6年目と自動給水器。

sasuke1_20160401140636ad2.jpg

佐助の亡骸を、彼の終の棲家である庭で発見してから6年。
最後の1週間姿が見えず、治療も途中だったのに探しても探しても見つからず、諦めかけていた時に発見。
どこに隠れていたのか結局わからずじまいだったけど、亡くなる直前に出てきてくれたのだろうと思うと、今でも感じ入るものがあります。

庭で生まれて庭で14年11カ月の生涯を楽しく賑やかに全うした佐助。
最期になって、私が見つけやすい場所まで一生懸命歩いてきたのだろうと思える、その途中の姿のまま冷たくなっていましたが、どんなに甘えん坊であっても、庭と言う外の世界で生涯を暮らした猫ですから、その辺りは室内の子達とは違って、具合が悪くなったら姿を隠してそのまま・・・という、野生動物と同じような行動を取ったのでしょうね。
でも、最期の最期に1週間経ってから会いに来ようとしてくれたこと。
本当に今でも立派だったよと、褒めてあげたい気持ちで一杯になります。

佐助。
去年はあんずとチャチャという家の中の子達が相次いでそっちに行ったよ。
窓越しに見かける程度の付き合いだっただろうけど、お互い喧嘩もせず、なんとなーく「仲間」「縄張りに居て当たり前の存在」みたいに思ってたんだよね。
網戸越しにお互いくんくんしたこともあったもんね(^^)

今頃、本当に仲良くなってくれてるかなあ。
一緒に追いかけっこしたり、プロレスしたり、サンディに怒られたり?(笑)

2にゃんとも良い子だから、よろしくね。
あ、チャチャはちょっと気が強いから、気を付けなよ(^^;)

佐助の「フガフガ♪」が聞こえなくなって6年。
大きな肉球をぷにぷにマッサージ出来なくなって6年。
長くてまっすぐな綺麗な尻尾をちゅるん🎵って引っ張れなくなって6年。
しゃがんで用事をしている私にドン!って体当たりとスリスリをしてもらえなくなって6年。
佐助の腹筋運動、もう一回見たかったなぁ。

でも、佐助は幸せだよね。大好きな小鉄兄と天国で6年目の生活。
離れていた時間は4年ほど。
やっとまた一緒になったんだもんね。
今日はこっちは雨だけど、そちらはもうお花が沢山咲き乱れているかな?
また佐助みたいなのんびりした子に出会いたいな。
生まれ変わってくる時は教えてね。

こちらも色々あるけれど・・・
おかあちゃんもすっかり年を取ってしまったけど・・・
何とかもう少し頑張ります!
なので、応援よろしくね。



☆自動給水器買いましたけど。

先月、グレの血液検査で腎臓の数値が若干上がっていることが判明しました。
その際、診てくださったS先生から、「水を沢山飲んでもらう工夫」の1つとして、「流れる水に興味が湧きやすい」というお話がありました。
他のアドバイスであった「ささ身の煮汁を入れる作戦」はまったくダメだったため、それじゃあ自動給水器を買うかなあ・・・と、かなりの間色々調べ、口コミも読んで検討した結果・・・昨日これが届きました。


[広告] VPS



私が買う際に注目したのはモーター音が一番静かという点でした。
でも、本当に買ってみたかったタイプは、蛇口から水が落ちるようなスタイルになっている物です。
だけど、こちらのタイプはふつふつと・・・そうですね、例えて言えば「温泉が湧き出てくる」ようなそんな感じの噴き出し方で、上から水道水のように流れて落ちてくるという物ではありません。
そのふつふつと湧き出た水が、斜面を優しく滑り落ちてお皿に溜まり、それが循環するというタイプ。

あと、口コミで一番気になったのは、私が欲しいと思っていたタイプの方は、プラスチック製で軽いせいか、余計にモーター音が大きくなったりするので、下に何かを置かないといけないという人や、猫がその音を怖がって近寄らなかったとか、そういうのも書いてありました。
慣れたら飲んでくれるようになったというケースも沢山ありましたけど、うちの場合はどうだろなぁ~~。
モーター音、出来れば最初から何もしなくても静かな方がいいような気がするな~。
で、形状と音を天秤にかけた結果、こちらを選んだのでした。

でもね。

動画でも解るように、設置した時、グレは全然近寄らず、遠くから眺めるのみ。
手招きを繰り返してようやく近寄ってきてくれたものの、ご覧のように「・・・・・・」という反応でした(笑)

流れる水に興味が湧かない。
そんな状態の水、見た事無い。
優しいせせらぎの音にも反応しない。

もともと、水に対して関心が薄いんです。

普段からそんなに飲まない。
だからこそ、このせせらぎ音や流れる様子で「お!?」と思ってもらいたかった。

だけど、今のところ、スルーしています。

ここで水を飲んでもいい・・・というか、飲む場所だという認識を持てるのかどうか?

だけど、それを認識したからといって、沢山飲むようになるとは思えませんでした。

ここでなら沢山飲みたくなる!というのが、グレには無い感じ。

ここで飲もうが、いつものお皿で飲もうが一緒・・・となるような気がしましたよぉ~~~。

私の頭の中では「わ~?ナニナニこれ?水が溢れてきてる~!面白そう~チョイチョイ♪ゴクゴク♪あ、活性炭フィルターでお水が綺麗なんで美味しいにゃ~~!もっと飲むぞ~!」みたいな?

勝手に妄想してました。

ま、今いきなり飲まないからといって、この先も飲まないとは言いきれませんが。

「沢山飲むようになった」というのは期待しない方が良いような気がしています。

うちの子達は・・・リオなんて、このせせらぎ音を聞きながら、フミフミクッションを枕に寝てしまいましたもんね。

単なる環境BGMになってしまうのか!?

それとも、美味しさに気付いて大人気となるのか!?

私の心を癒す雑貨になり下がってしまうのか!?

これからも観察していこうと思いますが・・・正直結構高かったので(楽天で一番安いお店を探しても結構なお値段だった)、本当に使ってくれなかったら・・・どうしたもんだろうかのう~~と思います。

とまあ、「関心もってくれません」的な話だけになってしまったけど、確かにこのサラサラと優しく流れる水の音は心地よい。
モーター音も殆ど聞こえないので快適です。
分解掃除が結構面倒臭そうだけど・・・フィルターも2~3週間に1度は交換なので、ランニングコストが・・・だけど。


あと、水の飛び跳ね(流れるだけなら殆ど起こりませんが、飲んでくれた時に若干跳ねそう)で床が濡れるのを防ぐのにペットシーツを敷きましたが~~。

ん~~~・・・

ペットシーツじゃなくて、吸水性の良い可愛い色のタオルを敷いた方がいいかな。

なんか・・・ペットシーツの上に白いこの形状・・・ちょっと別のことを連想してしまった(笑)

とにかく、誰か早く一口でも口を付けてくださーいっ!!!!!

ただ1つ気になるのは、今からの季節はいいけど、寒くなったら冷たい水が循環することになるのでやっぱり飲まないかも。
ぬるま湯を循環させる方法があればいいのになって、これはどの製品を見ても思いました。
雑菌がわきやすくなるので、毎日洗浄、取り換えは必須になってしまうだろうけど。
できればそういうのも作って欲しいです。
スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

5年。

sasuke10.jpg

佐助の命日。5年目です。

佐助が亡くなっていた場所に、綺麗な花の咲く木を想い出として植えたいな・・・と思っていたのに、もう5年たってしまい、未だに何も出来ていません(^^;)

だって~~・・・雑草取りで精いっぱいの状態なんだもん。

当時は色々考えていたものの、現実が追いつかない。

それどころか、亡くなっていた場所も含めて、「森」状態になる雑草ですから、きっと佐助は天国で「おいおい~!僕が天国へ旅立った場所が埋もれちゃってるよぉ~~~」と文句を言ってるかもしれません。

すまん、佐助!

そのうち、綺麗に整備して、佐助のエリアを作るからね。

大きくてふっくらした前足をニギニギできなくなって、もう5年なんだね。
フガフガ言いながら体当たりで甘えてもらえなくなって、もう5年。

お腹丸出しの寝姿もなく、面白くて楽しい佐助の毎日が見られなくなって、もう5年かあ。

庭にいる居候家族は、各々が各々の道を選びだしたようで、佐助達のように常時生活してるわけじゃなくなったけど、茶太郎って子は、お前に一番似てるかも。
尻尾の長さとか。侵入ネコさんに対する姿勢とか。その反面、物凄い甘えた声でご飯をねだるとか(^^)
でも、決定的な違いは、スリスリがなくて、ナデナデが出来ないところかな。

また逢う日が来たら、思い切りニギニギさせてもらうからね♪
フガフガも聞きたいよ。

今、おかあちゃんはちょっと大変。
でも、おかあちゃんより、もっと大変な子がいるよ。
どうか、天国から応援してね。力をください。
今出来ることを精一杯叶えていくだけのパワーを送ってね。
お願いします。


☆チャチャ

抗がん剤治療3回目、行っています。
体重は増えて3.06キロ。
それほど心配する事もないはずです。
血液検査の結果はお迎えに行った時に伺う予定です。


☆あんず

残念ながら、今日予定していた退院は無くなりました。
自宅介護では出来ない別の事態が起こっています。
現在、酸素室に入れられています。
昨日に引き続き、今日も血液検査の予定。
その結果も、チャチャを迎えに行った時に伺うことになっています。
いつ退院できるのか、どの段階で終末期として自宅で看ることになるのか、これから相談をしていかねばならない状態です。

2にゃんの事については、また明日書くことに致します。

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

春なのに。

sasuke7_201404012249279af.jpg

今日で佐助が亡くなって4年。

雨にぐっしょり濡れた佐助の亡骸を見つけてから4年が経ちました。

庭の納屋で生まれ、14年11ヶ月を庭猫一筋で生き抜いた佐助。
この庭を終の棲家とし、ただの1度も出ていかなかった佐助。
楽しく賑やかな家族との生活を終えた佐助。
幸せ一杯だったと、今も私は思っています。

この写真は2006年のもので、当時11歳だった佐助ですが、
犬歯がいつのまにやら減っていたことに驚いて撮ったものでした。

チーズファミリーと違って、小鉄一家に属していた佐助はとても甘えん坊で人懐こい。
一度慣れると、たまにしか来ない母にも甘えて行きました。
なので、病気になった時の治療、ワクチン等々、通院も必要な時は必ず確保可能。

口内炎で数年間治療をしていたけど、この前まで犬歯・・・あったのになあ~~~・・・
と、びっくりしたものです。
侵入してくる野良さんとよく闘ったりしていたので、喧嘩でお尻が半分ズル剥けになったりしたこともあるし、口の中も怪我をしたこともあるし。


佐助の一生はとてもとても幸せなものだったので、亡くなった事は未だに寂しいけど、私自身は最期を看取ってやれなかった事以外では、まったく悔いが無いと言っても過言ではありません。

昨日からはピエールさんちのみゃあこちゃんも、きっと天国でのお友達として仲良くしてくれてることでしょう。

そうなんだ。ね、佐助。

ポカポカ陽気で春爛漫・・・なのに、このところ寂しい事、辛い事が多いよ。

みゃあこちゃんは良い子でしょ?
元気一杯でしょ?
仲良くするんだよ。お前ならきっとそうしてくれるって思ってるけど。


おかあちゃんの近況は・・・

あんまり言いたくはないんだけど・・・。

まったくもって人間不信の真っ最中。
まあよくもこれだけ人の信頼を裏切ってくれるもんだということが続いてます。

でもね。にゃんこの為にもう少し我慢してみる。

時々コントロールが効かなくて、おとうちゃんにどっかーんって八つ当たりするけど。
おとうちゃんは出来た人だから、ちゃんと受け止めてくれるんで、おかあちゃん助かってるよ。
普通の人なら無理無理。絶対無理。
何だかんだ文句はあるんだけど、おかあちゃんが何とかなってるのはおとうちゃんのお蔭なんだろうね。
あまり口では言わないけど。

ここでこうしてるのはさ~佐助。
猫に出会うため?猫の世話を通して何かを見つけるため?だったのだろうなって思うんだけど、そのために用意された結婚だったのだとしたらすごくない?(笑)
おとうちゃん以外の人だったらこうはなってないよなあって。
猫と出会ってたとしても、普通の暮らし方してたんだろうし。
だってさ~。あれこれとさ~。いっぱいさ~。面倒みる羽目になるって、そうそう起こる事じゃないもん。
なのに、この家に来たらわんさかいて。やむなく引き受けて。
そう、やむなくのスタートだったもんね。
でも、おかあちゃん、それでいっぱい学んだから。
文句も未だにがーがー言いながら世話してるけどね。
もともと気が短いから。そこはそれ・・・しょうがないやね。

まだまだ胃に穴が開きそうな事が続きそう。
どこまで頑張れるのかまったく自信なし。
頑張ろうとするのに足を引っ張られてばかり。
倍返ししたい相手が山ほど出来た。
残念だよね~こんな風に思って生きるのって。おかあちゃん、自分でも嫌だよ。


佐助のように、のほほ~んと暮らせるようになるのはいつの日かなあ。

その時には大嫌いな人達とはサヨナラして、せいせいしてることを願うよ(笑)

猫に学ぶ事はまだまだ沢山あるね。
学んだことが身に付くまでは、更にまだまだ時間が掛かるね。
誰か言ってたよ。
人生が何たるかを学ぶのには一生を要するってさ。
どこかでわかったような気になってても、それは上辺だけなのかもね。
そんなに簡単に「人生ってこんなもんだ」って言えないよね。確かにね。

おお、いかん。今日のおかあちゃんは気難しすぎる。
佐助のぽわわ~んとした性格、どうか少し分けて下さいにゃ。

じゃあ、みんにゃによろしくね。

あ、天国行ったら歯・・・生えたのかな?(笑)

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

今一度顧みて。

sasuke3_20130401115934.jpg

佐助が突然旅立ってから3年。
看取ってやれなかったので、はっきりした命日はわかりませんが、発見した時の様子から考えて、今日が命日で多分合ってるのだろうと思っています。


写真は、まだ隠居で生活してた時代で、その頃は完全室内飼いの子達も居ず、いつもドアを開け放していたので、佐助達庭猫が、自由に出入りしていた時のもの。
私の座椅子にもたれて、昼寝を満喫してる写真です。
多分、1~2歳の頃ですね。


佐助が亡くなった時の記事を読み返し、皆様から頂いたコメントにお返事をしたのも読み返し・・・。

このところ、色んな問題が起こり過ぎて、自分自身を支えていられなくなり、あちこちにご迷惑をかけている私ですが、最後まで全力で生きた佐助を見習って、私も全力で生きて行かねば・・・と綴ってあるのを見て、反省しきりです。

誓う時は簡単。でも、実行はとっても難しいんだね、佐助。

人間ってさ~、文句を言う口もあれば、言葉も持ってるからさ。
ともすれば、そういう方向へ逃げてしまうんだよね。
しんどくても、ただひたすら耐えるしかなかった佐助に比べたら、おかあちゃん、なんて甘ったれてたんだろう。

でもね。佐助も人間並みに話すことが出来たら、おかあちゃんにもっともっと甘えて、駄々もこねて、こうしてほしい、あれはダメとか嫌とか、言って貰いたかったけどね。

とにかくさ~。人間は・・・弱いね(^^;)

動物より色んな知恵を持ってて、技術も発達して、人間がこの世を支配してるって言っても、一人で生き抜く力は動物にはまだまだ敵わないんだと思うわ。

最後の最後に一人は嫌だとか、孤独死は嫌だとか、孤独死は哀れだとか、誰も看取ってもらえない事がとっても惨めな人生だって思ってる人が多いのかも知れないし、それを避けるための仕組みも、世の中色々出来つつあるんだけど。
独りで旅立った佐助の事を思ったら、おかあちゃんだって今、精一杯生きたら、孤独であろうと何であろうと、決して惨めな人生だとは思わないし、何も知らない人に言わせる気もないよ。

うん。

そうそう。

本当に強いってどういう事なのか。おかあちゃん、もっと勉強しなきゃね(^^;)


佐助。ありがとうね。お前はとっても凄いお手本を残してくれたんだと思います。
そして、ちゃんと最後に見つけられるような場所に出てきて亡くなっていたこともね。

本当に強い子だ!さすがです!


ところでねぇ。。。

おかあちゃん、昨日からおとうちゃんの風邪が移って、そりゃもう酷い有様。
お花やお供え、買いに行けないんだ。
良くなったら、ちゃんとお供えするから許してね。



そうそう、佐助!
おかあちゃん、ついに禁煙始めたよ。
ヘビスモだったけど、昨日から5本ほどしか吸ってないし、
今日はまったく吸ってない。
というか、家にタバコがあると絶対探して吸っちゃうから、
まったく無い状態にしました。えっと・・・おとうちゃんのも吸いきって、買い足してない。
よって、おとうちゃんとおかあちゃん、一緒に禁煙するよ。
もう家には一本もタバコがありませーん。

でもね。ご飯食べた後とか、やっぱり欲しくなる。
タバコの味がどうのって言うより、何か咥えてないと落ち着かないんだな。
なので、タバコの代わりにストロー咥えてます(笑)


a_free_event_marugoto.gif





☆尼崎の大規模補修。大きな箇所は工事が終わり、今はタイルの補修にかかってもらっています。
全行程が終わるのは今月下旬。
請負契約書も交わし、中間の工事代金支払いの手続きも、
今朝、三菱の支店長代理に電話して、家でやってもらうことになり、こちらも問題なく支払は進みそう。
義父名義なので、法的な代理人ではない私が代行することに難色を示すことも考えられたので、
その場合はこうしようああしようと、他のやり方を考えていましたが、ま、家でやるのであれば大丈夫みたいです。
他の銀行さんで、裁判所による家の取り壊し費用を払った際、裁判所から義父が費用を持つように言われているのにもかかわらず、
「本人さんは知ってますか?」としつこく言われ・・・。
「認知症なので今は何もわかりませんが、裁判所からそういう命令が以前出ていて、実行する時期に来たので払わねばならないのです」と、私も言い返しました。
今回限りは受けてくれましたが、次回からは出来ないと言われておりまして。
要は後見人を立てないと・・・って事ですね。
でもね。これも、やっていい場合とややこしくなる場合とあって。
補修に関しては、入居者さんの安全確保及び、円滑な経営に関わる事なので、裁判所からの許可を待ってられない場合もあります。
まあ、所有者の利益を損なわない改修などは、最初に許可を貰っておけばいいのかもしれませんが。。。そういう場合ばかりじゃありませんしね、実際は。
損だと解っても払わなきゃいけない事例もありますから。

ま、とにかく、三菱さんは渉外担当者が居るので良かったです。


ついでに会社の定期の解約も依頼。
預かり保証金専用の定期ですが、
以前、会社の登記簿を半年に1度新調しないと解約出来ないと言われたので、
いつ退去があるかわかんないのに、毎度法務局へ行って1000円払って出してもらって・・・なんて、もう嫌ですし、1件だけの為にサノヴィッチ(支店長代理)に来てもらうのも何だか・・・。
その時間、家に居なきゃいけないのが面倒なんです。
なので、普通預金に振り替えてもらう事にしました。
微々たる利息の為に、今まで鬱陶しい解約手続きをしてましたが、普通預金に入れたらキャッシュカードでポンとお客さんに返金できますから。

ほんまに・・・利息も少ないのに、余計な出費がかかる銀行のシステム。
ええ加減にしてほしいですね。
休日預入にまで手数料が取られるのにはびっくりしました。
預入てるのに?
引き出しなら、まあ判らない事はないんですけど・・・。
お金を預けてくれるお客さんなのに、そこにまで手数料。
こりゃ、世の中タンス預金が増えても仕方ないですわ。


テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

2年目の春。

sasuke1_20120401012317.jpg

佐助が亡くなって2年目です。

これは平成8年11月に母屋の前で撮ったもの。

佐助って、お腹を出して寝るのが、どうやら好きだったみたいです。

庭猫生活14年11ヶ月。

ただの一度も家猫として生活しなかった佐助。
庭で生まれて庭で猫生を終えた佐助。
なんと立派に生きた事でしょう。

ここで生まれて良かったね。
楽しかったでしょう?
心からそう言える一生を送ってくれた佐助でした。

おかあちゃんも、勿論15年近くを楽しく過ごさせてもらいましたよ。

こんなに長い時間を、庭猫として生きられた事は素晴らしい事。
恵まれた一生だったね。

今ね、新しい家族が庭で生活中だよ。
親子合わせて5匹。びっくりでしょう?(笑)

でも、佐助が生まれて来た時は、
大叔母さんもいたし、お母さんもまだ暫くはいたし、
お兄ちゃん、お姉ちゃん、叔母さんに叔父さん、甥っ子姪っ子、
あと自分の兄弟も含めて、大家族だったからね。
5匹くらいの居候は大したことないかも?(笑)

おかあちゃん、今になって思うけど、
あの頃、本当にどこを見ても猫が転がってたなあって。
10匹以上庭にいたものね。

その庭猫の中で一番長生きしてくれた佐助。
改めて、ありがとうって言いたい。

一番長くて立派な尻尾を持っていた佐助。
佐助の尻尾をきゅ~って触るのがとても好きでした。
それから、いつもスリスリしてくれて嬉しかったよ(^^)





茅葺の屋根から抜け落ちた萱で遊んであげているところです。

天真爛漫、無邪気、甘えん坊で優しい佐助。
これからも、うちの子達を見守っててね。

大好きな小鉄兄と、天敵ではあるけど、姉御のサンディと、
それから仲良しだったチョボ、兄弟の銀、姪っ子のテン・・・
一杯いる家族と楽しく暮らしてくださいね。

幸せな庭猫のお手本・佐助へ。
おかあちゃんより。

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

一周忌。

sasuke2_20110401000544.jpg

2010年1月1日の佐助。

佐助が亡くなって今日で丸1年が経ちました。

1年前、思いがけない突然の別れに、
何をどう言っていいのか、悲しくて悔しくてやるせなくて、
茫然自失の状態でした。

体調を崩してから半月ほどで別れが来るなんて思ってもみず。
姿を隠してしまってからの1週間は、毎日眠れない日が続きました。

ただ、当時も書きましたが、
最後の最後に姿を現して、私が見つけられるような場所で天に召されていたことは、
佐助からの私への最後の愛情だと、今も思っています。

14年11ヶ月の間に培ってきた佐助との絆。
はからずも、こういう形で証明されたのだと・・・。

切ないのですが、甘えん坊の佐助が最後に見せた奮闘ぶりには感謝で一杯。

佐助に関しては、とても沢山病院へ行った記憶があります。
中年以降になると、口内炎を何度も治療しました。
抜歯も沢山せねばならず。
また原因不明の体調不良に見舞われた時には、
2ヶ月ほど捕獲を続けて通院。やっと危機を脱した時は本当にほっとしたものです。
あの時、捕獲のためにあちこち探し回って、
納屋の2階にも梯子をかけて登ったりしましたが、
その時の納屋は5年ほど前に解体して、もうありません。
ほっんとにボロボロの納屋だったなぁ。
2階の床なんて大穴が開いてるところもあって、
夜登って探す時は転落しないようにヒヤヒヤものでしたよ。

肉芽腫を患ったこともあるし、咽頭炎も数回。
甲状腺機能亢進症もあったし。
怪我で通院することは殆どなかったけど、本当に持病が多かったね。

だけど、それにも負けず、15年近くを庭で生き抜いたなんて。
やっぱり佐助は凄い!

同時に生まれた兄弟の中では、一番立派な長い尻尾を持ち、
顔立ちも一番整っていました。
そして、一番甘えん坊だったなぁ。

小鉄が居なくなって、くーちゃんも旅に出て、
庭では一人ぼっちになった佐助。
晩年は、私が夜、ご飯をあげて家に引き上げるのを、
じーっといつまでも見つめていることが多くなりました。
寂しかったんだろうと思います。
ようやく、私が母屋に引っ越して、より佐助の近くで生活できるようになって・・・
母屋の台所で、夜になると一緒にテレビを観たり。
「やっと一つ屋根の下になれたって感じだね」と話しかけました。

もっともっと一杯一緒に居る時間が持てるよって思ってたのにな・・・。

でも。

やっぱり佐助の一生は幸せに満たされた素晴らしいものだったと言えます。
だって、佐助を思い出す時、楽しいことばかりなんですもの。
病気や通院の大変さはあったけど、
生活そのものは、いつも甘え放題、自由奔放、のほほ~んとした毎日で。


佐助へ。

何不自由なく生活できたね。
大好きな家族・兄弟に囲まれて。

最後に佐助が使っていたベッドはね。
今、ぽんちゃんって子が使ってるよ。
最近、暖かくなってきたのであんまり中には居ないみたいだけど。
佐助の餌場で、佐助のお皿でご飯食べてるよ。

あとね、茶トラさんも居たよ!
その子も佐助のお皿でご飯を食べてたよ。
おかあちゃん、ぽんちゃんだけかと思ってたのに(笑)

ご飯に困ってる子が居たら、佐助から教えてあげてね。
うちに来る子はおかあちゃん、拒まないでしょう?
そう教えてあげてね。
「僕のベッド使って良いよ。ご飯も貰って良いんだよ」ってね。

沢山の幸せをありがとう、佐助。

そして、これからもみんなを見守っていてね。

そうそう・・・。

サンディがそっちへ行ったけど・・・

喧嘩してない?

それだけがちょっと気になるおかあちゃんなのです。

それからね。

去年は本当に辛いことが多かった。おかあちゃん。
佐助に続いてサンディでしょう?
他にも一杯嫌な事があったよ。
おかあちゃんも、お休みしなきゃいけなくなっちゃったみたい。

でもね。
少しずつ前進していこうと思ってるよ。
これまでより、かなりスピードは落ちてるけど。

それでいいよね。
佐助のように、のほほ~んをお手本に!しようかな。


sasuke1_20110401000538.jpg

これは2000年の1月1日の佐助。上の写真の10年前。4歳です。
まだ義父が元気で運転もしていた頃。
義父の軽トラの下で寛いでいます。

どの写真を見ても、佐助の手足はがっしりと大きく写っているものが多いです。
実際にとてもしっかりした手足でした。
多分、サン・チョボ家のメンバーの中では一番大きかったと思います。
デカ猫あんずでさえ、手足は小さいのですよ。
この佐助の大きな前足をニギニギするのが、とても気持ちよかったな。
そして、ニギニギすると、「フガフガ」言いながら握り返してくれるのでした。


niwa1_20110401000535.jpg
品種の名前は忘れましたが、パンジーの寄せ植えです。
初めて買ってみた色同士。とても気に入っています。


今日は仕事帰りに、甘エビがあったら買いましょう。
なければ、鮪でもOK!
メモリアルキャビネットにお供えします。

ああ、佐助の喜ぶ顔が見えるようです。

あ・・・
その横でサンディと小鉄が待ち構えている様子も目に見えるような・・・(^^;)

では、皆様。ちょっと早いですが、良い週末をお過ごしください。



今回の大地震で被災した動物達の救援情報です。
http://www.jpc.or.jp/tohokukanto-daishinsai.html


『災害時の愛玩動物同伴可能の避難所の確保と増加及び、
愛玩動物入居可能の仮設住宅の確保と増加と建設を求める署名』運動のページです。

http://www.n-d-s.tv/pet-rescue/shomei.html

ぜひご覧ください。

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

 いらっしゃいませ
ステップファクトリー
stepfactory
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん(居候中)
chichan1blog.jpg
月乃(居候中)
tukinoblog.jpg
白田君(居候中)
sirotakunblog.jpg
茶太郎(居候中)
cyataroublog.jpg
グレコ(居候中)
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード