fc2ブログ

終わった~~。

taneko115.jpg

6回目の予約、本日麻呂の不妊手術が終わりました。

長かった~~~!!

6回の予約のうち、3回は麻呂都合でキャンセル。
1回は大雨にあってキャンセル。
もう1回は、ボランティアさんに任せたのでキャンセル。

でも、結局保護に失敗されていたようで拉致があかず、こちらで再度今日の予約を取っておりました。

朝、物凄くいい時間帯に来て、すんなり保護器に入ってくれたので、やっと連れて行くことが出来ました。

とっても大人しくて、病院でも怒ったりしなかったようです。

今月2日、神社の掃除から戻った夫が、あのアパートの無責任爺さんとボランティアさんが話しているのを横で聞いていて。

「うちでやりますから」と言われて、こちらは2日後に控えていた麻呂の手術をキャンセルしました。

しかし、いつまで経っても出来ないようで、前の記事を書いた翌日、6回目の予約を入れておきました。

で、15日に神社のお祭りで、組の人間が神社に集まっていた時、夕方の休憩から神社に戻ってきた女性が「白黒の子をカゴに入れようとしていた女性がいたよ。ボランティアさんじゃない?」と教えてくれたのでした。

その日は帰宅が午後8時頃だったのですけど、麻呂にはまったく会わなかったし、ボランティアさんがきっと上手く保護して連れて行ったに違いないとほっとしていたんですけど・・・

9時を回った頃、麻呂が来まして。

耳カット入ってないし、タマタマも手術痕無し。

あらら・・・保護にまた失敗されたようだなあ。

18日予約入れておいて正解だったのかもと思ったのでした。


夫の話だと、麻呂のことは前から知ってる風で「この子は賢いからなあ」と、保護するのに手間が掛かりそうな話し方をされていたようなのですが。

それならなおさら「うちの保護器には入ってくれますから、うまく行くと思う」となぜ言ってくれなかったのかと。

結局、麻呂はいつも通り保護器に入ってくれたので、何の苦労もなく病院へ行けたのでした。

いや、昨日はちょっと・・・警戒してたなあ。

多分、ボランティアさんに何度もトライされて、うちの保護器に対しても警戒したんだと思います。

でも、今日無事に終わって解放してあげて、やれやれです。

耳カットもはっきり判りますし、今度ボランティアさんが来られた時に必ず気付かれるでしょう。

出来れば、お話したいところですけど、いつ来られるのかわかりませんし、周辺をずっとうろつくわけにもいかないので、多分お目に掛かるチャンスは無いと思います。

ともかく、うちで4匹、ボランティアさんが2匹で、予定していた6匹はすべて終了しました。

やっと保護器を片付けられます。

麻呂もお疲れ様でした。明日はちゃんと食べにくるかな。ゆっくりねぐらで休んでくださいな。




さて、久しぶりにしっかり眠れそうです。

そろそろグレ達の炬燵の準備もしなきゃ。

いきなり寒くなりましたね。皆様も体調管理にお気を付けください。

そうだ。

16日にワクチン2回目終わりましたが、今回も副反応ゼロ・・・。

1回目は腕が上がりにくくて、ちょっときつめの打撲みたいな痛みが半日ありましたが、今回はその痛みも1回目より軽く。。。

熱が出ないのは1回目と同じ。

共通していたのは、待機時間15分の間に、手足がほんの少しぽかぽかして、軽い咳が3回ほど出た。

これだけでした。




スポンサーサイト



テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

いつ?

taneko101.jpg

チビ達がボランティアの人によって不妊手術されてから1週間。

しかし、未だに麻呂はうちにやってきて、耳カットも入っていませんが・・・。

うちで4日に予約を入れていたのをキャンセルしたのですけど、これならこっちでやったら終わってたな。

個人でやってるって夫の言葉だったけど、再確認したら「団体ではない」みたいな?

団体ってのも規模が色々あるので、数人のグループなら団体と思わないかもだし、
明らかに団体を名乗ってやってる所ではないってことなのかもしれないし、まったくの個人なのかもしれないし、
結局夫の推測がかなり混じってたわけで。

どっちにしても、この1週間・・・無駄な時間を過ごしてしまったような。

ただ、チビ2匹を手術してくださったことは本当にありがたいです。

うちでやってたら、もっと遅くなってしまったもんね。

さて、これからの1週間で麻呂は手術を終えることが出来るのか。

月・火と様子を見て相変わらずなら、こちらでまた予約を取るべきか。

もうね、すでに麻呂に関しては5回もキャンセルになってますから。

どうしたらいいのかなあ。

夫がもっとはっきり、ボランティアさんがいつする予定でいるのか聞いてくれたらな。
うちでやった方が早いと言えたのかもしれないしな。

中途半端だな。

救世主現る。

taneko114.jpg

三毛猫母さんの息子ちゃん。

もう生後半年ほどだと思われます。

麻呂の手術が終わったら、次はこの子だと。

麻呂の5回目の予約は4日(月)を取っていました。

が。キャンセルしました。

救世主が現れたのです!びっくりだ。

2日(土)に神社の掃除をして、そのまま買い物に行き、帰宅したら夫から信じられない情報が。

あのアパートのお爺さんと、ボランティアと名乗る女性が話し合いをしており、夫はなぜかその近くで話を漏れ聞いていたようなのですが・・・

「麻呂と、あのチビ達、そのボランティアの人が不妊手術するからってお爺さんに言ってたぞ」ですって!!

そのまま、三毛猫母さんの息子ちゃんと娘ちゃんをオリに入れて行ったのだそうです。

何でも「猫が嫌いな人もいる。今は業者に引き渡すとか出来ませんから、耳カットもちゃんと入れて・・・」等々、お爺さんに話していたのだそうです。

で、麻呂のことも「うちがやりますから」って言っていたのだそうです。

私としては、そのボランティアさんが本当にボランティアなのかどうか、その場に居合わせなかったので判断出来ませんし、麻呂の予約は4日に取ってあったので、それなら夫からその人に一言伝えれば良かったのに。

本当にちゃんと不妊手術をして戻ってくるのか。その心配があったのですよね、私。

でも、先程、息子ちゃんだけですが、ご飯を食べにうちにやってきました。

右耳にカットが入っていました。

娘ちゃんは滅多に来ないので、多分、三毛猫母さんとアパートの方にいるんだろうと思います。

実は、うちで2番目に不妊手術をした2号ちゃんを連れて行く前に、本来なら1号ちゃんだったのですけど、アパートの2階のベランダにまた登って降りられなくなっており、バタバタしてる時に、お爺さんと初めて会話したのですよ。

しかし「こいつは馬鹿猫だからうちから出て行って、もううちの猫じゃない。今は別の猫と暮らしてるからほっとけばいいよ。迷惑掛けてるんなら業者に連絡したら、引き取りに来るから」と、地雷踏みまくりの大馬鹿発言をしたんです。

当然・・・怒りました、私。

通りすがりの人が振り返ってびっくりしてずっと見てましたけど。

「不妊手術するのが最近の風潮だってのは知ってるけど、男の子でしょう?」とも。

テメー・・・女の子だけで子供産むと思ってとるんかい!!

こういう人が人間の不妊の原因を全部女性のせいにするんでしょう、きっとね。

産む、産まない、産めない、諸々全部ね。

この人があらゆる野良のおなごを不妊手術したのなら、男の子は不妊手術しなくてもいいかもしれません。

が、そんなことありっこないので。

そうやって、ほったらかしにされた1号ちゃんもシーズンを迎えて・・・

ですよ、ええ?

それに「風潮」じゃなくて、殆どもう義務です。

あと、「猫って勝手に出て行くじゃないですか」だってさ。

そりゃ~あんた、窓開けっぱなしでいたら、猫は自由に出入りしますやん。

そして、気に入った場所が見つかったらそっちへ行きますやん。

1号ちゃんも2号ちゃんも、あんたと暮らしてるつもりはなかったのかもな。

で、「ほっといてくれ」と言われたので。

なので、言い返しました。

「あの猫はもうあなたの猫じゃないってんなら、うちでやって何が悪い!そもそも、すでに何もかも放棄してるわけだから、ほっといてくれとかどうとか、あなたには何もいう権利も資格もない!」

初対面の人に猛烈に怒鳴ったのは久々かなあ・・・。

で、その喧嘩の最中に1号ちゃんはどうにか降りたようで、気付いたらいない・・・

その代わりに、保護器に入ってくれたのが2号ちゃんだったので、先に手術となったのでした。


うちの家にどこから来るのか、入れ替わり立ち替わり色んな子が来る理由がわかった。

殆どがここからだ。

責任も取らず、ああいう考えで居なくなったら次を迎える。

これが卑怯で無くて何だろうか。

耳が相当悪いみたいで、私の言い方が「卑怯」と聞こえたらしく、顔がゆがんでいましたが、一言もそんな言葉は言いませんでしたよ。

でも、今思うと、卑怯そのものだ。

あんたのせいで、うちはどれだけやったことか。請求したろか?払えるか?ぼけ!

勝手に出て行くような暮らし方してるのはそっちでしょう。

1号ちゃんは馬鹿じゃ無い!あんたにそんなこという資格ない!

と、内心ムカムカしながらその日を過ごしたのでした。

でもね。

知らない所から、救世主がいきなり現れて・・・。

ああ、どこのどなたかわかりませんが、ほんとにありがとう!!

麻呂をいつ連れて行くのか判らないのですけど、その場に出くわすことが出来たら・・・

お礼が言いたいのと、どこの人か知りたいのと、知り合いになれたらなとちょっぴり思うのと・・・

「あの、この子、お腹に回虫飼ってるので下痢してます。駆虫してもらってください」ってことを一番に伝えたい・・・。

そうなのです。麻呂は飼ってます。お尻からぶら下げてました。

洗濯を干す私の横でモリモリと・・・ゆる~いのをたくさんお出し遊ばされ・・・

しかし、悪戦苦闘している私にこんな助け船があるとは、まったく予想もしておらず。

右耳にカットが入ってたので、もしかして、ゴンちゃんの手術をしたのもこの人なのかなあ。

ゴンちゃんはうちに入ってきた時、すでにカットが入っていましたし。

私は左で統一してますのでね。

いや、本当に・・・ありがとう。

で、爺さん、ちょっとは反省しろ!

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

どえらい甘えん坊。

taneko112.jpg

2児の母の三毛猫さん。

最近、ご飯の後はこんな風に自分から膝の上に乗ってきて、甘えまくってから帰ります。

時々、そのままうとうとしたりして。

こちらは忙しいので、適当なところで降りてもらうのですが、膝の上でゴロゴロして、滑り落ちそうになると爪を立ててしがみついたり、甘噛みしたりして、忙しい子です(笑)

野良猫さんに膝の上に乗られた経験、実は初めてだな。

この調子だと、ノミ取り薬をポチョンと落とせそう。

家に残ってるし、やっとくか。


アライグマは未だ捕獲出来ず。

新しい足跡も付いていません。

しかし、油断禁物。忘れた頃にやってくるんですから。

今夜も夜更かし。ナンプレ解きながら見張ります。

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

空振り続く。

taneko101.jpg

7月から取り組んでいる野良さんの不妊手術。

ターゲット4匹のうち、3匹は順調に終わりましたが、最後のこの麻呂。
7月26日が予定日だったのに、まだ終わっていません。

今日も予定日でしたが、空振りでキャンセル。
実に4回目のキャンセルとなりました。

昨日はきっちり午前8時に来たのになあ。

今日は小雨が最初のうち降っていたけど、あとはお日様も出て、天気としては上々の環境。

だったのに、タイムリミット。

タクシーを呼ぶ時間を考慮して逆算すると、午前11時半には絶対家を出る準備が終わっていなければなりません。

それでも、タクシーが運悪く来なければ、やっぱりキャンセルになってしまうのですが。

ああ、疲れた。ほんまにしんどい。

自分とこで不妊手術、ちゃんとやれ~~~!

病院によっては分割払いOKなんだから。

まあ。。。

ほんまに・・・。

9月に入って、気候の様子も見て、麻呂のペースももう一度考えて相談し直すことになりました。

病院に電話するのも気が引ける。

「あ、キャンセルですね」って看護師さんに軽く笑われましたがな。

よくあることだろうけど、先生方の準備や予定も狂ってしまうので、ほんとごめんなさい。


明日はグレの検査に行ってこよう。
おしっこ採れるかなあ。

明後日は仕事で外出。

月末も仕事で外出、&午前中は神社の掃除、夜はお祭りがあるのでまた外出。

コロナ禍なので、直会は中止だから、お参りに来た人に対応するだけで終わるんだろうけど。

お酒出したりおつまみ出したりは無いから早く帰れるか?

雨続きで気分もめげてきました。

酷い被害が報道されるたび、何十年に1度って意味不明になってきたと思っています。

どうぞ、皆様も気を付けてお過ごしください。

これからは台風の季節本番ですので。

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

本名は?

taneko108.jpg

今日は月一の神社の掃除でした。

暑い・・・マスクの中が汗まみれ。

明日はお祭りなので、また午後から行かねばなりません。

ところで、掃除が終わった後、かねてから気になっていた事を、同じ組のAさんに訊きました。

銀次・モカちゃん・新茶はラヴィの子の筈だと思ってましたが、それならAさんが全部不妊手術をしてくれた子達だと。

で、やっぱりそうでした。

更に知ったのは、ラヴィは4匹産んでいて、その中の1匹はAさん宅で暮らしているんだとか。

元々、お祖母ちゃん猫にあたるノワちゃん・・・Aさんはジジちゃんとと呼んでますが、ノワちゃんの不妊手術をしたのが私。

その時連れてきていたチビ猫のラヴィも手術を考えようと思っていたのに、来なくなってしまった。

3~4年経った頃、組のお通夜の席で猫の話になって、その時に、ラヴィがAさんの本宅(留守宅)で子供を産んでいて、揃って不妊手術をしたと言う話を聞いた。

でも、4匹とは知りませんでした。

残った銀次達のために、本宅の応接間を猫仕様にし、いつでも出入り出来るようにしているとかで、でも、いつのまにか居なくなってしまったとのことでした。

死んでしまったのかと心配していたそうなのですが、私が「こういう柄の子と、こういう子と・・・」と質問したら、みんなラヴィの子だと判明し、「もしかして、そちらにお邪魔してるの?」ということで(笑)

「もう2年くらい入り浸ってるよ」というと、「今度ご飯持って行くわ、ゴメンね!」

そんなのは全然良いんですけど、これでやっと身元がはっきりしました。

でも、本名聞いてなかったな。明日聞こう。

実は、Aさんが不妊手術に踏み切ったのは、「もう3回目」だったからだそう。

それまで産んだ子達はみんな亡くなってしまっていたんだそうです。

なので、今度はもう繰り返させないという事で踏み切ったみたい。

そして、モカちゃんはとても体が弱かったそうです。
今は丸々して元気ですけど、きっとその頃一生懸命世話されたんでしょうねえ。

知らない事を色々聞けて良かったです。

そして、私が今回行った不妊手術の話と、その原因を作ったあの爺の話もして。

組の女性陣皆さんに激しく同意してもらえたので、やっぱり間違ってないと確信を持てました。

「そういえば、昨日、久々に白田君見たわ」とAさん。

お邪魔してたみたいです。多分、応接間に・・・。

1日1回は様子を見に行かれてるのかな。

「昔は猫は苦手やったけど、今は大好きになった」と言われてました。

良かった。

明日はみんなの本名、聞いてこようと思いますが。

でも、ここでの呼び方は多分、変えないかな(笑)
で、たまには帰りなさいよ。心配してたよ。ね?。

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

 いらっしゃいませ
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん
chichan1blog.jpg
月乃
tukinoblog.jpg
白田君
sirotakunblog.jpg
茶太郎
cyataroublog.jpg
グレコ
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード