fc2ブログ

無事に届いた。

pie-rusanyori3_2024021015470823d.jpg

ピエールさんより、今日、ライスへのお花をいただきました。

いつも本当にありがとうございます。とても美しいです。

この美しいお花をきちんとお供えできるまでに、実は色々ありましたね。

こともあろうに。。。天地無用のシールと送り状が「上にしてはいけない面」に貼られていて・・・

届いた時に配達員さんが「お花なのかな?水がちょっと漏れてるようなので気を付けてください」と渡されたのです。

確かに!箱が・・・結構ヨレヨレになってました。

これはいかん!と急いで箱を開くとですね。なんということか、上を向いてなきゃいけないものが横になってるというか・・・

たとえて言うと、水の入った花瓶を縦に置かずに横に寝かせたのと同じ状態。。。

アレンジメントなのでたくさん水を含ませて送られてきていますから、その水が漏れて箱ヨレヨレ、当然花は押し潰されていました。

びっくりです~~!

クロネコさんの配達でこんな酷いこと、今まで経験ありませんので。

箱にはしっかり「お花注意」とか「この面を上に」というシールもあるのですが、ちょっと誤解されそうな場所に貼ってある。

私宛の送り状もなぜか本来なら側面に当たる場所に貼られている。

ドライバーさんからしたら「送り状が貼ってあるからこっちが上だね、天地無用のシールも傍にはってるから」ってなりますわな。

ところが、正しい面にも天地無用のシールが1枚あるじゃないですか~~?どっちの天地無用がほんとやの?となりますね。

で、送り状が貼ってるからこっちが上ってなっちゃったんだろ。

お花屋さんに集荷に来たクロネコの人・・・一体何を考えていたのだろう?


とりあえず、すぐにサービスセンターに苦情を入れて、対応の連絡を待ち、ピエールさんにも状況を説明。

んで・・・夜、配達してくれたお兄さんがそのお花を引き取りにきました。

配達員さんも「この面(上にしちゃ駄目な面)に送り状貼ってありましたよね?」って言ってました。

「貼ってましたよ、これじゃあ、こっちが上だと思っちゃいますよね。でも、正解はこっちの面が上なんです。ここにもあるでしょう?天地無用のシール」

「ああ・・・ほんとですね・・・」

2人して首傾げてしまいましたよ。

で、すったもんだがあったのですが、クロネコさんが弁償することで決着し、再びお花が届いたのでした。

こんな綺麗なお花があの惨劇・・・原因はしっかり究明していただきたいものです。

ということで、ピエールさん、本当にありがとうございました。

無事にメモリアルキャビネットの上に飾ることができました。

お花屋さんにも無事に届きました、とお伝えくださいませ。


rice43.jpg

色々あったんだね~~

そうなのよ、色々あったのよ~
スポンサーサイト



テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

12日。


rice16_201808171244357ea.jpg

6年前のライス。母屋時代です。猫座敷にて。

可愛い・・・。うん。

ライスが旅立って12日目。

この間、心の奥に何かが沈んだかのような気持ちで過ごしてきました。

やはり、寂しいものですね。


今日はグレの薬を2種類貰いに行ってきました。

抗真菌剤と降圧剤。検査の予定は少し延ばして9日に変更。

数日前から、5日は雨となっていたので、土曜日にタクシーを予約。

これまで殆ど乗らなかった阪急タクシーを利用。

以前、何度か電話したもののまったく繋がらなかったので利用を避けていましたが、数年ぶりにネットで調べてみたら、システムが色々変わっていて、連絡先も変わっていて、事前予約もありとわかって。

それで、ライスが残したご飯やオムツ、ネブライザーの機械を持って行きました。


P1110774.jpg

ネブライザーは濡れないように70リットルの袋に箱ごと入れて密封。

隣のバッグは、最近買った猫用の背負うキャリーバッグです。

無地が欲しかったのに、このモノトーン迷彩1つしかありませんでした。

万一、タクシー来ない、悪天候で自転車も駄目な時、グレを入れて30分歩く。

そんな事したくないのですが、最悪そういう日もあるかも?なので買いました。

8キロの子まで入れるバッグなのですが、この中に寄付する品物をぎっしりと詰め込んで。

幸い、タクシーに乗る時は、雨風止んでいたので良かったです。

病院について薬を貰って、看護師さんに寄付の品物をお渡しして終了。

これで、ライスに関しては本当に病院とのご縁が終わったと感じました。


帰りは徒歩で帰宅。途中でスーパーに寄って食材を調達。

空になったこのバッグに入れて背負って帰りましたが、すんごい楽だった~。

そのうち、このバッグは買い物用に使うことになりそうです。

何せ、8キロの子までOKだから、重い物買って入れても大丈夫。


家に着いて、しげしげとメモリアルキャビネットを眺めると、私が中に供えた花も、病院から頂いた花も8割がた枯れていました。

枯れだすと早いなあ・・・

ろくなお花屋さんが近くにないので、もう生花は供えないでおこうと思っていた私ですが、やっぱり生花は癒されますね。

そんな風に思っていたら、スマホにエリア情報の通知が頼みもしないのに勝手に入ってきて、何だ?と思ってみたら、「〇〇市に花屋さんが・・・」って文章が。

花屋?

気になったので中身を読んでみたら、2年ほど前に最寄り駅ではない、ちょっと遠くの方の駅構内に全国展開しているお花屋さんがオープンしていたことがわかりました。

知らんかった。あっち方面まったく行かんし。

口コミでは良いお花があって満足だけど、やはり少しお高いかなってなことが出ていました。

そうだったのか。

ネットで検索してよく調べてみたら、品質保証とか色々こだわってるようで、確かに値段は高めだけど、ちゃんとしたのが買えるなら行ってみる価値あるなと。

天気が良い日にぶらっと訪ねてみようかと思います。

ライスのイメージに合う物があるかな。というか、ライスのイメージ・・・う~ん・・・何色なんだ?

定期購入も量やお届け間隔などが数パターンあるようなので、それもゆくゆくは考えてもいいかも。



テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

帰ってきたよ。


rice20_20230204222121560.jpg

ライスのお葬式、滞りなく終わり、午後1時までには帰宅できました。

家を出る時は晴れていたものの、京都へ近づくにつれ曇りがち。

遠くの空は雪が舞ってそうな感じの雲が湧いていました。

愛護会の車が到着するまで、棺に入れたお花が傷んでいないかチェックしたり、撫でたり話しかけたり。

そうこうしているうちに実家の母が到着。

車は最初の予定より遅めにしていただけたので、午前9時半から10時の間に到着となりました。

そして、10時少し前にお迎え到着。

ベンツのワゴンが来てびっくりしました。

更にびっくりしたのは、後部に棺を納める場所があり、棺の上に銀の模様が入った美しい棺掛けをかけ、その上に守り刀が置かれたのでした。

こんなきちんとしたの、見たことない・・・

お迎えを頼むとここまでやってくださるのか。

その後は京都へ向かって高速を使い、現地到着。

勝手知ったる葬儀場・・・と思って中に入ったら、まったく変わっていてこれまたびっくり。

木をベースにした落ち着いた作りに改装されていました。

おトイレも新設され、火葬場とお別れの間と待合と、どれもとても綺麗に変わっていました。

おまけにサービスが3つ増えていた・・・

そのうちの2つが以下の写真。

rice42.jpg

右は肉球の型をとるサービス。5色の中から選べました。

ただ、もう体が硬くなっているので、うまいこと押せなかった私。でも、わかりますよね。肉球。左前脚でとりました。

左は「守り袋」と言って、毛を少し切り取って紙に包み納めるそうで、既に自宅で髭、背中の毛、爪を保管していたものの、せっかくなのでまた毛を貰ってこの袋に納めました。

3つ目は、自分の手のにおいを付けた紙を棺に納めて、天国へ一緒に持って行く。

なんか・・・以前のさっぱりした葬儀と違ってましたな・・・。

でも、とても丁寧にしてくださるのは変わりなく、1つの命として尊重してくださるのは以前と同じです。


ライスの骨は意外と華奢・・・といってもいい感じでした。

それでも中サイズの骨壺と一番小さな骨壺2つに分けないと入りませんでしたが。

あっという間ですね・・・お見送りも。ほんとにあっという間。1時間後にはライスはお骨になって。

帰りはタクシーを呼んでもらいましたが、このタクシーも葬儀専用みたいな立派なもので、中は黒地の模様の布が張られていました。

これも大きなワゴンでした。

行きも帰りもゆったりした空間で、静かに思い出にふけりながら過ごすことができました。

お骨はメモリアルキャビネットにすぐに安置。

グレは静かにしていましたよ。発作も起こらずほっとしました。

ライちゃん、帰ってきたよ。

亡くなった時も、グレはライスを見ようとしなかったのですが、今朝も見ませんでした。

見送らなくても何かわかってるのかもしれません。

1人になったら落ち込まないかな・・・ちょっと心配なので、出来るだけこれからは部屋にいる時間を増やしたいなと思いつつ・・・

まずは片づけねばならない用事がてんこ盛り。

ライスのことで数日何もしなかったため、それをまずはクリアせねばなりません。

それからやっと少しゆっくりできそうです。


ライスはコロコロが大好きだったけど、もうしてあげることはできません。

そして、コロコロしてほしいと要求してくる子もいません。



ライス。楽しい思い出たくさんありがとう。

本当のおかあさんも、たくさんの兄弟も、うちのメンバーもみんな居てるから、そちらで楽しく暮らしてください。

本当に長い間一緒に暮らしてくれてありがとう。

また会おうね。必ずね。


無事にすべてが終わり、ほっとしました。

寂しさはもちろんありますし、あれよあれよと弱って行くのを見て辛さもかなりありましたが、1つの決断をする重さ、責任、今回は本当にいつも以上にシビアなものでした。

いつの日か、癌が撲滅されますように。切にそう願います。

ライスを保護した時から今日に至るまで、見守ってくださった方には感謝しかありません。
色々とお世話になりました。

ありがとうございました。

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

小雪ちらつく。

rice41.jpg

ライスの費用の支払いに行ってる間に、病院からお花が届いていたようです。

ありがとうございました、本当に長い間お世話になりました。

今の病院、チョボが生きていたころから行っているので、かれこれ19年ちょっとになるでしょうか。

あっという間ですね。ほんと。

昨日のライスの処置費用の支払いと、お礼をしに行ってきました。

診察中の院長先生も途中で時間を作ってくださったので、少しお話できました。

ここ数日のこと。処置をした方がよいと決心した時の事。

先生から「痙攣が起こったりしませんでしたか?」と訊かれましたが、それはありませんでした。

口からのアンモニア臭が強くなってしんどさが増したようなので決意したのですが、痙攣が起こる前に、つまり尿毒症になるまでに処置をしたので、苦しまずにすんだのだろうということでした。

こういう事って、親からするとすごく辛くて、その場も物凄く重くなりそうなんですが、そういう面ばかりに気持ちがいかないよう、これまでの頑張りや、検査や通院の時のライスの様子を本当に褒めながら処置してくださって、ライスの尊厳も守ってやれたような気がしています。

こうしてやりたい、ああしてやりたいという希望を出来る限りきいてくださる病院で、本当に良かったです。

あと、先生にお尋ねしたいことがあって。

それは、ライスが食べずに残ってしまった療法食、使っていたネブライザーの機器、オムツ。要りませんか?ってこと。

療法食はもともと病院からの勧めがあって始めたものなので、もちろん使われるでしょうからお渡ししたのですが、ネブライザーの機器はどうなのかなあ。

私が使っていたのはオムロン製で、くおんさんから無償で譲っていただいたものです。改めてくおんさん、お世話になりました。ありがとうございました。すごく助かりました。

で、その行き先をどうしたものかと思って。

病院でも同じ物を使っているのは知っていたので、もう1台要りませんか?という・・・

そしたら、あっても困らないし寄付はありがたいとのことで、お譲りすることになりました。

日を改めて持って行きます。

それからオムツも、排尿障害の入院猫さんとかに使うことがあるので、これもお譲りすることに。

良かった。どれも次に役立つことが決まって。


明日はお葬式ですが、これまでタクシーを予約して、お葬式の時間を押さえて~でした。

でも、最近本当に思った時間にタクシーの予約が出来なかったり、その日に電話しても「予約が埋まってる」「応答車が見つからない」「空き次第になりますが」とか言われることが増えてきたので、それだと下手するとお葬式の時間に間に合わなくなります。

ずっと京都の愛護協会本部でお葬式をしてきたので、最後までそうしたいと思っていますが、どうしたものかなと思って。

でも、HPをよく見ると、お迎え込みの個別立ち合い火葬プランがあるじゃないですか。

京都の本部から家まで車が来て、家族ともども乗せて行ってくれる。

着いたらすぐにお葬式。

料金は高くなるけど、これなら時間を心配しなくていい。ということで、今回はそのプランで申し込んでいます。

帰りは向こうでタクシーを呼んでもらって。

もう13回目の利用です。なので勝手知ったるなんとかで。
細かいお骨も箒と塵取りを使って集めますが、それがどこに置いてあるかも熟知。

市内にも新しい式場が色々出来てるようですが、慣れ親しんだ場所の方が遠くても私は安心です。

なお、てんかん発作があるグレを数時間家に一人きりにすることは危ないと思い、最初は病院のホテルの利用をしようと、空き状況だけ確認していたのですが、本部からの車到着が午前9時から10時と言われ・・・

それだと、グレを預けて帰るのにめちゃくちゃ急がないといけません。ちょっとしんどい。

ということで、夫には家に残ってもらってグレをきちんと見てもらう。

お葬式には実家の母と2人で行くことになりました。

明日も寒そうです。

今日は病院を出る時、雪がちらついていました。

昨夜は先生達をお見送りする時、夜空に月と星がキラキラと輝いていました。

よく澄んでいたんですね、昨晩の空。


テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

優しさに包まれて。

anzurice1.jpg


rice11.jpg


rice16.jpg


rice19.jpg


rice25.jpg


rice3_20110620173836.jpg


rice18_20140917233725372.jpg


rice33.jpg

本日1月24日夜、ライスを見送りました。

先週の今頃は、普通に歩いて甘えてきて、ご飯も好きなものをたくさん食べていましたが、土曜日頃から症状が悪化し、月曜にはもう駄目になるかも・・・という感じでした。

でも、水を飲みに行ったり、それは亡くなる今日まで続いたんです。すごいなあ・・・

ただ、今日はもう殆ど歩けなくなり、寝返りを打つのも一苦労な上、しょっちゅう胃液を吐き、口からもアンモニア臭が強く出て、これ以上頑張る必要はないと判断。

夕方、病院に電話をして安楽死の処置をお願いしたのでした。

院長先生とかねてより相談してきましたが、あいにく昨日と今日は院長先生がお休みの日。

電話を受けた看護師さんも「院長が良ければ明日になりますが、そうでなくてよいなら、今日処置できます」とのことで、あと1日引き延ばすのはしたくなかったため、他の先生でいいとお願いしました。

どの先生が来られるかわかりませんでしたが、主任の先生が来てくださることになり、夜7~8時の間に行うことになりました。

本来なら病院で処置をすることが普通なようですが、往診で処置してもらえる所もあるそうです。

私が通っているこの病院は、自宅希望を叶えてくださいます。
もうこんなしんどいのに、移動したくないですもん。

慣れ親しんだ私のベッドの上で眠りについてもらうことにしました。

主任の先生は今までお世話になったことは1度もないのですが、とても優しい先生でした。

同行された看護師さんもすごく優しい人です。

心行くまでライスと話してから処置しましょうということになりましたが・・・

今日はずっと話していたので、これといってもうあまりないというか。

処置はすごく早かったです。

安楽死は正直、避けて通ってきた私です。何かわからないのが不安や怖さの原因になっていて。

文字で読んだことはあっても、実際目の前で・・・というのは無かったですから、処置の依頼の電話をするまでの数時間、本当に悩み迷いました。

でも、ライスの為には選択した方が良いという思いになりました。

先生も看護師さんも優しくライスを褒めながら、処置をしてくださいました。

これまでよく頑張った。
悲しい雰囲気とかはなく、笑顔でライスを褒めながら送り出してくださいました。

本当にあっという間でした。30秒ほどですべて終わりました。

ライスはそれまで何度も何度も胃液を吐き、時折私を呼ぶようにか弱く鳴いたりしていたのですが、やはりそのしんどさから解放してあげられたことは良かったと思います。

もう十分。立派に自分の猫生を全うしたね。

2005年の6月に農業倉庫でおかあさん猫と兄弟、合計7匹を一週間かけて保護した。

あの時、保護出来て良かったとつくづく思います。

あれから18年半。

先住のサンディ達と馴染むのに2年かけてじっくり取り組んで今に至る。

一時期、本当によく太って、ダイエットに何度も失敗して。

ヤムヤムが苦手で、出来るだけすれ違わないように気を遣ってたね。

あとはコロコロが大好きで。写真を撮られるのが年々嫌になり。。。

でも、子供の頃は面白いのがいっぱいあるよ。

体型がちょっぴりシャコタン。

尻尾が短め。

一時期はリオと共に「どすこい姉妹」って言われるほど太ってた。

最初は顔周りを触られるのは嫌だったね。

でも、いつの間にか投薬、給餌までさせてくれるようになった。

色んな変化をみせてくれたライス。

本当にありがとう。出会えて良かった。保護して良かった。

癌になったのはすごく悔しいし残念だけど、一生を全うしてくれたこと、感謝です。

この世では抱っこ出来るようになったから、あっちの世界に行ったら、添い寝ができるようになる!

これ、おかあちゃんの次の目標だ!

グレだけになって、本当に寂しくなってしまったけど、グレの事はしっかり守っていくから安心してください。

また会えるから。待っててね。ライス、ありがとう。そしてお疲れさまでした。


ライスを見守ってくださってありがとうございました。

思ったよりも再発後の進行が恐ろしく早く、それに勝てなかったことは悔しいのですが、この18年半、とても意義のある時間でした。

これまでお付き合いくださった皆様に感謝申し上げます。

本当にありがとうございました。


葬儀は26日金曜日の予定。

明日は病院へお礼に行ってきます。

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

陽だまりで。

rice40.jpg

本日のライス。

炬燵からでて、ぽかぽか陽だまりの中で横になっていました。

時々そうしています。

顎を掻いてやると目を細めます。

水も朝は少しだけ舐めていました。

ただ、胃液も吐いてしまうので・・・

それでも、自分から飲もうとするのを見ると、ライスはまだ自分の猫生を生きようとしていると感じます。

寝ている間、時折ぴくぴくと髭や手足を動かしていました。

何かの夢を見ていたのでしょうね。楽しい夢だったらいいな。





テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

 いらっしゃいませ
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん
chichan1blog.jpg
月乃
tukinoblog.jpg
白田君
sirotakunblog.jpg
茶太郎
cyataroublog.jpg
グレコ
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード