなるのだろう・・・(^^;)

2008hokkaidou84.jpg

そろそろ限界です。逆光の写真を一枚撮って、ここを後にしました。
翌日には、この強風は収まるとのことだったのですが。
ほんとに凄かったです。

運転手さんと「15分」という約束だったので、この後、駐車場横にある売店へ猛ダッシュ!

地球岬へ来たのは、この美しい景色を見るためでもありますが、
忘れてならないお土産がここにはあるのです。

当選者の方にはすでに発送しましたので、アップしても大丈夫。

2008hokkaidou85.jpg

地球岬の売店で買える「炎の毒まんじゅう」です。
これをネットで見たとき、絶対地球岬にいつか行ったるねんっ!
と、面白い物好きの大阪人の血が騒ぎました。
幸い、今回の旅行のコースに入れることが出来たので、
直接買うことが出来ました。FAXでも注文できるんですけどね。
それじゃ、面白くないでしょ?

私が袋に入れてもらってる時に、他の観光客の人達数名が入ってきて一言。

「お~!これが例の毒まんじゅうかぁ~~~!」

有名なんですね、やっぱり(笑)

6個のまんじゅうの内、1個だけ唐辛子餡です。
つまり、ロシ餡ルーレットなのですよね~!(笑)
一人でするもよし、会社で楽しむのもよし。お友達と騒ぐのもよし。

余談ですが、札幌のテレビ塔のお土産コーナーにも、
これを真似た?企画のものがあります。
でも、パッケージが違います。
テレビ塔は、テレビ塔のキャラクターが書かれてあり、とても可愛いんです。
だから、買いませんでした(笑)

これを買うために地球岬に来たようなもんですから。
。。。と、書いてるうちに重要?なことに気づきました。
ワタクシですね。アンコが駄目なんですよねぇ~~~~!涙
もちろん、自分にも1箱買ったんですけど・・・
6個のうち5個は普通の小豆餡。あちゃちゃ・・・
ってことは、私の場合、唐辛子餡を引き当てた方がいいってことですね。
これは難しい・・・一発目で唐辛子餡を当てるって・・・
どうか、一発目で当たりますように!(こっちを願う人も珍しいのでは?笑)


さて。地球岬を後にして、母恋駅に戻り、そこから東室蘭へ出ました。
この日の宿は、「ホテルニューバジェット室蘭」です。完璧ビジネスホテル。

室蘭は・・・工業の町なので、観光客向きではないかもしれませんね。
食べに行く所を探すのも、ちょっとしんどいか~と思ったので、
ちょうどホテルの前にある、セイコーマートというコンビニで、
しこたま食べ物とおやつを買い込み、チェックインしました。
カツゲンのプレーンももちろん買って。

それを食べて、お風呂に入って、ベッドに横になりながら、
「イケメン・パラダイス♂花ざかりの君たちへSP」をしっかり堪能した家主でした(笑)
あ、セイコーマートで買った、「テリテリチーズミートなんちゃら」っていう、
コッペパンスタイルのサンドイッチがとても美味しかったですよ。
照り焼きバーガーの味です♪


※お馬さんの動画編集、日曜日にチャレンジする予定ですが、
予定通りいかないこともございますので、更新がなかったら、
「ごちゃごちゃいじくって苦労してるんやろうな~」と思ってください。
動画の内容自体は、ぜんぜんどーってことない内容なんですけどね。


テーマ : 北海道   ジャンル : 旅行

北海道~先祖を訪ねて伊達紋別~

2008hokkaidou25.jpg

太陽北海道3日目。10月12日(日)の様子です。
今日も文章が長くなります。ごめんなさい。

これはお宿の朝ごはん。朝ごはんは部屋食ではありません。
部屋食の朝ごはん、長らく食べてないように思います。
最近、ずーっと朝は食堂へ行かされています。昔は部屋食が結構あったのにな。
ま、それはそれとして。朝ごはんもいろいろ豪華で、美味しかったです。
イカが大好きなので、朝からイカ刺しがついてて嬉しかったなぁ。


さて。前日宿まで送ってもらったタクシーの運転手さんに、
この日の朝のお迎えもお願いしていました。
そうしておいてよかったのです。
宿に着いた時、フロントの方から、「翌朝の送迎は9時半に一本だけバスを出しますがどうされますか?」
と聞かれたのですが、それでは遅かったからです。
タクシーをあらかじめ頼んでおいて正解でした。

そのタクシーに乗って小樽駅へ。
運転手さんのお話では、ここ最近の小樽は年寄りの町になってしまったとのことです。
若い人達は札幌へ仕事に出、小樽へなかなか帰ってこないのだとか。
さびれてしまってね~・・・と、運転手さんはさびしそうでした。
確かに、この日、町を見ていても若い人はあまり見ませんでした。
観光客の若者は別として。町に根付く若い人達がいないと、だんだんさびれてしまいますよね。
私達が訪れた15年前の小樽は、もっと良かった・・・と運転手さんが言っていました。

小樽駅に到着後、伊達紋別へ向かう列車の中で食べるべく、
お昼用に駅弁を買いました。

列車に乗り込み、午前11時を少し回ったところで駅弁オ~プン♪

2008hokkaidou27.jpg
「小樽燻煙鯖棒寿し」。にしんもありました。迷ったけど、鯖をチョイス。

2008hokkaidou26.jpg
あら。なんとさっぱりとした・・・内容でしょう(笑)
鯖寿しは普通、表を昆布で巻いたものが多いですが、これは海苔巻きです。
では一口。

「う、う、うんめぇ~~~~!!!」
鯖に脂が乗ってるのは言うまでもありませんが、
この「燻煙」という文字はまったくその通り。鼻から、口から燻製の香りが溢れ出しました。
見た目は地味だけど、めっちゃ美味しいです!
燻製食品がお好きな方にはたまらないはず。

美味しい駅弁を食べて、いよいよ伊達紋別へ到着。お天気は快晴です。

2008hokkaidou74.jpg

伊達紋別駅に着いて、早速「伊達市 開拓記念館」へ向かいました。
ところが・・・
私は、事前に夫が開拓記念館の位置をしっかり把握してくれてると思ってたのに、
夫はあまりよく地図を見てなかったそうで、
とりあえず、「伊達街道」方面だろうと、見当をつけて歩いていたのです。
ところが、なかなか辿り着きません。

ヤバイ・・・ここでは2時間弱しか時間がない。
もう40分くらい経っちゃったよ~~。駅からこんなに距離があったっけ?

でも、やっぱり出発の電車に間に合いそうにありません。
途中で諦めて、駅に引き返しました。

「ここまで来たのに・・・伊達紋別はもう来ることがないかもしれないのに。あ~あ・・・何のために来たのやら」

疲れたので、駅に戻る途中にあるスーパーの駐車場で、一服しながらがっかりしていました。
すると、その駐車場に一台の空のタクシーが止まっているのを見つけたのです。
「あれに乗ったら多少は記念館が見られるかも!」
それで、タクシーに乗って、
「すみません!開拓記念館へ!」

すると、運転手さんは「記念館ね。すぐそこですよ~」
ブブーとタクシーが発車して2分後。到着・・・へ?
私達は結構近くまで行ってたんですよね(笑)
初乗り料金は470円のタクシーですが、払ったお金は560円。
申し訳なかぁ~。お釣りはいいです、と言って降りました。

2008hokkaidou75.jpg
ついに着いた!開拓記念館。

では、ここで、私がなぜこの場所に来たかったかをお話しましょう。

私の母の母。つまり祖母ですが、豊子さんと言います。
その豊子婆ちゃんのお母さんの元旦那さん(離婚したから)のお父さん、
つまり豊子婆ちゃんにとってはお爺ちゃん、母にとってはひい爺ちゃん、
私にとってはひいひい爺ちゃんに当たるその人が、開拓団としてここに来たのです。
苗字は中島です。でも下の名前はわかっていません。
なぜかというと、豊子婆ちゃんは、もうとっくの昔に亡くなっているからです。
生きていれば直接名前を聞き出せたと思いますが。

その中島爺ちゃんは、伊達藩の開拓団の一員としてやってきたことは確からしいです。
御家老と一緒にやってきたこともわかっていました。
その中島爺ちゃんのことが、もう少し何かわかったら面白いのにな~。
これが私がここに来た理由です。
中島爺ちゃんは、その後ももちろん北海道に住み続け、
豊子婆ちゃんも富良野で生まれ・・・
私には北海道人、開拓民の血が入ってたんだな~と知って、ちょっと不思議な感じがしました。
北海道は旅行に行く場所であって、自分のルーツに関係のある土地とは思ってなかったからです。
その話を、乗馬でお世話になったOさんに話した時、
「ルーツを辿ってみると面白いもんですよね~!」と言ってらっしゃいました。
確かにそう思います。戸籍謄本で辿れることももちろんあるけど、
自分の足で歩いて辿ってみるって、また格別の思いが生まれてきます。

2008hokkaidou76.jpg

こちらは、古びた建物ですが「迎賓館」なんですよ。
中を見られたのかも知れませんが、時間がないのですっ飛ばし・・・

2008hokkaidou77.jpg

ここが記念館です。とても小さな建物です。

中には、開拓に関する資料、道具、開拓に来た伊達藩のお殿様(仙台ではないようです)の
大きな立派な雛飾りも展示されてました。金太郎も並んでました、雛壇に。

入り口に地図があって、開拓当時、加わった人達がどういう並びで住んでたか?
みたいな地図でした。
中島を探しました。ありました。1つだけそこには載っていました。
中島英記とありました。この人なのかなあ・・・?

他に資料は無いのかな~と思っていると、夫がなにやら記録文書みたいなものを見つけました。
やはり入り口に置いてあったのです。
それを見て、「この中島さんなのかなあ~他にも中島さんっていたんだろうか?」
とぶつぶつ言ってるのを聞いた、記念館の職員さんが近寄ってこられて、
「どなたかお探しですか?」と訊かれました。

実は・・・とわけを話すと・・・
「ちょっと待ってください。この中島さんなら詳しいことが結構解ってますから」
と、奥から資料を持ってきて、一生懸命調べ始めたんです。
正直びっくりしました(^^;)
え?その場でいろいろ調べてもらえるんだ?
結果として英記さんについて教えてもらったことは、
明治3年8月に開拓第2弾として伊達にきたこと。
元々が伊達藩の侍ではなく、仙台に近い福島県の新地御家中出身で、
伊達藩が何かの必要があって侍を募集した時に、
640文で雇われ、家老と一緒にやってきたそうです。

末永町という所に入ったことまで記録にありました。(末永町って今でもあるんでしょうか)

それと、調べていると、もう一人中島さんが見つかりました。
中嶋源三さん。この人は明治3年4月に第1弾として伊達にきたようですが、
それ以外の記録はないそうです。

職員さんの話によると、「家老と一緒に来たのなら、まず英記さんの方が可能性が高いです」
なぜなら、英記さんが来た第2弾の時に、御家老が伊達に来ているからだそうで。

そうなのか~。もしかしたら、この英記さんがひいひい爺ちゃんなのかぁ?
100%断定は難しいのですが、そうなのかもしれないって思うと、
来た甲斐があったかな~と、ちょっと嬉しくなりました。
菩提寺とか解ればいいんですけどね~と職員さんに言われましたが、
何せ名前を知ってたはずの豊子婆ちゃんは亡くなってるし、
婆ちゃんの両親も離婚してるし、その離婚したお父さんのお父さんだから、
親戚付き合いが続いてない限り、菩提寺までわかるわけもありません。
ましてや、私は大阪生まれの大阪育ちだもんで・・・

でも、ここまで教えてもらえるとは思ってなかったので、
親切な職員さんに感謝です。
この職員さんは、そりゃもう、すごい勢いで資料をめくって中島姓をチェックしてましたから(^^)
今現在、解ること全てを教えてくださいました。

私のように、自分の先祖のルーツを探しに、ここへ来た人もいるかもしれませんね。
そして、きっとあの職員さんは、そのたび一生懸命探してあげてらっしゃるのでしょう。
先祖かもしれない人の記録が残ってるのは、なんとなく嬉しい気がします。
英記さんがそうだとしたら・・・の話になってしまいますけどね(^^;)

いつか戸籍を辿ってみたいと思いますけど、
あれって、亡くなって80年経ったら処分されてしまってるんですってね。
今となっては、調べられないのかもしれません。

お話を聞かせていただいて、ちょうど良い時間となりました。
帰りのタクシーは、乗せてくださった運転手さんが、
「うちの営業所がすぐ傍にあるから」と言ってらしたので、
そこへ飛び込んで、「駅までお願いしまーす」とお願いしました。

こうやって、伊達紋別での短い滞在は終わりました。
2時間だけの滞在でしたが、運よくタクシーを見つけたお陰で記念館に行けて、
先祖かもしれない人の名前を知り、どこから来た人かもわかり、
私としては、自分で調べるという目的を多少は果たせた気がしています。
このためだけに、伊達紋別まで来たんですから。

私はお爺ちゃんという存在を今まで知りません。
母方のお爺ちゃんは、私が生まれた時には居なかったし、
父方も居なかったと思います。
だから、ひいひい爺ちゃんを探して旅をするなんて。ちょっと面白いですよね。

さて。急ぎタクシーに乗って駅へ向かいました。
駅に着いてタクシーを降りた途端、斜め前の交差点で、どえらい音が!
車が何かにぶつかったようで、左の後部ドアがぼっこりへこんでました。
あれ?すれ違った車に当て逃げされた?
それとも、自損事故?
それがね~目の前に交番があったんですよ。おまわりさんがすっ飛んできました。
目撃者から話を聞くおまわりさん。
あれま~と目を丸くしてる私達。
交番の前で、運が良いのか悪いのか。
乗ってた人達に怪我はなかったようですけどね。


さ。伊達紋別を出たら、その足で今度は地球岬でございます。
目指すは母恋駅。これ「ははこい駅」だとばかり思ってました。
「ぼこい駅」って読むんですね(^^;)

では、地球岬のお話はまた次回といたしましょう。







テーマ : 北海道   ジャンル : 旅行

北海道~小樽の宿にて~

             2008hokkaidou21.jpg

むーん★。≪夜霧よ~(ワワワワ~♪)今夜も~(ワワワワ~♪ありが~と~う~♪(ワワワワ~♪)≫

小樽というと、石原裕次郎記念館がございますね。
裕次郎さんを見ると、「太陽にほえろ!」か「夜霧よ今夜もありがとう」を思い出します。

15年前に、裕次郎記念館は行っているので、今回は行きませんでした。
この写真は夫が撮ったものです。
Hちゃんと別れて、小樽へ出た私達。
小樽駅に着いたら、SLのニセコ号が止まっていました。
今、期間限定かな?走らせているそうで、煙を吐きながら停車してました。
お客さんがいっぱい乗ってましたよ。いいなぁ♪

夫はそういうのを見ると喜んで写真を撮ります。
この時も、ニセコ号の端まで行って、写真を撮っていました。私をホームに置いたまま。

いつまで待っても帰ってこないので、何やってんだ?って思ってたら、
ついでにこの裕次郎さんの写真も撮ってたらしく。
硝子が反射してるのが、少々残念ですが、こんなのどこにあったのかなぁ?気づきませんでした。

さて、小樽駅から私達はタクシーに乗って、この日の宿に直行です。
時間は4時を少々回っていました。
行き先は、朝里川温泉のホテル武蔵亭。
いつもは私が決まって宿を決めるのですが、今回の旅行は夫がネット検索で探してました。
ここも夫が「このあたりでいいんじゃない?」と言ったので、私がネットで取った宿です。
部屋に小さな木のお風呂が付いてます。もちろん温泉です。
大浴場に行くより、部屋に温泉が付いてたらそっちの方が楽だし、嬉しいね~ってことで。

2008hokkaidou55.jpg

お部屋はこんな感じです。

2008hokkaidou56.jpg

ここにお風呂があります。
なかなか優れもの?で、人が浸かってお湯が溢れて減ると、
自動的にお湯が追加されて、また入ろうと思うと満タンに。
また溢れて、また追加で、また満タンで、また入って溢れて追加の満タンの~~(笑)
いつ入っても満タンの温泉に浸かれます。
自分で足さなくていいのが楽(笑)

小さな窓が付いていて、そこから大きなお月様が見えました。

2008hokkaidou57.jpg

部屋から見た向かい側。少々ですが紅葉が。小樽はまだまだなのかな。

さて。この日はまったく部屋から出ませんでした。
着いてそうそう温泉に出たり入ったり。ご飯が来るまでそうしてました。

この日のご飯はありがたいことに部屋食です。お部屋で食べるのが一番好きです。

2008hokkaidou58.jpg
お品書き通りにご紹介します。

2008hokkaidou61.jpg
食前酒 林檎酒

2008hokkaidou62.jpg
先付  石狩産鮭切込み セルフィーユ

2008hokkaidou59.jpg
前菜  ウニ海老新丈 シマエビ 青つぶ旨煮 枝豆ムース仕立 合鴨ロース味噌煮

2008hokkaidou63.jpg
小鉢  ニセコ産砂もぐり茸みぞれ和え

2008hokkaidou60.jpg
刺身  鮪長手つくり 小樽産平目薄造り 小樽産しゃこ あしらい一式

2008hokkaidou67.jpg
蒸し物 積丹産カニ新丈若草蒸 銀餡

2008hokkaidou66.jpg
焼き物 石型陶板焼き 小樽産たこ オホーツク産帆立 十勝産牛肉 アンデス岩塩 ポン酢

2008hokkaidou65.jpg
口替り かぼちゃ豆腐 美味汁 紅立

2008hokkaidou64.jpg
お凌ぎ 穴子押し寿司笹の葉包み 南京ふくさ 雄武産タラバガニ

2008hokkaidou69.jpg
変り皿  小樽産宗八蝶唐揚げ 和風バルサミコソース 香味野菜添え

2008hokkaidou68.jpg
鉢物  積丹産鮎並八方煮 まいたけ 絹さや 紅葉麩

2008hokkaidou70.jpg
食事   雨竜町産雨竜米 山わさび昆布
止め椀  厚岸産貝あさり漬汁仕立 三葉 ゆず
(香物は写真なし)

2008hokkaidou72.jpg
水菓子 自家製プリン フルーツ添え

2008hokkaidou71.jpg
これはお宿からのサービスで付いたハーフボトルのワイン。
私も夫も飲めないのですが、頂きました。
頑張って飲みましたが、半分残りました(笑)
とてもフルーティで美味しいと感じました。
ああ、アルコールに強かったらなぁ・・・


夜の食事は以上でした。お味は上品で美味しい方ですね。
特に、蒸し物のカニ新丈は、今までこういうものを食べた中ではかなり美味しかったと思います。

夫はこれらの料理の~そうですねえ。3分の2ほど食べたでしょうか。
残りは当然全部私のお腹に入りました。ご馳走様でした!

あとはまた温泉に入って。
すっかり疲れたのでこの日はぐっすりと・・・と言いたいところですが。
どうも私、大声の寝言を叫んだようです。

最近ですね。突然、ガ~~!と寝言で叫ぶことが多いらしく。
それも怒った寝言ばかりみたいですね。
この時は確かになにやらとても腹の立つ夢を見たんです。内容はもう覚えてませんが。

「○×◎&▲%#~~~~!!!」

突然の大絶叫だったようです。夫が「耳が潰れるかと思った・・・」と言ってました。
そういえば、夫が「どうしたどうした?」と頭をなでてる感じがしたのですが、
半分夢の中でムームー唸ってたようなので、よくわかりません(苦笑)
仕事のストレス、家庭のストレスが旅行先でも湧いてしまったのでしょうか。
楽しい旅をしてる最中だというのに。困ったもんだ・・・

「全力の発声で寝言言うんだもんなぁ・・・」翌朝の夫のぼやきでした(笑)

さて。そんなことはケロッと忘れた私は。

「さ~今日はいよいよ伊達紋別だ~!」

伊達紋別に行く理由はまた書くとしまして。
今日はこの辺でお開きとしましょう(料理の紹介だけになっちゃった・笑)

2008hokkaidou73.jpg
これは伊達紋別駅の写真です。
見ろよ~青い~空~白い~雲~♪そのうち何とかな~るだろ~う~♪
という、クレイジーキャッツの植木さんの歌が口をついて出そうになりました。
続きは次の旅行記で。



テーマ : 北海道旅行   ジャンル : 旅行

北海道~札幌で友人に会った~

2008hokkaidou20-1.jpg

笑い。北海道旅行2日目の後半の模様です。

のっけから・・・友人との2ショットですが・・・これはちゃんと目隠しさせていただきますね。
友人だけ目隠しで、私は顔出しって・・・嫌だもん~(笑)

待ち合わせは大通り公園の泉の前でした。12時に約束をしていました。
この日が来るまで何度もメールのやりとりをして、場所を決めたりして。

あ、背の高いほうが私です。

友人は・・・Hちゃんと言いますが、札幌にお住まいです。
Hちゃんとの付き合いは、12~3年になります。
当時香港映画にはまっていた私は、専門雑誌にペンパル募集の記事を出してみました。
そしたら、Hちゃんが手紙をくれたのです。
たくさんの人から手紙をもらったのですが、未だに続いてるのはHちゃんくらい。
私より1歳上の女性ですが、お孫さんが2人いて、上のお孫さんはすでに7歳!
なんて若いバーバなんでしょう~~♪
最近はエグザイルのアツシ君の大ファンです(^^)


さて。メールでやり取りしてる時にわかったことですが、
Hちゃんはとても方向音痴なのだとか。私もなのです。
大通り公園で待ち合わせ~が決まるまでは、ここかな?あそこかな?わかる?大丈夫?
ってなやり取りもしましたよ(笑)
私も大阪に住んでいながら、大阪のどこへでも行けます!とは言えません。
住んでる市内でも、そう言い切れないくらいの方向音痴です。
お互い解るところということで、大通り公園になりました。

私はオレンジのコートを持ってるか着てるから~黒い帽子もかぶってるよ~!

目印になるよう、服装の色を事前に教えていました。

さて。植物園を出て、大通り公園へ。もうすぐ会えるんだな~♪
お付き合いをはじめてから、会うのは初めてなんですもの。緊張と喜びと♪

で・・・10分ほど前に到着。私のオレンジのコートを見て近寄ってくる人はなし。

じゃあ、座って待ってましょう!

そのうち、メールが届きました。

「今ね、3丁目のトイレの前にいます」

「3丁目のトイレ・・・え?どこ?ここ3丁目だよ~!?」と夫に言うと・・・
夫が振り向いて、私の肩をトントン。

パっと振り向くと、すぐそこのトイレの前にHちゃんが立ってたのです!

「あ~~~~!!!」

いつから居たんだろう?私より先に大通り公園に着いたってメールはもらってたのに・・・
もう~~Hちゃんったら~~!(笑)

というわけで、無事、長年のペンパルさんとの初対面を果たしたのでした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お昼は、私が本で勝手に決めたスープカレーのお店に行ってみることにしました。

「スープカレー専門店 ドミニカ」というお店です。

「私、方向音痴でね~」とHちゃん。
「私も私も!だから、ほら、ナビがいるし(と夫を指差す家主)」

夫は何も言わず、テクテクお店に向かって歩きます。

「札幌に住んでないのに、まるで住んでるかのようによく知ってる~!」
「出張が多いですから」

というような話をしながら、われわれはお店があるビルへ。

2008hokkaidou48.jpg

これは私が頼んだ「漆黒の黒・とんとろ」です。私だけご飯にとんとろが乗ってました。
味は辛さが5段階?あれ?10だっけ?ありますが、2にしておきました。
2でも、そこそこピリリとして美味しかったです!ん!美味しかった~~♪

2008hokkaidou49.jpg

こちらは夫が頼んだ「トマトベースの赤」。こちらの具は野菜を指定。
一口スープを飲ませてもらいましたが、酸味があってさっぱりカレーで美味しかったです。

2008hokkaidou50.jpg

これはHちゃんが頼んだ「和風だしの黄」。この店はこの「黄」から始まったそう。
壁の張り紙にそう書いてありました。具はチキンを指定。

食事をしながらいろんな話をしました。
息子さんのこと、Hちゃんのお仕事のこと、方向音痴のこと(笑)

あ、Hちゃんは、札幌市内の某大手ホテルで清掃のお仕事をしています。
清掃会社のパートさんで、派遣されているんです。
結構上の階・・・20何階とかを担当してるそうです。

裏話もいろいろ聞きました。これがここに書けない話もあるんですけど・・・
某有名歌手さんは、いつも部屋を汚くするとか(笑)
同僚の方は、清掃のお仕事の服装の時、従業員エレベーターで、
韓国の人気グループ「東方神起」と鉢合わせ!

「もう格好良かったらしいよ~でも、その人、仕事の制服きてエプロンしてヨレヨレだったから、
私服の時に出会いたかったって言ってた」(笑)とか。

野球選手もたくさん泊まるそうです。オリンピック強化選手とかも。

Hちゃんが直接見たのは、美川憲一さん。
上司の人についてお部屋の掃除に行った時。
上司の人が「お部屋を掃除してもよろしいでしょうか?」と美川さんに尋ねると・・・

「いいわよ~~~♪」という、あのいつもの声で返事が来たそうです(笑)

「普段もあのまんまなんだね~~!」とHちゃんと私は大笑い。
「取り巻きの人達はなぜかみんな背が高くてイケメンなんだよ」とも。

他にもたくさんお話を聞きましたが、内緒にしておきます(笑)

方向音痴に関しては、Hちゃんと私はまったく同じタイプのよう。

「お店に入るでしょう?出る時、右から来たか左から来たかわかんなくなってるのよ」

まさにその通り!!(笑)

横で夫が、なんでやねんってな顔で聞いてましたけど。

だって、目印を覚えておけばいいって言われても、
その目印がどっちにあったのかがわからなくなるんだもんね~~!と私達。
ふふふ。2対1で方向音痴チームの勝ちだね~~(笑)

Hちゃんは、年末のエグザイルカウントダウンコンサートに運よく行ける事になったと、
大喜びでした。目がキラキラ輝いてました。可愛かったです♪

食事の後は、ドトールコーヒーに行って時間までまったり。

本当に一杯お話が出来てよかったです。
時間は2時間と限られてましたが、文通だけのお付き合いの方に、
しかも札幌の人に直接会えて、この旅2日目の目的は達成されたのでした!

Hちゃんは、私達にお土産をくれました。気を遣わないで欲しかったのに。

2008hokkaidou51.jpg

一番手前の猫の財布には「五円玉」が入ってました。
「五円=ご縁」ですよね!ありがとう!使わずに大切にとっておきます♪

他の中身はというと・・・

2008hokkaidou52.jpg
白い恋人!北海道土産の定番ですが、私はまだ1度くらいしか食べたこと無くて。嬉しい!

2008hokkaidou53.jpg

こちらのお菓子は、チョコでコーティングされた中に、マロン、ブルーベリー、キャラメルが包み込まれていました。これもサクサクしてGOOD!

2008hokkaidou54.jpg

最後の包みは何だろうな~と開けてみると、可愛い猫のカレンダー兼フォトスタンド!
来年1月からのカレンダーが入ってました。
それまでは、うちの誰かの写真を入れようかな♪
落とされて割られると嫌なので、会社のデスクで活躍してもらいます!!

たくさんのお土産を本当にありがとう・・・
私なんて、大阪名物が浮かばなくて、たこ焼き味のおせんべいだけしか渡せなかったのに。
今度会ったら、何でもご馳走しますから許してね(^^;)

ドトールコーヒーを出て、大通りに向かいました。
Hちゃんは地下鉄です。

地下鉄乗り場の入り口に来たので、別れの挨拶を・・・
あっという間の2時間でした。
Hちゃんは、最後に、「携帯で写真一緒に良い?」と。
もちろんですともさ~♪

記事の写真は夫が自分のデジイチで撮りました。あとで焼いて送ってあげようかな。

名残惜しいのですが、私達は小樽へ向かわねば。

「じゃあ、また手紙書くからね~!」

駅の階段を降りていくHちゃんと、横断歩道を渡ろうとする私。
お互い振り向いたら、タイミングが一緒で、「バイバイ♪」と手を振って別れました。

とても優しくて、笑顔が可愛くて、昔からいつも会ってるかのような感じの人でした。

たとえ文通だけでも、年数を重ねると、クラスメートみたいな感じに近くなるのかな?(笑)

Hちゃん。お仕事を調整してお休み取ってくれて、本当にありがとうございました。
次の日も一杯メールをくれてありがとうございました。

またいつか会いましょう!今度はぜひ大阪へお越しくださいね!

こうして北海道旅行2日目の目的を無事果たし、小樽へと旅立ったのでした。

(今回は文章が多くなりました)



テーマ : 北海道旅行   ジャンル : 旅行

北海道~札幌で友人に会う前に~

2008hokkaidou38.jpg

クロネコ北海道旅行2日目です。

朝起きたら、お天気は晴れ。なのにすぐに曇ってきて・・・
今にも降り出しそうな雲行きになりました。
レンタサイクルを予約していたのですが、キャンセルしたものかどうか・・・
迷いつつ、ホテルのすぐ近くにある「二条市場」へ朝ごはんに出かけました。

楽しみにしてたんです。
新婚旅行の時は、函館に2泊しましたが、その目的は、
ホテルのすぐ目の前にある函館の朝市で、海鮮丼を食べることでした。
2日通いましたもんね(笑)とても美味しかったんです。
だから、札幌の二条市場にも海鮮丼を出してくれる店があるのを知って。

ところがですね。あえて名前は書きませんが。もう行きません。
この写真を見て、どうでしょう?味もそっけもない盛り付け。
しかも、ご飯は乾いてました。
海鮮もさして新鮮と思うような感じでもなく。ウニはちょいと苦いし。

海鮮丼なら、函館の市場だっ!と、ワタクシ、肝に銘じました。はい。
これで2300円なんですよ。楽しくないです。このご飯。ブーjumee☆Feel Depressed4
ご飯は、見た目も大事なのだわっ!
あ・・・でも、今も函館の市場が以前のようにナイスな海鮮丼を出してくれてるのかどうかは知りませんので、行かれた方は、私の代わりにチェックしてきてくださーい。


さて。気分を取り直して・・・と思って外に出ると、雨が・・・
レンタサイクル、キャンセルです。
ホテルをすぐにチェックアウトし、そのまま荷物を持って地下鉄に乗って札幌駅へ。
ロッカーに荷物を預けて、徒歩で札幌見学です。
その頃には・・・晴れてました。アホ~~~!
ま、いいか。歩くのは平気だから。

2008hokkaidou39.jpg

北海道大学の正門です。
北海道ならではの、素晴らしく広くて美しい大学でした。環境良すぎ~~♪
ここは夫の出張先の1つなのです。一度行ってみたいと思ってました。

2008hokkaidou40.jpg
この建物が夫の仕事場だそうです。
えーっと・・・「環境科学院 地球環境科学研究院」とありました。
お仕事相手の教授にばったり会ったら、そのまま仕事させられたりして・・・(笑)
という心配もなく、ぶらぶら散歩を続けました。
あ、夫の仕事は何かというと・・・わかりません(笑)ぜんぜん理解できませーん。
妻になって16年目に突入しましたが、今もって謎です。

2008hokkaidou15.jpg

これは北海道庁旧本庁舎。

ここをブラ~っと通り過ぎようとした時、突然けたたましいサイレンの音が。
それが何度も何度も鳴り響いてきます。何?何だ?周囲の人もびっくり。
そのうち、何台ものレスキュー車が走ってきました。
音が近いぞ?一体どこで火事なんだ?

すると、すぐ傍の植物園に差し掛かる手前のビルでした。(位置、あってる?)

2008hokkaidou17.jpg

こんな高い場所にはしごが・・・一体どうやって救出するの?え?どこから火が出てるの!?

「えー、ただいま火元の確認をしていますが、今のところ発火の気配ありませーん」
という消防職員の声が。
誤報なのか、中で確かにどこか燃えてるのか?
ヘリは飛ぶわ、テレビ局はカメラを回してるわ、ガス会社の車も駆けつけるわ、大騒ぎ。
何事も無ければよいのですが。

そんなハプニングに遭遇しながら次に向かったのは、北大の植物園。
正式な名称は「北海道大学北方生物園フィールド科学センター植物園」です。
長い・・・
広すぎてどこをどう撮ったらいいのかわかりませんでした。
夫の方がちゃんと撮ってるでしょうから、また後日アルバムにアップすることでしょう。

2008hokkaidou18.jpg
その夫の写真の中から勝手に拝借した一枚。

2008hokkaidou19.jpg
あ、もう一枚。いつもどこかで必ず背後から盗み撮りする夫です。
「ん?何かしてた?」 「いや、べつに~」

2008hokkaidou42.jpg

植物園の中には博物館があります。
ここに来たら、会いたかった子がいました。
「南極物語」で大変な苦労を乗り越え、救出されたあの2頭の犬。
そのうちの1頭の「タロ」が剥製になっているのです。
救出された後は、この植物園で亡くなるまで世話を受けていたそうで、14歳まで生きたとか。
この子が・・・と思うと、胸がキューンとなりましたね。
相方のジロは東京の博物館?科学館かな?にいるそうです。

植物園なので、当然花もいろいろ育てられていました。
ちょっとだけご紹介。ほんとにちょっとです。

2008hokkaidou43.jpg  2008hokkaidou44.jpg

2008hokkaidou45.jpg  2008hokkaidou46.jpg

2008hokkaidou47.jpg今回はほんとに写真を撮ってません。


この後、いよいよ友人と会うのですが、長くなるので、とりあえずこれにて。

  
 





テーマ : 北海道   ジャンル : 旅行

 いらっしゃいませ
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん
chichan1blog.jpg
月乃
tukinoblog.jpg
白田君
sirotakunblog.jpg
茶太郎
cyataroublog.jpg
グレコ
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード