fc2ブログ

13歳。

chichibi8_202404201332298eb.jpg

白田君



chichibi9_20240420133230a3d.jpg

月乃



chichibi11_20240420133233137.jpg

茶太郎



chichibi10_202404201332321eb.jpg

グレコ

今日でみんな13歳。おめでとう。

月乃は元気にしてるのかな。

どこかに潜り込んで誰かに世話してもらえてるのかな。

ここら辺は猫の世話をしてる人がちょこちょこいるので、そういうところへお世話になれてるといいなと思ってます。

ただし、どこの誰が・・・という情報はまったくといっていいほど知りませんが。

ワクチンも打てず~の13年ですが、それでもちゃんと元気でいてくれてほっとしています。

色々新参者も出入りしているのに、それなりに距離をとってうまく付き合ってるようですし、見慣れた子達もいるようで。

収拾がつかなくなるような大きなトラブルもなく、それなりに一応平和を保ってくれていることに感謝。

たまに、小競り合い・・・あるようですが。


昨日貰ったお薬、就寝前に2種類飲むのですが、そのせいなのかなんなのか、2時間も寝坊してしまいました。

起きてもなんだかぼーっとして。

右耳の圧の違和感は相変わらずありますが。

抜けが悪い感じって、なんだか気持ち悪いですね。


スポンサーサイト



テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

年を重ねて。

chichibi6_20240419151458e71.jpg

本日夕方の白田君と茶太郎。

彼らは毎朝、毎夕、こちらに食べにくる時にこういう姿を見せてくれます。

若い頃は、茶太郎は血気盛んで、兄弟げんかもちょくちょくするような気の強さが目立った子でしたが。。。

明日で13歳。だいぶ丸くなったようです。

高齢になってきて、兄弟寄り添うようになってきました。

グレコもいたのですが、フレーム内に来てくれなかったので一緒に撮れませんでした。

ご飯の用意が出来るまで、何度もお互いオデコをくっつけあってます。

白田君も自分だけだと気になるのか、茶太郎やグレコが来るまで振り返っては様子を見続けていたり。

「ご飯だよ~まだ来ないの?」って言ってるのが伝わってくるような素振りです。

それにしても、3にゃんとも最初は母屋で食べていたのに、今はすっかり新居に催促にやってきます。

色々新参者がいるので、母屋に入るのが鬱陶しくなったのかもしれませんね。



heya5.jpg

メモリアルルームのタイルカーペットを交換し終え、古い物は丸めて縛って資源ごみに出す準備も終了。

今日は、小さなテーブルランプがやってきました。

収納棚の端っこに置こうと最初から決めていたのですが、ウィリアム・モリスのデザインで小ぶりなのを選んで買いました。

ワンポイント、赤が欲しかったので、大きさもちょうどよく、夜が来るのが楽しみです。



☆年を重ねてるのは我も同じ

今日、本当に数十年ぶりに耳鼻科へ行きました。

初めて行ったのは17歳の時。もう43年も前の春でした。

当時、まだ花粉症なんて言葉、確か無かったのですが、突然春になって酷い鼻の症状が出て診てもらいました。

アレルギー性鼻炎でひとくくりにされてましたが、今でいう花粉症です。

それから27年間毎春苦しみまして、症状が出なくなって十数年。

耳鼻科はその時数回通院したきりなので、あとは自力で何とかしてやり過ごしてきましたが、1週間ほど前に、鼻の奥がむず痒くなって出るくしゃみが、相当ひどいくしゃみで、大きさも回数も自分でもびっくりするくらいでした。

さすがに、今年はきついと聞いていただけあって、治まっていた症状が若干でたのでしょうけど・・・

問題はそのくしゃみ連発の後に訪れたのでした。

鼻水はすぐ止まったので大したことなかったのですが、大くしゃみの翌日あたりから、味覚と嗅覚が飛びました。

なーんもわからん。匂いも味もしませーん。

甘いとか渋いとかはわかるのです。風味は。でも、何の甘さかわからん。

アイスクリームを食べても、チョコの甘さなのか、バニラの甘さなのかまったくわからん。

お茶を飲んでも、渋みはわかれど、濃いのか薄いのかわからん。

お肉を食べても野菜を食べても、素材の味がほぼわからん。味付けの濃さもバランスもわからん。

ということで、それが3日ほど続いたのでした。

おまけに、それと並行するようにして耳がおかしくなりました。

ピアノを弾いた後とか、声を出して音読を続けた後とか、右耳の奥で「ザー」とか「ブーン」とか言うのです。

今まで、風邪をひいても、酷い花粉症に苦しんでいた時でも、こんな味覚、嗅覚、聴覚に異常をきたしたことがありませんので、暫く様子を見ていたのですが、耳だけ相変わらず違和感が続いていたので、今日診てもらったのでした。

ピアノを弾く身としては、耳の異常は大問題です。

あの大くしゃみがきっと原因なんだろうと思うのですが、鼓膜がどうかなってるんじゃないか?とか、大きな音が出る物は避けなきゃいけないんじゃないだろうか?とか、色々心配でした。

結果としては、やはり大くしゃみの連発で圧がかかってしまって、詰まったような感じや、雑音がしているのだろうとのこと。

あとは、鼻からの影響も繋がってる関係で起こりえるので、鼻炎薬も出されました。

耳鳴りのようなものは、次第に落ち着いてくることもあるので、あまり気にしないこと。

ピアノはいつも通り弾いても大丈夫とのこと。

ただ、聴音検査の結果、両耳とも低音を捉える力が若干落ちているとのことでした。

これはもともとそうなのかもしれないし、年を重ねてきてるから起こることかもしれないが、病気ではないそうです。

鼓膜も正常に動いていることもわかったので、あとは自然に落ち着くのを待つと致しましょう。

そして、みなさん、くしゃみをする時は少し気を付けましょうぞ。

静かにあまり力が入らないようにってことで。

でも、鼻ムズムズのくしゃみは割りと思い切り出ちゃいますけどねえ。。。

今日伺ったクリニックは、女医さんがされているクリニックで、とても落ち着いて感じのよいクリニックでした。

先生も優しく丁寧に診てくださって、良かったです。

このところ、グーグル訴訟が取りざたされてますよね。

病院の口コミでトラブってるとかで。

個人的な感想ですが、自分が不愉快な思いをさせられた病院は人には勧めたくない気持ちは当然理解できます。

それを、ごく周囲の人に直接言うか、出来るだけたくさんの人に同じ目にあってほしくないと周知するか、結局その差なんだろうと思います。

しかし、中には逆恨みも混じってますから、この区別はなかなか難しいですね。

ただね、今までの人生で何度か嫌な医者に巡り合ってますが、自分はちゃんと説明したつもりでも、言い方が上から目線だったり、早口で切り上げたり、わからない人にわかってもらえるような言い方をしなかったり、そういう医者は実際います。

事実をきちんと伝えたと言っても、それを理路整然と言うだけでは、不安な思いの人には冷たく聞こえてしまうものです。

同じ事を言うにしても、温かみがあるかどうかが大事なのかなって思いました。

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

誰か必ず居る。

chichibi4_202311181339268da.jpg

「ご飯まだっ!?」とグレコに叱られる。


chichibi5_20231118133929e04.jpg

「まだなのか!?飯っ!」と茶太郎にも怖い顔で言われる。


taneko8_20231118133929247.jpg

「私はさっきから待ってるんですけど」とラヴィに圧をかけられる。


taneko9_20231118133931e16.jpg

「おかあさん、まだ待たなきゃいけないね」と銀次。


毎朝、こんな調子で狭すぎる勝手口にみんなが押し寄せてきて、ご飯出しにてんてこまいになります。

母屋のように広々した玄関内で、そこかしこに置いてあげることが出来たのとは違い、集まられると私が表へ出るのに一苦労。

茶太郎とグレコは写真にあるU字溝のブロックの上で食べてもらい、銀次達は勝手口という風に振り分けて。

そこへ金太郎や麻呂が来たり、茶白3号が首を突っ込んできたり・・・

ご飯を出したらグレとライスに投薬をせねばならないのに、すんなり部屋に戻ることが出来ない場合も。

やれやれ、終わったか。片づけようと思ったら、今度はゴンちゃんが来る。

で、ゴンちゃんにご飯を作っていたら、いつのまにか男爵と入れ替わってしまってて・・・

一度に沢山のお皿を出すことができていた母屋とは違うので、何度も何度もお皿を引っ込めて洗って出して~をひたすら繰り返し、気が付いたら起きてから1時間もそんなことをしています。

今朝は白田君も混じって久々に3兄弟揃って食べていました。

銀次達は一度終わったかと思ったら、暫くしてまたお代わりに来ることが多く、こちらも腰を落ち着けていられません。

しかも最近、好き嫌い、我儘が増えました。

いい加減にしなさいいよ。人ん家来て、好き嫌い言うんじゃありませんよ~!


☆セルフカットやってみたけど。

猫好き美容室に通って7~8年は経つのですが、最近仕上がりにムラがありすぎて困っていたので、ついにセルフカットに踏み切ったワタクシ。

日曜日にカット用ハサミと梳きハサミ、吊るせる三面鏡が揃ったので、通院がない日にトライしてみました。

風呂場でカットしましたが、明かりがそれほど明るくはないので・・・

風呂場の鏡を合わせ鏡にして、吊るした三面鏡で後ろの切り具合を見ようにも、少し離れていたため、目が悪い私にはラインが真っすぐなのかどうか???わかりにくくて。眼鏡要るな・・・。

元々は顎ラインの若干前下がりボブで、毛量が凄いので調節してもらって、表面に少々レイヤーありの丸みのあるシルエット・・・がこの30年ほどのスタイルなのですけど、今の美容室に行きだしてだんだんそれが変わってきて、顎ラインだったのがいつの間にか耳下ラインに(笑)

後ろも襟足が長かったりギリギリだったり、毛量調節も今回はすごく少なくてあっという間に暴発してました。

おまけに、凄く太い束の状態で直角に曲がって跳ねるところまで出てきて、これはもう明らかにどこかの面を梳きすぎたのか?って感じで。

それがやたらに長いし毛先がガサガサトゲトゲしいし・・・ブローしても暫くすると出てくるって感じで。

しかし、裾1センチ短くカットして、中も段ごとに梳いてみたものの、この問題の箇所だけは素人が手を出すわけにもいかず。
余計酷いことになるのは目に見えているので・・・とほほです。

ただ、椿オイルとハニーオイルの混合で根元ブローで落ち着かせることには成功したので、レイヤーがすべてなくなってしまうまでは、この調子でちょこちょこ切って、ちょこちょこ梳いて~を繰り返すしかありませんかね。

1年くらいかかりそうだなあ・・・

表面の髪が全部揃ったら、そこからどうしたいか考えればいい。

ボブが一番楽でブローも手早くできて、後期高齢者になってもセルフカットやっていけそうだと思います。

とりあえず、最初はこんなもんだ。

現在、ボブにしてもらって一か月経ったくらいの感じ~に収まっています。

もっとハサミの扱い、うまくなりたいです。


テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

隙間から。

chichibi2_20230625155325c9d.jpg
勝手口に来た茶太郎と白田君・・・の背中。



chichibi3_20230625155328bd5.jpg
名前を呼んだらこっちを見てくれた茶太郎。



chichibi1_20230625155323c4f.jpg
後から一人で来たグレコ。


うちの庭猫チーム、全員元気。

引っ越ししてから母屋担当は夫になったので、私は滅多にみんなと出会うことがなくなってしまいましたが。

最近、母屋のご飯が気に入らないのか?こちらへちょくちょくやってくるようになりました。

元々、白田君だけでたまーに来ることはありましたが、このところ茶太郎と連れ立ってやってきます。

茶太郎、ものすごく性格が丸くなったようで、白田君と鼻を突き合わせて挨拶したり。

そもそも兄弟なんですから、仲良くても当たり前のところ、茶太郎の性格は以前は結構きつかったので、一緒に行動するってのも珍しいのです。

みんなもう12歳。やっぱり丸くなるのなあ。

朝から雑草をひたすら抜いて、疲れたので午後3時になって勝手口で一服しようとしたら、塀の上からグレコの目が。

これまた本当に珍しく、私に話しかけてきました。

内容は「もう!ご飯食べようと思ってたのに。邪魔じゃん、はやくどいて」でした(笑)

茶太郎たちが帰った後にやってきたのでしょうね。

いざ食べようとしたら、そこへ私が出てきちゃって。

相変わらず彼らは私のそばでご飯を食べることは致しません。

銀次たちの方がよっぽど懐いてます(^^;)

私が室内に入ってからグレコは降りてきてご飯を食べてましたが、何度か呼びかけるとやっと顔をあげてくれました。



やはり隙間から撮るのは難しいです。


水曜日は3年ぶりに母が来ます。

なので、ボーボー生えていた雑草を抜いていたのでした。

新居も雑草が生えなかったのは初年度だけ。

今はすごい勢いで増えちゃいます。

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

12年経ちました。

chichibi4_20181125135105a8c.jpg

茶太郎。


chichibi5_20180310154209aa5.jpg

白田君。



chichibi31_20170420112723319.jpg

グレコ。



chichibi264.jpg

月乃。


最近の写真はありません。毎日出会うということがなくなってしまって。

ごくたま~に、白田君が新居の勝手口にやってくることはありますが、茶太郎とグレコは滅多にこちらには来ず。

月乃はここから出て行ってもう何年にもなりますが、元気だろうか。

今日はみんなの誕生日で、12歳になりました。

庭暮らし一筋。未だ撫でることは叶わないまま12年です。

全員元気で暮らしています。

見た限り、一番溌剌として老化を感じさせないのは、多分グレコかなあ。

グレコをはじめ、我が家の敷地内には、サビ猫が3匹になったので、時折他の子と見間違えてしまいます。

茶太郎はすっかり性格が丸くなり、茶白軍団やラヴィ一家がのさばっていても?あまりピリピリしていない模様。

白田君は上手に距離を取っている印象です。

何の予防もしてやれず、自然のまんまで過ごしていますが、元気に食べているようで、良かったなあ。

みんな、お誕生日おめでとう。

これからの1年も問題なく過ごせますように。ね(^^)

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

久々に。

   chichibi1_202205301514546c4.jpg

本日の白田君。久々に写真撮れました。



   chichibi2 (2)

本日の茶太郎。こちらも久しぶり。もちっと大きく撮ってあげたら良かったな(^^;)


グレコは勝手口に来ることもたまーにありますが、滅多に居ない。
ましてや、写真を撮ろうとしている間に消えてしまうので・・・。

でも、3ニャンともまだまだ元気。

ただ、茶太郎は随分と性格が丸くなり、3ニャンの中では一番年取ったなあ・・・と感じます。

みんな4月に11歳になったばかり。

一番元気で変わり無さそうに見えるのはグレコ。

次いで白田君ですかね。

茶太郎は2号ちゃんと鼻を突き合わせて挨拶してたので、「へ~~以前なら追いかけまくって喧嘩になってたよねえ」って私もびっくり。

最初の頃は色々あったかもしれませんけど、何だかすっかり落ち着いた感じです。

喧嘩っ早かった茶太郎も丸くなった。年月の流れを感じました。


新居もあれよあれよという間に雑草に囲まれてしまいました。

初年度はもちろんそんな事無かったのですけど、なにせ前栽と地続き。
あちこちからタネが飛んできて、もううんざりするくらいすぐ伸びてきます。

しかし、手がつけられない状態には絶対したくないので、暇をみてはえっちらおっちら抜いてます。

もう明日で5月も終わり。

私もとある件で3月末から今の今まで100回以上の検証を続けておりますが、いまだ終わらず。

足踏み状態が長く続き、疲れてきました。

何事も時間が掛かりすぎるってのは結構嫌なもんですね。

こちらを立てれば~あちらが立たず~あちらを立てれば~こちらが立たず~。


いい加減次の段階に進みたいもんだ。


テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

 いらっしゃいませ
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん
chichan1blog.jpg
月乃
tukinoblog.jpg
白田君
sirotakunblog.jpg
茶太郎
cyataroublog.jpg
グレコ
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード