fc2ブログ

決まったよ。

gure2_202111161310061ce.jpg

病院から帰宅したグレ。
今日は暖かくて、秋らしい良い天気です。

最近、このベッドか、レースのカーテンと窓の間に身を置いて、日向ぼっこするのが日課です。

さて、1ヶ月に1度の腎臓の定期検査。

今月は尿検査もあるので、午前1時にとれたおしっこも持って行きました。
自転車でスイスイ。

検査の結果としては、先月と変わらず横ばい維持。

おしっこの検査も3ヶ月前と大して変わらず、安全圏内でした。

体重は更に微増で4.23キロ。

カリカリの割合が少し増え、ステロイドも元の間隔に戻したので、調子がまだ戻ってきたようです。

どうしても減らせない感じ・・・に関しては、院長先生も少し残念だなあという感じでしたけど。

口の赤味はやはり改善されているそうなので。

ところで、数ヶ月前に発覚したグレの心拍異常。

毎月検査しても、やはり異常なままだそうです。今回もでした。

発作は一切起こらず、静かにのんびり暮らしているのですけど、心臓の専門医の先生に来て頂くお話、決まったとのことでした。

長距離をタクシー移動して、知らない病院で検査で時間を使い、帰りもまた長距離のこの負担はグレにとってきついと思われたので、他市への通院は出来ない旨お伝えしていたので、専門医の先生を呼びましょうということになっていました。

コロナで宣言が出たりして、色々足止めも食らいましたが、来て頂ける先生が見つかり、あとは日程調整だけとのこと。

いくつか候補日が決まったら連絡をいただけるようです。

ただ、午後の診察前の診療時間外に来て頂いて検査となるようですので、診療時間外や来て頂くための報酬やら、何かといつもよりお高くなるだろうと覚悟。

この1回の検査で終わるかどうかはわかりません。

治療が必要な場合、それは今の病院で薬を出すなり出来るそうですが、状態を確認するのに再度検査もいつか必要になるかもしれません。

何度かこういうパターンが生じるのかも・・・ですよね。

ともかく、どういう状況でこうなっているのかが少しでもわかれば。

一歩前進かなと思います。

こちらから出向くことをNGにしてしまったために、院長先生にはご負担をおかけしてしまいました。
行けない場合は先生に来て頂くというご配慮を頂き、本当にありがとうございます。

やはり、この病院に通っていて良かった・・・とつくづく思ったのでした。

さあ、グレ。またちょっと頑張らないとね。

今度は日程が事前にわかるから、タクシーでゆったり参りましょう。

今日もお疲れ様でした。


☆ほぼ治った。

土曜日にめばちこで眼科に行きましたが、目薬2度ほどさしたら、白い塊が押し出されてきて、今は殆どありません。

ちょっとだけまだ赤味があるくらい。

長引かずに治りそうでほっとしました。
スポンサーサイト



テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

頼りないかな。

P1110155.jpg

以前、このフルーツベッドに1回か2回だけ入ってくれたグレですが、最近お日様が低くなり、猫部屋にぽかぽかと暖かい日差しを届けてくれるようになってきたせいか、結構な頻度でこのベッドを使ってくれています。

数年前に、神戸の動物愛護事業にふるさと納税した際の、フェリシモのベッドなんですけど、置いてるだけ・・・にならずに済んで良かったです。

ところで、この前検査に行った際に、口内炎の赤味も以前よりマシになっているので、ステロイドの投与間隔を変えてみようという事になりました。

これまで、4分の3錠を2日飲ませて1日休む~のローテーションでしたが、一日おきにしてみました。

しかし、5回ほどこのパターンが続いたら、つまり10日目くらいには、若干テンションが下がって食べ方も今ひとつ。

様子を見る限り、ずっと1日おきでは、やっぱり頼りない感じがします。

どこかで2日連続の日を作った方がいいんだろうな~というのが、今の見方です。

お陰様で、ドライフードも大丈夫になり、療法食も一般に混ぜておくと食べてくれるようになりましたので、100%一般食ではなくなっていますが、半々の割合にまで目指せたら良いな。

あと、缶詰も療法食をそろそろ混ぜて出してみようかなと思ってみたり。

こちらは、カリカリよりハードル上がりそうなんですが。。。

院長先生が心配されている、脈の乱れによる発作等は起こっていません。

椅子に飛び乗ったり、ベッドに乗ったり、立ち上がって「抱っこ」を言ってきたりと、今までと変わらず。

抱っこと言っても腕に抱かれるのは嫌で、膝の上でヨシヨシされるのが一番好きみたいで。

来月の検査の時には、心臓の専門医の先生の見当がついているのでしょうか。
それとも、やはり来て頂けそうな先生は見つからないか・・・。

このまま、落ち着いて静かに生活出来れば良いな。


それから、アライグマですが、今年はもう来そうに無く、一晩限りだったようで、12日にオリを返却しております。
ほっとしました。

東京の目黒区?だったか、アライグマが出没して「猫に出していたご飯を取られた」と、動画を撮ってる方のニュースが夕方流れていたのですけど、ああ、うちもこれだわよ!と。

組の人は「アライグマは出ませんよ」と言ってましたが、うちでは9頭目だと言うとみんなびっくり。

一体どこをどう通って来るのだろう。道すがら、目撃されてもおかしくないのに何も話が聞こえてこない。

しかし、東京のニュースでは、歩行者の近くをダッシュで走るアライグマの姿が。

だけど、誰も騒いでませんでした。

ここら辺も、実はこんな状況なのかなあ。

ニュースで写ってたアライグマは中くらいの大きさでしたが、うちはもっとでかいので。

見たら絶対「きゃー」とか聞こえてきそうなんだけどね(笑)

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

変化無し。

gure45_20211019140016a05.jpg

昨日、麻呂のことで少々くたびれていたのですけど、今日はグレの検査を受けに病院へ行きました。

天気も怪しい中、タクシーでゴー。

採血も何とか終え、触診も終え、口の中を見られる時には噛みつきそうな勢いの抵抗を見せ・・・

私が口を開くようにする時は、文句は言うけどこんなに怒らないので、次回から私が口を開いた方がいいかなあ。

ともあれ、口内炎の赤味はやはりましになっているとのこと。

よって、ステロイドの投薬の間隔を変えてみることになりました。

体重はほぼ同じ。4.3キロ。

最近、カリカリを食べる量も増えてるもんね。

血液検査の結果は、前回より腎臓の数値はどちらもよくなっていて、安全圏内に戻っていました。

グレは6年半以上、腎不全の治療を受けていますが、歴代の腎不全の子達の中で一番長い治療期間となっています。

その上で、数値は以前より少し良くなったりするってのは、本当にグレの腎臓はよく頑張ってるんだなあと思います。
色々療法食を食べさせてみたりしてきましたが、今は好きな物を好きな時に好きなだけのスタイルにしています。

強制給餌も考えたけど、それは今はしない方向で。

心拍数の乱れは相変わらずなので、ストレスの少ない生活をまずは心がけ、嫌がることは避けつつ、様子を見ていくことにしています。

宣言も明けたので、詳しい先生にどなたか来院して頂けるか、更に当たってみられるとか。

しっかり食べ、よく寝てのんびり。今はこれが良いと思っています。

今日は爪切りはお願いしましたが、まあ、怒る怒る!!

これはなかなか家で綺麗に切らせてくれないから仕方ないのですが。

今日もお疲れ様でした。来月の検査まで、何も起こりませんように。

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

対応策は・・・。

       gure43_2021092119265102e.jpg

今日はグレの検査でした。

腎臓の数値は、前回基準値内にまで下がっていたのですが、今回は若干上昇。
でも、安全圏ギリギリに入っているので、心配する結果ではないとのことでした。

あと、口内炎ですが、口の中を見た結果、今回は今までに比べて赤味が更にましになっているように見えるとのこと。

かなりの数の抜歯をしてから、もうすぐ丸1年。

ステロイドやインターキャットの注射などの力を借りながら、それでも少しずつましになっているのなら嬉しいです。

最近は、缶詰とカリカリを半々で食べたりしていますし、体重も前回と変わらず4.38キロでした。

この前まで4キロを切ってしまうのも目前か・・・だったのにね。

よく頑張ってるね、グレ。

それから、心臓の件ですが、このご時世と言うこともあり、また、やはり専門医の方に来て頂くのは難しいという結論だそうです。

それでも、院長先生の仲間の獣医さん、そのまたツテを辿っての他の獣医さん達に問い合わせ、グレの不思議な脈拍の乱れについて更に調べていくそうです。

エコーでは動きは悪くないのに、不思議な脈の飛び方をしているそうなので、専門医の先生もデータを見て首をかしげてらしたそう。

直接診て頂くことは出来そうに無いので、心電図の結果だけ送って診て頂いたそうなのです。

実際はエコーの画像を専門医の先生がご覧になったら、何か気付かれるのかもしれませんが、脈の乱れも強かったり弱かったりと、検査に行く日でまちまちなのです。

それほどでもない、今日はなんとも無い、今回は乱れがあるなど、最初に言われてからも色々パターンがありました。

急に倒れたり発作を起こしたりしてませんか?と今日も聞かれましたが、一切ございません。

自分で好きなように過ごしている毎日。

ほぼ寝ていますけど、甘えたい時は纏わり付くし、椅子に乗ったり降りたりも普通にしていますし、缶詰が足らない時は、自分からカリカリを食べて満足して寝ていますし、普通の生活をしています。

寝ている時の呼吸の様子を見ても、特におかしな呼吸をしている様子も無し。

一体なんなのでしょうねえ。。。

普通にしていられるなら、あまりあれこれグレをいじることで、余計なストレスが掛かってしまうのも嫌ですし。

このまま静かに暮らしてもらえるように、まずはそこを大事に考えたいと思います。

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

今後を検討。

gure41_20210824165035df7.jpg

今日のグレ。

缶詰を食べてお休み中。

毎月ある腎臓チェックの定期検査、今日行ってきました。

体重は更に増えて4.3キロに。

カリカリも頑張って食べてるもんね。

一時期、口内炎のせいで4キロを切ってしまうか?という状態だったけど。

ただ、口の中の赤味はまだ残ったまま。

もうすぐ処置から1年経ちますが、やはり難治性、すんなり治りませんね。。。

腎臓の数値は、クレアチニンは更に下がって、もはや正常値。

BUNも先月より数値下降。こちらは全体に良い感じでした。

しかし、心電図の結果が芳しくなかった。

しばらく落ち着いていたのですが、今日は良くない。

最初に不調な感じが見られた時、院長先生から「他市の専門医まで足を運ぶか、こちらに来て貰って正しい診断を仰ぐか」という提案もあったのですが、他市は結構遠く、疲れ具合から考えると避けたいと思いました。

また、繰り返し定期的な検査が必要になると、継続がそもそも無理になってきて、途中で行けなくなることも出てきます。

あれから色々考えてはいたのですが、今日も同じような提案を受け、やはり続かないことを念頭に置いて、他に出来る方法を模索した方が良いと思い、「他市への通院は出来ればやはり避けたい」とお伝えしました。

なので、方法としては、今の病院でできるだけ心電図を詳しく解析して出来ることをする、もしくは、知り合いの獣医師さん達の中で詳しい人を呼んで、この病院で診断してもらう。

この2つを院長先生が計画してくださることになりました。

心臓の動きそのものは、エコー診断では異常が無いそうなのですが、心拍の乱れが結構あったので、そこが心配とのことでした。

グレ自身は、発作を起こしたりといった症状はこれまで一切なく、いたって普通に動いて食べて寝て~の生活を送っています。

単に通院ストレスによる乱れも考えられますが、その辺も「投薬治療が要るかどうかも判断が今は出来ない」ようです。

ケースによっては、このまま様子を見ていても大丈夫な場合もあるそうなんですけど、どちらにしてもこういった症状に診断をつけられる先生に来て頂くか、アドバイスを受けて今の病院で投薬をするのか?

まだわからない状態です。

生活環境としては、急にびっくりするような大きな音を立てないとか、その辺の気配りが必要です。

今までと同じように、のんびりマイペースで暮らしてもらえるように配慮したいと思います。

そして、できる限り今の病院で対処が出来ますように。

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

大きな・・・。

gure40_20210726131745196.jpg

今日のグレです。

大きなじゃらしに髭ピクピクさせながら反応しています。

というのは嘘で。

じゃらしじゃなくて、ハンディモップです。

埃取りの掃除をしていたら、最近玩具に反応することがあまりないグレが、珍しく興味を持った模様。

これくらいでかいじゃらしだったら、遊び甲斐もあるのでしょうか?


ところで、グレは下痢止めを時折必要としていますが、段々効きが悪くなったのか、今回はなかなか元に戻らず。

戻りそうだな~と思っていたら、駄目だったりを繰り返すこと数日。

もらっている5日分の下痢止め、今晩でなくなってしまいます。

効き目が今ひとつになってる気もするので、他の薬に変えてみるとかの方法があるかどうか、院長先生から電話が来ることになっていますが、あまり長々と続くと大変です。

昨日なんか「形はあるけど軟らかい」⇒「泥」⇒「形はあるけど軟らかい」を1日のうちに繰り返しました。

どうなってるんかなあ・・・。

元気もそこそこあるし、食欲もあるし、吐いたりもしないしねえ。

他にグレに合うお薬があるといいんだけど。


ところで、今日は麻呂の不妊手術予定でしたが、来なかったのでキャンセル。

8月3日に延期となりました。

相当朝早くに来てることはあるんですけどね。朝6時前とか。

さすがにそんな時間から保護すると、早くても8時半にしか家を出られないので、2時間半以上も家で待機になってしまいます。

どうしてもっていうなら、それも仕方ないけど、出来れば保護してすぐ病院へってパターンにしたいもので。

3日は上手く出会えるかなあ???


話は変わりますが、一昨日から突然パソコンのキーボードがすべて死にました。
何を打っても文字が出ない。

起ち上げてパスワードを打ち込む時点でそれですから、どうしようもない。

夫の余っている外付けキーボードを借りて現在使ってますが、こいつが死ぬほど打ちにくい・・・。

タッチが重すぎるのと、間隔が微妙に違うので打ち損なう。

なんでキーボードがいきなり死んだのか調べましたが、そういうことは往々にしてあるとかで。

対処方法も調べたけど、ややこしいし面倒なので、このまま外付けキーボードでとりあえず書くことに。

しかし、こんな打ちにくいキーボードある?

キーの返りが遅いので打ち損じが凄い。

ピアノで言ったら、トリルもトレモロももたついて上手く弾けないような感じかなあ。

アフタータッチで弾きたいのに、ひとつひとつ鍵盤の奥底まで指を落とさないといけない時の重さに似てます。

もう、感覚的に不快。

パソコン、まだ3年目なのになあ。

キーボードが死ぬなんて初めての事です。

放電したら直ることもあるとかで、気が向いたらやってみますかな。

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

 いらっしゃいませ
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん
chichan1blog.jpg
月乃
tukinoblog.jpg
白田君
sirotakunblog.jpg
茶太郎
cyataroublog.jpg
グレコ
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード