fc2ブログ

ありがとうございます。

nyankonobaayasanyori1_20240312160504175.jpg

今日、にゃんこのばあやさんよりグレにお花を頂戴しました。

お気遣い、本当にありがとうございます。早速飾らせていただきました。

長く咲いてくれるよう、お世話致します。


今日は雨。朝から結構降っていましたが、夕方になってようやく薄日がさしてきました。

お葬式を昨日にしてほんとに良かった。あの雨の中、棺を車に乗せるの、濡れちゃったよね、多分。


昨日は疲れたせいか、朝ちょっぴり寝坊。

白田君達や、地域猫さん達にご飯を出したら、自分の朝ご飯。

その後、歯を磨いて顔を洗って洗濯機を回している間に、掃除機。

今までならその後に点滴やら投薬やらがありましたが、もう無い。

でも、心のどこかでやっぱり「点滴・・・投薬・・・」と浮かんでくるのがどうしようもありませんね。

まだ暫く、そういう事が続くかもしれません。

今日はさぼりにさぼっていた・・・というより、弾く暇がなかったピアノ、基礎練を朝からお昼挟んで夕方まで。

手がカッチカチ。開かない。

明日から伸ばさなきゃ。

ピアノ室の隣が猫部屋になっているので、これまでも小さな音でグレ達の耳に届いていたはず。

基礎練はピアノを弾くため以外に意味があって、これをやっとかないと、またケガの後遺症が復活して雑巾絞れない、箒持てないに戻ってしまいます。


さて・・・明日から、ぼちぼち処分する物をまとめていこう。

もう炬燵は使わないので、炬燵はリメイクしてテーブルにして(と言っても、多分ペンキ塗って雰囲気変える程度)、布団は白田君達の寝床に提供しよう。

ステップも段ボール製だから普通ゴミに。

グレのアンヨの為に敷いていたキッチン用マットも、3枚のうち2枚は排泄物で汚れてしまったので処分。

ペットシーツは何かに使えるので保管。

ああ、3号カプセル・・・病院では使わないとのことで。

1000個入りを補充したのに未開封のままグレが亡くなってしまった。

どうしよう、1000個!私も使わんぞ、カプセル。




gure9_20200113134939ab7.jpg

フレーフレーおかあちゃん、後片付けご苦労さんにゃ。
スポンサーサイト



テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

帰ってきたよ。

gure51_202403111633059ac.jpg

グレの葬儀、無事に終わり、お昼過ぎに帰ってきました。

明日にしようかどうしようかと思ったけど、今日で良かった。
明日、天気が下り坂のようで。

昨日の午前中に病院にお電話して、グレが旅立ったことをお伝えしました。

が、1回目の電話・・・何十回コールが鳴っても誰も出ないので、少ししてかけ直し。
また誰も出ない・・・やっと出たと思ったら、息せき切った感じの院長先生でした。

日曜だったせいもあり、猛烈に混みあっていたようですね。

グレが亡くなった事をお伝えし、療法食の寄付を了承して頂いたので、すぐに菓子折りを買って、療法食を持って行きました。

が、あまりに重くて・・・

大きな缶詰のi/dが23缶、小さな缶詰のk/dが22缶、腸内バイオームが23缶・・・

あの背負うキャリーケースに満タンです。それを背負って、そこに入らないi/d缶は別のマイバッグに入れて、自転車こいで。

還暦ウーバーイーツみたいになってました、私。
流石にアンダーパスの坂道は心が折れて登れず、押して登った次第。

いつもなら、最後に院長先生とお目にかかったりするのですが、今回はそれも出来ず。

本当に最後の最後・・・になると思うのですけど、あまりの忙しさですから仕方ありません。
お電話ではこれまでのお礼はお伝えしたので、これでお別れで良しですね。

多分、もうよほどのことが無い限りは行きませんから。

正直言うと、もう行きたくありません。どんなに良い病院でもさすがに疲れ果てています、私。

ということで、長いお付き合いもこれで終了。

葬儀のお迎えは午前9時半の約束だったので、朝から準備してお待ちしてました。

買った花が傷んでないか・・・アイスノンで冷やしていたので、毛が湿ってないか。

グレが亡くなってからずっと部屋の暖房切っていたので、夜中の寒いことったらなかったです。

で、ライスの時にお世話になった同じ車が到着。

今回は、病院で棺を頂きませんでした。嵩張って自転車で持って帰るのが大変だと判っていたので諦めて。

その代わり、このお迎えプランには棺が含まれていたので、そちらを利用させていただきました。



gure50_20240311163302f88.jpg

ベンツのワゴンの最後部にこのように納めて、棺掛けを掛け、守り刀が置かれます。

1月26日にライスの葬儀をしたばかり。

職員さんの説明も全部聞かずともよくわかっているので、骨壺の案内をされた時も、「これを追加で」と大きな骨壺を指定。
納める袋も銀を指定。

手際が良すぎる私でした。

どうしても、2つにしないと全部持って帰れません。

グレの骨はライスに比べると若干細く感じました。

でも、頭は大きかったかな。ちょっとだけ。

すべて掃き集めて綺麗に納め、タクシーを呼んでもらって帰宅しました。
ゆったり広々タクシーだったので、疲れずに済みました。

これで、多分この愛護会に伺うのも、もう無いんだろうなと思います。

白田君達を最期の時に見つけてあげられたらいいのですが、どうもそうなりそうにないので・・・

本当に未だに距離がある。もちろん見つけてあげられたらこちらできちんとしてあげますけども・・・

どうなることやらです。

帰宅して少し休憩してから、花を買い、キャビネットに納めて。

グレのお骨分けも済ませて。

お骨分けは、持ち出し袋にみんなの分を少しずつ取り分けて入れてあるのです。

いざという時持ち出せるように。だって全部は無理ですから。

そして、それらはいつか、私と一緒に樹木葬なり散骨なりで使ってもらえるように。

残る大量のお骨は、今後ゆっくり考えるとして。

佐助が亡くなった事をきっかけに、ステップファクトリーさんで作って頂いたメモリアルキャビネット。

計算通り、グレの骨壺で満員になってしまいました。

この時は、白田君達がまだ生まれてませんから、まさかまた庭猫家族が登場するなんて予想してなかったもので。


さて。

長年体にしみついた動き~がいつ無くなるのかな。

買い出しに行っては「あ、早く帰って薬やらないと」「点滴しないと」とかだったので、昨日も今日も同じように動こうとしていることに笑ってしまいました。

もうその必要なかったんだな・・・と思って。

今朝も、部屋の掃除でクイックルワイパーにシートをセットして始めた瞬間「あ、もう掃除機使って良かったんだっけ」と。

グレの発作のために、煩くしないように掃除機を使用中止にしていたのですけど、もうその必要がないにもかかわらず、やっぱり習慣になってしまってたんですね。

明日からは、やりたいこと、やらなきゃいけないことに向けて時間を少し使えるようになるので、まずはゆっくりテレビが観たいです。

そして、猫部屋をメモリアルルームにするための構想を練りたいです。

構想ったって、そんな大掛かりなことは絶対できませんから、遺品の数々をどう納めるか~程度の事なのですけど。
収納家具を1つ増やさなきゃいけないだろうと思います。

将来はそこでお茶を飲みながら、ゆっくり思い出に浸って・・・時折りぽかぽか日差しの中で昼寝したい。
そんな老後を考えています。


gure32_20210509200738491.jpg

グレ、本当にお疲れさまでした。そして、楽しい時間をどうもありがとう。

良い子に育って良かった。楽しかった。また面白い顔芸、期待してるよ!

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

22面相逝く。

gure119.jpg gure120.jpg

ニャハハ~~~~~~~!!          しょっぼ~~~ん・・・

gure121.jpg gure122.jpg

なんですと?                  君も自衛隊に入らないか!?

gure123.jpg gure124.jpg

HP/MP回復中~♪           そ、それは記憶にない・・・なぁ・・・

gure125.jpg gure126.jpg

危ない猫                      ウッヒッヒッヒ・・・

gure127.jpggure128.jpg

獲物を食らうゾンビ                  何やってんだ人間は。

gure129.jpg gure130.jpg

も、もうダメだぁ~~~・・・           ご機嫌いかが?

gure131.jpg gure132.jpg

出て来いや~~っ!              何かの間違いですっ!(>_<)

gure133.jpg gure135.jpg

好々爺。                     おじさん、マッチ買って~♪

gure136.jpg gure137.jpg

お前も悪よのぅ~!               明日からどうしよう・・・

gure138.jpg gure139.jpg

死んだフリ。                正面側面、僕イケメン~OK~!

gure134.jpg gure140.jpg

Before~・・・                 After~!

2008年7月に載せたグレの記事。

子猫の頃から中年期まで、それはもう表情豊かで楽しい子でした。

グレは今朝午前3時55分、旅立ちました。

私は仮眠を取っている時間帯で、夫が付き添っていましたが、起こされてすぐ傍に行くと、旅立った直後でした。

とても静かだったそうです。

昨日の朝から殆ど何も食べず、指先につけたちゅ~るを3、4回ほど舐めただけでした。

あとは前の記事に書いたように、部屋を暗くし、暖めないようにしてやりました。

静かに静かに時が流れ、グレは空へ帰っていきました。

きっとサンディが導いてくれることでしょう。


グレは19年前の6月に農業倉庫で親子7匹保護した中の1匹です。

保護したのは比較的最初で、後からやってくる兄弟姉妹がパニックになっているのを、舐めて落ち着かせてくれていました。

最初の頃は、会社の旧事務所で2年間世話をし、のちに我が家の先輩たちと生活スタート。

グレは最初からサンディやあんずに近寄っていくなど、あまり物おじしないところもありましたが、サンディに怒られてびっくりして腰が引けていた姿を、今もよく思い出します。

徐々に環境にも慣れ、陽気でお気楽なあんずと、これまた優しくて明るいグレが、まったくやる気のないパンチをスローモーションで繰り出して、お互いに全然当たらない・・・という、コントみたいな場面もよく覚えています。

あとは、ヤモリの尻尾をちょん切ってしまった、あの恐ろしい武勇伝。
あれだけは思い出したくないのに、やっぱりよく覚えています。

10歳になる年の1月に腎不全初期の診断。

それから9年目になる今年、グレはみんなの所へ逝きました。

実に長い間、投薬、療法食、のちに加わる皮下点滴治療など、腎不全と付き合いました。

グレの運なのか、随分と上手にコントロールしてくれたのではないかと思います。

急激に悪くなったのはつい最近ですから。

グレはささみのおやつが大好物。

口が悪くなってからは、少し敬遠するようになりましたが、フリーズドライのささみ、あんずが健在だった頃、一緒に沢山楽しんでました。

このフリーズドライのささみは、チビ君ママさんが当時白血病で闘病中だった小鉄に送ってくださったのがきっかけで、それからずっと取り寄せていました。

もうそれも取り寄せることもなく・・・

療法食も買う必要もなくなり・・・

病院にも行くことが無くなったのですね。

グレは、用がある時はよく「ちょんちょん」と前足でこちらの体をつついてきて、話しかけてきました。

ね~ね~って。

そういうアピールをするのはグレだけでしたかね。

本当に楽しい明るい優しい子でした。

ここで暮らして楽しかったかな。そうだといいな。

それにしても、いろんな事あったね。

大所帯で生まれたから、うちの環境も似たような数で、寂しくなかっただろうけど、あんずといいコンビになってくれて良かったよ。

病気も腎不全だけじゃなく、後期になると心臓病やら難治性口内炎やら、最期は真菌症もかかっちゃったけど。

それでも、結局老衰だったんだね。

入院したおかげで腎不全が少し改善したものね。心臓も維持できたもんね。

てんかんの発作も2度だけだったね。

猫ダンスの引き出しの中、グレのお薬の袋でいっぱい。

もう要らないからね。病院に返せるものは返して、処分するものは処分して。

本当に長い間いっぱいいっぱいありがとう。頑張ってくれてありがとう。

笑わせてくれてありがとう。

おかあちゃんにとって、とても貴重な年月でした。

素直でいい子。口だけわーわー言う子。病院でもそれで通ってたね。

いい先生達で看護師さん達で良かったね。

ゆっくり休んでください。そして、今後そっちで会う時は・・・リクエストがあるのよ。

22面相の続きをよろしく!

本当にありがとう。楽しかった。

可愛い可愛いグレ。また会おうね。


今まで気遣ってくださった皆様、ありがとうございました。

グレは静かにこの世を去りましたが、またいつか会えるので寂しくありません。

ただ、家の中に本当に誰もいなくなったのだという・・・そのガランとした感じは避けようが無いですね。

猫と同居を始めて30年目。

それが終わりました。

サンディ達が1つ目の時代。あんず達が2つめの時代。そしてグレ達が3つめの時代。

なんと長かったことだろう。いや、短かったのかな。

いつもいろんな事が起こって、私も右往左往、試行錯誤、無い知恵を絞ってあれこれ奔走・・・

そんなことも多々あった30年でした。

皆様にもお世話になりました。本当に長い間お世話になりました。

ありがとうございました。

あとは、白田君、茶太郎、グレコがうちの子として庭で暮らしております。

最近、ろくに接する機会がないのですが、また折りを見て写真を残していけたらいいなと思います。

また、うちの子ではないものの、地域猫さんとのやりとりも増えていて。

猫生活自体は、まだまだ当分続きそうです。


この30年、私なりに駆け抜けた。そんな気分です。

色々助言くださったり、心配してくださったり、喜んでくださったり。

私1人ではなかった事、このブログを通して得たものは計り知れません。

そして、猫がいたから出会えた。

こんな素敵な生き物が他にいるでしょうか。

あらためて、これまでのお付き合いに感謝です。

本当にありがとうございました。


白田君達や地域猫さんなど、出来るだけ写真を撮って載せて行くと思いますが、それに加えてやること山積み!

猫部屋をメモリアルルームにすべく、あれこれ手を加えようとか、写真とブログの保存とか、多分1年以上かかることでしょう。

でも、まずは、今日、病院へお礼に行って棺を頂き、大量に残ってしまった療法食3種類、3号カプセル1000個入りなどを寄付させていただいて・・・

葬儀の手配も行わねば。

用事を早く済ませて、見送りまでの時間を大事に過ごしたいと思います。

本当にこれまでグレの事を見守ってくださって、ありがとうございました。



yamuyamugure6_20180829134058cf7.jpg

母屋の猫テラスにて ヤムヤムと共に。



テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

好きな場所で。

gure49_20240309115939adb.jpg

本日のグレの写真はありません。


昨夜、一服しようと勝手口で休んでいた時。

突然、私のすぐ隣で強烈な香りがしました。

それは記憶に残っている香りで、サンディが時々おでこから出すとても良い香りでした。

一番似ているのは、男性用のアフターシェーブローションかな。

それが、誰も居ないのに、私のすぐ隣で突然漂いました。

外を歩く人もおらず、凄く静かな夜だったのに。

それでわかりました。

サンディが来たのだと。

10秒ほど香った後、ふっとその香りは消えました。


昨日のグレは投薬、点滴、ご飯、どれも出来たのですが、この香りを嗅いだ時に「明日は無理かもしれない」と感じました。

そして、今日のグレは大好物のちゅ~るさえ殆ど舐めず、横になっています。

おしっこは、昨夜から今朝にかけて、点滴した分すべてを出し切ったようで、今までにない数のペットシーツを片づけました。

点滴は、もう皮膚をつまむことができず、皮膚と言うより骨を掴むかのようで。

予感した通り、ご飯、点滴、投薬は中止となりました。

時折、か細い声で鳴いています。

そして、もう紙のように薄くなった体で起き上がろうとして、どうやら暗くて冷たい場所に移動したいかのようで。

入れるはずのないサイズの空間に向かおうとしていました。そこは暗いので。

なので、写真のように、キャリーケースと段ボールを用意し、部屋は暗くしております。

どっちでも移動したいのなら手を貸すつもりで。


炬燵もホカペもスイッチを切り、私の部屋の暖房だけで空間を少し暖める程度。

グレ自身の体温も低くなっています。

色々読むと、こういう時暖めた方がいいという記事と、かえって体力を消耗してしんどいので、暖めてはいけないという記事がありますが、私は末期の時に体力を使わせるのは違うと思うし、グレ自身がホカペから逃げようとしていたことを思うと、後者の記事の方が納得できました。

さっきからずっと鳴いて呼んでいます。

大丈夫だよ、独りじゃないよ。傍にいるよ。

そして、私の傍にはきっとサンディもいるはずです。


テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

終了。

gure47_20240307130610caf.jpg

本日のグレ。

予定通り、病院に行きまして。

本日で一応、通院終了となりました。

体重が1.8キロちょっとまで落ちました。

1日の内に1回くらいは、何とか自力で立ち上がって水を飲んだり、トイレに行ったりしてますが、それ以外はシーツの上で食べたり用を足したりです。

本来、来週に腎臓の数値の再チェックの予定もあったんですが、腎臓云々よりグレ自身の体力的な衰え、筋力の衰えなど、そちらで弱ってきているので、数値が知りたければ検査してもいいし、知りたいと思わなければしないという事に。

なので、今後の検査は何もありません。

触診では心音にも異常はなく、これ以上何かをしなければ(そもそももうできませんが)という事もないようで。

もし、病院に行くことがあるとすれば、てんかん発作が薬を使っても治まらない時くらいでしょうか。

幸い、2回目以降は発作が見られていません。このままでいてほしいです。

点滴は出来る間は1日100cc目安。止め時は私が決めていいとのこと。

あと、もし排便困難な事が起こったら、往診で対応してもらえるようお願いしておきました。

今のところ、体が斜めになりそうになっても、何とか踏ん張って立ってることもあり、多分最後になるかもしれない関節の注射を打ってもらいました。

来週も、もし今のような状態が維持できているのであれば、関節の注射を往診でお願いすることもあるかもしれませんが・・・

先が読めないので何とも言えません。

ただ、まさしく「終末期」であるとのこと、療法食に好きなちゅ~るを多めにかけて食べてもらっています。

あとは、寝返りが殆ど打てないので、時々体を反転させてあげることでしょうか。

大抵右を下にして寝てしまうのですよね。なので、左を下にしてあげたり。


gure48_20240307130613497.jpg

水を少しずつ飲んでくれました。

偉いなあ。先生も言ってらしたよ。この状態でもまだ食欲があるのが凄いなあって。

投薬の内容は、省いていいのは抗真菌とアゾディル。

ただし、アゾディルは無理そうならパスして良いということで、基本的には飲んでもらいたいそうです。

本当に長い間通ったねえ、グレ。

2005年の6月に全員保護してからだから、もう18年と10か月、通ってたんだね、あれやこれやと。

あとは家でのんびり、ゆっくり、好きなようにして過ごそうね。



テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

ほぼ・・・

gure46_20240306184918ee5.jpg

本日のグレ。

ほぼ寝たきりになりました。

ほぼ・・・なので、ほんのちょっと自分で動いて寝る位置を変えたりはしているようです。

ただ、トイレに辿り着きにくかったり、起き上がるのに苦労して諦めてしまったりもありました。

部屋にいてどうしたいか気づいた時は、手を貸してサポートしていますが、寝ている間のことがちょっと心配。

今日のご飯は90%寝た状態で食べています。

食欲はまだありますし、下痢も少しだけ形が出来てきたのがあったようで(夫が見てました)、薬の効果は少しずつ出てきたか。

ただ、投薬も気を付けないと、寝ながらになるので、カプセルがすんなり飲み込めるように注意しながらです。


炬燵の中から出たくても、なかなか立ち上がれなかったり、逆に入りたくても起き上がれなかったり。

暫くエアコンはフル回転で、炬燵カバーは2か所から入れるように上げておいて、ホカペの温度も考えながら、グレの動きが最小限ですむよう、寒すぎず暑すぎずを注意せねばです。

時々か細い声を出して呼ぶのですが、トイレかな?と思って抱えてトイレの前におろすと、そこでおしっこ。

横に倒れこんでからまた呼ぶので、ご飯かな?と思って持って行ったら食べる。

一応、お皿から直接舐めてくれてますし、まだまだ首は座っているのでそういうことが可能ですが、これだけ体の自由が利きにくく、足腰も立たなくなると、いずれは首も座らなくなってくるかも。

支える筋力が無くなってきますから。

そうなると、もう投薬どころか食事も無理。


明日は通院の予定ですが、何とか連れては行けそう。

ただ、病院に行くのは最後になる可能性も。

よくよく院長先生と相談してきます。

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

 いらっしゃいませ
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん
chichan1blog.jpg
月乃
tukinoblog.jpg
白田君
sirotakunblog.jpg
茶太郎
cyataroublog.jpg
グレコ
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード