いやいや(笑)

☆まずはチーちゃんの事から。

今日面会に行きました。
看護師さん達が仕事をする場所で、保護器に入ったまま大人しくしていました。
私が顔を見たら「ひゃ~んひゃ~~ん」と鳴きました。
不安だよね。。。

そこへ院長先生登場で。
処置はやはり明日でないと無理だとのこと。
物凄い混んでましたからねぇ、今日の待合室。立つ場所も窮屈なくらい。
それはもう、こちらが急にお願いしたことですから構いません。
とにかく、今こそ原因を知って出来ることはしてあげないと。

それから「出してあったご飯は人が居ない間に一応食べた」とのこと。
小皿に多分ミニ缶にしたら半分ほどのご飯がありましたが、これくらいの量をきっと夜間になってから少しずつ食べたのでしょう。
本来ならあっという間に食べ終わる量でも、最近のチーちゃんは少し食べて終わり、口の不快感をどうにかしようとする仕草ですから、それでも食べてくれたのはほっとしました。

あまり長居してはお邪魔になるので、明日もまた来ることを約束して帰宅。
元気になって帰ってこようね。


☆おいおいだよ。


taneko7_201802111126074f1.jpg



taneko8_2018021111260888a.jpg



taneko9_20180211112609b06.jpg


チーちゃんの心配で心が一杯になっていた私ですが、お風呂に入ろうと思い、その前に玄関内のみんなのご飯が残ってるかどうか見ようと扉を開けたら、おいちゃんが静かに座っていました。

「缶詰でも出そうか?」

で、戸棚を開けてごそごそしてたら、タッタカタッタカと爪の音がしてきました。
おいちゃん、普段は大人しく座って待つんだけど、えらく歩いて来るなぁ~~と振り返ると、私の椅子の上でこんな感じでした(笑)

一目散に椅子に座り、毛繕い。

食べるために来たんじゃないの???

どうすんのよ?

帰る気配無し(笑)


「おばちゃん、今からお風呂なんだけど~~~!?このままここを開けっ放しにはしておけないんだけど~~」

そう言っても全く動かないので、缶詰にマタタビをふりかけて鼻の前に持って行ったら、反応アリ。
そのまま玄関内に誘導して、そこで食べてもらって、私はようやくお風呂に入れたのでした。

なんだ、この馴染みっぷりは(笑)
おいちゃんに少し笑わせてもらったわ。

おいちゃん、最近腰が曲がってきました。
思ってるよりもお年なのかもな。
おいちゃんも元気でいなきゃだめですよ。
スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

ここは死守。

taneko6_20180208140514be2.jpg

今日のおいちゃん。

最高気温5度の予報の中、こちらが気付かぬ内にご飯を食べ終えたとみえ、最近のお気に入りベッド(枯草を積んだだけ)の上で横になっての~んびりしていました(^^)

やっぱりちょっと暖かいんでしょうね。
ご飯の後は必ずここで数時間過ごし、毛繕いをし、お腹を出して寝てることも。

最近お邪魔する茶虎の野良さんとは、もう遭遇したんだろうか?

喧嘩にならなきゃいいんだけど。。。


ツボ庭を畑に改造する計画はあるものの、なかなか重い腰が上がらぬ私。
気持ちがちょっと切れちゃった感じですね。

しかし、予定より遅れたとしても一応思いついたんだからやってみようとは思いますが。

おいちゃんお気に入りのこの枯草ベッドは場所を少し移動してもらわねばなりませんかねぇ。

綺麗に片づけようかと思ったけど、ここまで気に入ってるんなら仕方ないな(笑)



本来の畑の掃除も、ようやく鍬をふるっても肘にあまり響かなくなったので、2日ほど前に1カ月ぶりに行ってきました。

まだ寒いから雑草は伸びず、その分助かるけど、どうも春までにすっきり引き上げるのは難しそう。

やること多すぎて。

途中、声をかけられたので振り向くと、同じ組の年輩の女性が。
時々遭遇しては、そのたび30分ほど立ち話になります。
この辺りが区画整理の準備に入ったこともご存じなかったのでびっくりされたけど。
旦那さんは農業委員会の人だけど、家庭にそういう話を持ちこまないらしく。

ツボ庭で畑を作ることは以前話したので「ここで作らなくなったらもう会えなくなるねぇ」と言われました。
同じ組だから組の人の葬儀の時には会うでしょうけどね。
当番になるから。

この方も私と同じ引き籠り気味で、どこへ行くにも出来るだけ人に出会わない道を選んでいるんだそう。

さて、まだまだ片づけは続くけど、私のエンジンがほんとにかかりだすのはいつの事なのか(^^;)


何をやるにも最近遅い。時間が掛かる。やる気以前に動作が遅め。

こうやって少しずつ老化していくんだなあと実感中(笑)
だけど、このもどかしさが面白かったりもします。
30代の頃100%だったら、50代半ばの今は70%ほどの稼働率。
関節も硬くなり、筋力も少し落ち、休憩時間が少しずつ長くなり。
そういうのを自分でつぶさに観察してるとなぜか可笑しくなるのです。
は~なるほど、こうやって出来なくなってくるって事ねぇ~と。
逆に、もたもたしつつもやり遂げた時の達成感は、軽々とやり遂げていた時より数倍あります!
これからも前向きに老いていきたいもんですな(笑)


☆お客さん


niwa1_20180208140513986.jpg

最近ちょくちょく来ます。何の鳥だっけ?ムクドリ?ん?よくわかりませんが。

サンディ愛用のお手水鉢で水を飲み・・・

時にはこの寒さの中、何度も飛び込んで激しく水浴びするんです!

バシャバシャ!ブルブル!バシャバシャ!ブルブル!

見てるだけで冷えてきます・・・。



☆カラー取れました。

ヤムヤム、月曜日に自分でカラーを取ってしまいました(笑)
お尻も普通に戻ったらしく、舐めてる様子もないことからこのままでいいかと、カラーから解放。

お宝も治療後は3日に1度だったのが、月曜夜から1日に1度の割合で立派なのを出して頂けるようになりまして。

はぁ~ようござんした!
このペースでいってくれるなら、ご飯の配分も可溶性多めから半々くらいに戻しましょうかね。

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

お邪魔してます。

taneko1_20171216121917615.jpg

朝ご飯もたらふく食べたし。


taneko2_2017121612191811f.jpg

お手入れも入念にしておいて。


taneko3_201712161219192b7.jpg

「何時間そこに居るの?」

「かれこれ3時間ほど。だって落ち着くんだもん」


おいちゃん、晴れてなくても食後はツボ庭の枯れ草の上でまったりしてます。

数時間この状態。

安心・安全・ご飯付き。

おいちゃんにとって我が家は三ツ星ランクのようです(笑)

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

天国へ。

     nyantarou3.jpg

名前はニャン太郎。

『10月30日、18歳でこの世を去りました。』


今日の午後、こういう文面の喪中葉書を頂戴しました。

同じ関西にお住まいのAさんご夫妻。

18年前にお会いしたきりです。


ニャン太郎は私が保護した子猫でした。

猛烈な風の吹く夜、門の前に袋に入れて捨てられていたのを見つけました。

家の中は既に5匹居たため、里親さんを探すことに決め、早々に当時通っていた動物病院の掲示板や玄関に張らせてもらい、1週間ほどしたら見つかりました。

最初、旦那様からのお電話で、「ぜひ引き取りたい」との事でしたが、奥様が完全に賛成しきれていないことなど、はっきりしたことが決まったらまた電話を貰うことにして、待機状態。

後日、奥様からお電話があり、自分としては面倒見れるかどうかわからないので迷っているとのことでした。

猫と暮らすのはどちらも初めてとのことで、旦那様の情熱に比べて奥様は現実的に考えていらっしゃったのでしょうね。
勢いで引き取っても、本当に面倒見られるかどうか。

奥様は専業主婦だとお聞きしていたので、子猫をほったらかしにする環境では無い事は安心していた私ですが、一番長く家に居て面倒を見ることになる奥様のお気持ちが固まっておらず、迷った末にやんわりと私に断りたい気持ちを伝えるためのお電話だったかもしれません。

しかし、私の方から先にその迷いをお聞きした時点で「そう言う事ならお話はなかった事にさせてください」とお断りしました。

すると、奥様の方がびっくりされて「え・・・?」と。

私としては、大丈夫です!という確約を頂かないことにはお渡しできなかったのです。
旦那様の猫に対する愛情はお電話でもよく伝わりましたが、やはりご夫婦の意思が揃っていないことが不安でした。

とても良い里親さんになってくださるに違いないという好印象であったので、私も心苦しく勿体ないと思いつつも、猫が原因でご夫婦がぎくしゃくされてしまっても困る、この子も将来が約束されないのでは困る。。。

そういう思いでその場でお断りしたのでした。

少し絶句された奥様は、旦那様ともう一度話し合うということでした。

まさか、私の方から断ってくるとは思ってらっしゃらなかったようでした。


数日後、今度は旦那様からお電話がありました。

ご夫婦で話し合われた結果、やはりどうしても一緒に暮らしたいという結論になったとのことでした。

なので、私はとても嬉しかったです。

よくよく話し合われた結果ですから、今度は安心できると確信したのでした。

一度実際に会って欲しいと思ったので、我が家に来て頂き、面会してもらいました。

可愛い、可愛いと連発する旦那様。
奥様も猫が嫌いとか苦手というのではなく、ただ世話したことがないので大丈夫かどうかというのが一番だったようでした。

ご夫婦とも笑顔で子猫を抱っこし、すぐに連れて帰りたいようなお気持ちだったみたいですが、これから暮らす環境を見させて頂くために、こちらからお届けするということにしました。

数日後、お世話が不安にならないように、猫の育て方を書いた本から大切な部分をコピーしてお渡し出来るようにし、少しばかりの玩具も持参。

当時元気だった義父に頼んで、ご自宅までお届けに上がったのでした。

冷たいお茶を出してくださった記憶があるので、夏の暑い盛りだったように思います。


子猫はあちこちウロウロしながら、早速探検開始。
大して物怖じもしない様子だったので、安心してこれからの一生をお願いして帰宅したのでした。


それから毎年年賀状を頂きました。

名前が「ニャン太郎」になったこと。

今、こうやって部屋で遊んでいること。

今年は何歳になったかということ。

必ず近況を書き添えて送って下さいました。

2年前に「もう16歳になりました」というのを目にした時、ああ、もうそんなに経ったのか・・・と。


そして、今日の午後、先に書いたようなお知らせが届いたのでした。

春頃から痙攣が起こるようになり、年齢の事もあるので獣医さんと相談して家で看取ることにしたとのことでした。

ニャン太郎のお蔭で幸せな18年間だったという感謝の言葉も綴られていました。


私も言葉が出ません。

こちらこそ、沢山の愛情で最後まで育ててくださって感謝しています。

あの時、お断りしても、やはりどうしても一緒に暮らしたいという熱い気持ちをそのまま持ち続けて、こうやってニャン太郎クンを幸せなまま天国へ送りだしてくださった。

素晴らしい里親さんが居てくださったこと、お渡しして本当に良かったと今も思っています。

そして、ニャン太郎クン。

幸せな18年間だったね。

うちで少しの間暮らしていた時に一緒だった先輩たちは殆どが天国へ行きました。

今残っているのはね、このおばちゃん・・・いえ、今はお婆ちゃん。


yamuyamunyantarou1.jpg

覚えてないとは思うけど。

ニャン太郎クンのはっちゃけぶりにこのお婆ちゃんもちょっとタジタジだったもんね。


nyantarou1.jpg

これ、おばちゃんが中学の美術の時間に編んだ籠なんだよ。
ここにすっぽり入っては、よく遊んでたね。


nyantarou2.jpg

このおじちゃんももう今は天国。
よく世話してくれたよ。いっぱい毛繕いしてくれて。

そちらで会ったら、また仲良くしてね。

ニャン太郎クン。18年間、Aさんご夫妻を幸せにしてくれてありがとう。

楽しい想い出を山ほど持って、天国でのんびり暮らしてくださいね。

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

開店待ち。

taneko33_201704081345173e6.jpg

今朝のおいちゃん。

8時半頃、キッチンへ行ってチーちゃん達のお皿を集めて振り返ると、私よりとっくに先に起きてやってきたのでしょう、おいちゃんが階段の一番上にあったスリッパに乗っかって、こんな風にご飯を待っているのに気付きました。

「お、もう来てたの?」

チーちゃん達は雨のせいか、来るのがおいちゃんよりずっと遅かったのですが、よくよく考えてみると、野良さんが勝手に家の中に入ってきて、家人が起きてくるのを待ってる図ってなんかおかしな感じがしないでもない(笑)

「やっと飯屋の開店だー!」と言わんばかりに、ご飯の準備を始めた私を見つめながら、キッチンの入り口で両足を綺麗に揃えてお行儀よく待っていたおいちゃん。

そういえば、おいちゃんのご飯を催促する鳴き声って一度も聞いたことがありませんね。

ひたすら無口です。

動きも最初よりずっとおっとりしていて、出してやっても私の顔をじっと見るので「いいよ、食べな」と言うと食べ出したり。

最初の頃のガツガツ感、皆無。

どこのお坊ちゃんですか?ってなおっとり具合。
きっと本来はこういう性格だったんだろうなぁ。

環境は、人も猫も変えるのかもね。良い方にも悪い方にも。

ところで、おいちゃんって、もしかしたら少し撫でられるのかも。
撫でても、びっくりするくらいで、パンチは飛んでこないかも?
そんな気さえする今日この頃。
チャンスを見て、ちょっと触ってみようかなぁ(^^;)

小雨の間に食いだめに来たんでしょう、ミニ缶2缶、お皿がびっくりするくらいピッカピカになるまで綺麗に食べきって帰りました。

おいちゃん、今日も元気で何よりじゃ。

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

空っぽになるのは・・・。

ここ数日、玄関内のご飯のお皿が、どれもこれも知らない間に空っぽになる事件発生。

さては!?
アライグマ、来た~~?

と思って警戒していたら、どうもこやつが食べつくしていた模様。


taneko30_201611300117159b4.jpg



taneko29_201611300117148de.jpg


で、あんた、誰よ?

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

 いらっしゃいませ
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん
chichan1blog.jpg
月乃
tukinoblog.jpg
白田君
sirotakunblog.jpg
茶太郎
cyataroublog.jpg
グレコ
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード