FC2ブログ

のろのろと。

taneko8.jpg

随分前に、ほんの少しの間我が家に出入りしていたどこかのアメショーちゃん。
逃げ足がのろのろしていて、ぴょんこぴょんこと跳ねるように走るので、可愛かったし可笑しかったなぁ。

今日は雨が降らないとのことなので、コーナンへみんなのご飯を買い溜めに。

その後、いつも行くスーパーへ行って食材購入。

このスーパー、今月一杯で閉店。7月に入った途端にお知らせが張り出され、もうびっくりでショック。

近くに出来た時に嬉しかったし、本当に良く利用したのになぁ。
大きなドラッグストアーが閉店になった時、近くで猫砂が買えるのはここだけ。

少し足を延ばせば大きなスーパーもコーナンもあるけど、車がないので近い方が絶対ありがたい。
美味しい物も最近また見つけたばかりだったのに・・・

このあと何が入るのかと思っていたら、うちのハイツの管理をお願いしている不動産会社さんが後始末して、ドラッグストアーが入るとのこと。

スーパーの方が良いよ~~・・・今使ってる猫砂を置いてくれるんならいいけど。缶詰も。


ところで、ドアに塗るペンキ、すべて決めて取り寄せました。一番大きな缶は後日配送とのことでまだ来てないけど。

しかし、練習しようと思ってる矢先になんだかんだと疲れること連発。

①アライグマ、まったく出会わない代わりに、イタチが食べに来る・・・これはもうどうしようもないが、一応追っ払う。

②夜中にチーチーとゴンちゃんが喧嘩してたので、止めに入った時に蜂が猫テラスの外側に巣を作ってるのを発見。
  薬剤を持ってるので自分でやろうかと思ったけど、場所がちょっと面倒な所なので、ダスキンさんに連絡している最中。

③ため池については、ハウスメーカーさん側が排水の方法を検討中とのこと。

④カーテンレールを発注したので、カーテンも物色しているけどなかなか決まらず時間が過ぎる。

⑤セラミックのノブを偶然見つけて取り寄せてみたらいい感じなので、食器棚を作ってもらう際に取っ手にしてもらえないかと考え、追加の数を買おうと思ったらゼロ。他のお店で違う柄を探したけど、それに時間を喰ってしまった。

⑥猫社長さんからお中元が届いたが、こちらは手配をまったく忘れており、今日慌てて郵便局へ行って発送依頼。


今日は家にいて、じっくりガラス周りの養生から塗装までの練習を終えようと思ってたのに、なんだかんだとあって出来そうにありません。
帰宅したら膝が痛くて、動くのもちょっとのろのろ。
還暦まであと3年となった私ですが、引きこもり気味の生活が長くて運動してないせいもあるんでしょう。
年のせいばかりにしてらんないな。筋肉貯金しないとな。

しかし、蜂は思ってなかったわ・・・ダスキンさんにお願いするのはこれで3度目になるのですけど、あんな手が入らない所に作らなくても。
種類はあしなが蜂です。10羽くらいが巣に覆いかぶさってる。
外に行く奴と巣を守る?作る?奴と分かれてるのだろうなぁ。生態をよう知らんけど。

もう少しオープンな場所なら自分でやるんですが、猫テラスの掃き出し窓と、その外に付けてある脱走防止の柵との、狭い場所の上の方に出来てるのでやり辛い。

まだダスキンの担当者さんが他の現場から戻ってこないみたいなので、今のうちに少しだけでも養生を進めておこう。

それにしても・・・

アライグマ、カラス、イタチ、蜂。
サンディが生きていた頃は青大将も居ました。

町中なんですけどねぇ。。。一応。

スポンサーサイト



テーマ : 日々のつれづれ   ジャンル : 日記

違うよね。

niwa8_20080718004045.jpg

12年前のちょうど今頃、夕方から朝にかけて咲く待宵草を撮ったものです。

まだ庭に生えていますが、27年ここに住んでいる間に、沢山の小さな菫からマツバウンランから、ポピー、通称猫じゃらしなど、色んな花が勝手に現れております。

今は、巨大化したランタナが2株ほどツボ庭にデーンと・・・

どこから種が来たのかなあ?もう数年生えっぱなし。

萩も生え放題。タイミングを間違って刈ろうとすると、全身種がくっついてえらい目にあっちゃいます。

しかし、雨は続きますね。。。

今朝は少し強めの雨がここを通りました。

氾濫するとまずい川の水位をチェックすると、黄色信号ともってる・・・

雨がやんでからもハラハラしながら、水位が下がるのをチェックしてました。

来週後半からやっとこの豪雨から抜け出せそうな前兆が現れるとのことですが・・・

ここから先が本当に大変です。

今日、これまで降った雨のせいで、庭に小さなため池ができてしまい、排水ポンプを持ってないので、自力で一人バケツを使って汲み出しては捨て・・・を100回以上やったのですが、それでもやっと3分の1ほど水量が下がった程度。

家を作るのに、もともと庭に作られていた「川のつもりで作ったのに水が抜けてしまって結局普段は枯山水状態」の深くて長い溝を半分埋め立て、残った半分は水が溜まっても出口がない状態になっていることに今日気づきました。

本来なら、それは庭から少しずつ排出されたり土に滲みこんだりしてなくなっていくのですが、今はその出口がまったくない状態。

しかも半分以上規模が小さくなったので、広く浅く溜まっていた水が、今は狭く深く溜まってしまって、かえっていつまで経っても乾きません。

雨が続いているせいもあるのですが、満杯になったため池から猫座敷の方へ水が溢れて流れてきているんです。

もしも、もっと大雨が長く続いたら大変。

ということで、どこかに溝を切って流してもらわなきゃいけないなあ。

しかし、バケツで100回以上って相当ですよ。

自分で言うのもなんだけど。

そして思いました。

この程度で大変なのに、豪雨の後片付けをされている方々のご苦労はいかばかりかと。

遅々として進まず、やってもやってもなかなか減らない水。

どうか、今回の予報が本当になって、もう豪雨から抜け出せるよう、心底願うのでした。

因みに、夫から担当者さんに状況を伝えてもらい、現場監督に見てもらうことになりました。

溝が切れなかったら、もう排水ポンプを買うしかないんでしょうけどねえ・・・

こういうことになることに気付かなかった。

うっかりだったわ。

ところで、昨日、やっとカーテンレールの取りつけ箇所確認をかねて採寸のため、家に入りました。

前回入った時は間仕切りがまだありませんでしたが、今は全部出来ていて、天井のクロスも大半が張られていました。
壁はこれからです。

内装工事の職人さん達に挨拶し、さっそく採寸。

ついでに「コンセントの位置も確認しておこうかな」と思ったので、打ち合わせ時の図面を持って行きました。

端から「うん、うん。はい、OK」

と見て回っていて・・・私の部屋をチェックした時に「あ・・・?」という点を見つけてしまった。

はい。違うのです。指定した場所にコンセントの穴が開いてない。そして不要な場所に開いている。

何度か見直しましたが、やっぱり違うぞ、これ。

確認して良かった。すぐ担当者さんに電話です。

業務の段取りを調整して、夕方担当者さん駆けつけてくれました。

一緒に問題の箇所をチェック。

やはり、図面通りの指示がちゃんとされてなかった可能性大とのこと。

でも、これはクロスを張る前だったので、場所の変更は全然可能だとのこと。

不要な箇所に開いてしまった所はそのまま使えるようにしておき、本来欲しかった場所に追加で設定してもらうことに。

ああ、良かった。

あと、また「ん?」という事に気付いた私。

「えーっと・・・うん、いいんですよ、いいんです。全然OKなんですけどね」

「何かありましたか?」

「えっと。打ち合わせでは、このドア(緑)より向こうは、天井の廻縁は必要だけど、こっち側は不要という話になりましたよね。でも、ほら、全部廻縁されてますね」

「あ・・・」

担当者さん、ちょっと蒼白気味でした。

「いえ、いいんですよ、廻縁、やってもらって全然私はOKです。リビングの廻縁、やっぱりあって正解だと思ってるし、それを家中にやってしまっても、個人的にはまったくOKなんです」

廻縁は大正ロマンを意識したエリアのみで、他は要らないかな~という結論で着工したのですけど、それでも元々好きな部材ですから、あっても別に問題ないんで、苦情を言ったのではないのです。

ただ、担当者さんは「ん~・・・」と渋い顔。

「ですよね。私がOKを出したとしても、問題は打ち合わせと違うことが現場で起こってる点ですよね」

「はい。実は、この点に関しては社内で何度も何度もミーティングをして確認したんです。大工さん自身が間違える筈はないですから。材料が届いた分を施工されてるわけであって・・・どうしてこんな事になったのか・・・」

前回の猫のライトの件は痛み分け。

しかし、今回のコンセントと廻縁に関しては、しっかり打ち合わせしてるわけですから、担当者さんとしては私がOKした事より、その通りになっていないことを問題視。

「家の中全部廻縁されても、私は全然OKですけど、行き違いの点については○○さんの社内の問題なので、そこはちゃんと原因を突き止めておかないと、また同じことがどこかで起こるかもしれないよね」

担当者さん、この点については早急に調べるとのことでした。

しかし・・・いいなあ、やっぱり廻縁。

担当者さんには悪いのですが、実は内心「家全体に廻縁すれば良かったかなあ」なんて、後になって思っていたんです。

なので、この間違いはかえって・・・

まあ、そんなこんなで問題点をお伝えしたわけですが、廻縁をされた部屋をしげしげと見ていた担当者さんが一言。

「なんか、いいですね、この廻縁。ん。いいなあ、これはいいなあ。他の方にもおすすめしたいです。ぜひ、採用させてください」

「へ?どーぞどーぞ、お好きにどうぞ」

だって、こんなの昔の家には普通にあるものですよ。
別に私が考え出したものではないですし。

今時は、部屋をすっきり見せるため、もしくは天井と壁のクロスが同一の場合、廻縁は不要というスタイルが多いので、担当者さんも殆どこの手の担当をしてこなかったのかもしれませんねえ。

特にこのハウスメーカーさんは重厚感だったりモダンだったりのカラーが強めなので、ちょっと懐かしい感じにするってのはあまりないようです。

最初の頃マネージャーさんに家のイメージを伝えた際「弊社のイメージには無いようなお家」と言われたのでした。

ところで、廻縁を希望した時に、細い板という注文をしたのですが、それは我が家には普通に使われていたので、どこでも採用してるものだと思い込んでいました。

ところが、意外とそうではなかったらしく・・・

結局、採用した細めの巾木(床と壁の繋目にある物)を天井にも使うことになったそうです。

それ、もともと床用なので、天井に付けるのに大工さんが結構苦労されていたらしい・・・

そんなに手の込んだ状況になっていたなんて、全然知らず。

しかし、思った通りのイメージでしたし、担当者さんにも非常に受けが良かったのでした。


さあ、カーテンレールの長さも出たし、モノを選んでカーテンも長さを出して注文して・・・

ペンキはもう決めたので発注済み。

そうそう、ピアノ室、防音材も仕込みが終わってました。

「これ以上部屋が狭くなることはもう無いですね?」と確認。

防音壁が厚いので、最初に見た広さより狭くなるとは知ってましたが、思っていたよりは余裕があって、ギューギュー詰めの感じにはならずに済みそうでほっとしました。

憧れだった白い格子の窓。その前に置かれるであろうピアノ。

クロスの色も白じゃないので、仕上がりまでちょっとドキドキです。






テーマ : 日々のつれづれ   ジャンル : 日記

丸2年。

taneko11_20200618111940e80.jpg

五葉の松の枝の上で船をこぐ三毛ちゃん。

最近、この家族に変化が出始めました。

家族が全員そろう事がなくなってきました。

特に、三毛ちゃんは単独行動で1日出会わないこともあり、昨日は猫テラスに誰もいなかったり、ご飯を食べに来たのがチーチーと茶四郎だけだったりして、気候のせいなのか、独立が始まったのかは不明ですが、敷地外に全員出ているようです。

新築の方にご飯を誘導しなきゃな~って思ってたのに、出会わなくなってくると難しいですね。

テラスはそのままにしてるので、今、茶四郎が寝ていますが、2日ぶりかな。

猫のことは猫に任せるしかない自由猫さん達ですが、とにかく元気でいてくれないとね。

ところで、今日で大阪北部地震から丸2年となりました。


niwa12_20180622001615c3a.jpg

前栽の灯篭が2台転倒していたり、屋根瓦が落ちたり、壁が割れたりして、完全な修理も未だ終えてません。

昨日は市の防災無線が鳴り、緊急事態のアラートが流れました。

でも、いつも思うけど、何言ってるのか全然わからんのですよ。

サイレンはよく聞こえるけど、何を喋ってるのかさっぱり。

あれ、何とかしてほしい。あれじゃ何も伝わりませんや。もっとよく声が通るように工夫してもらいたいです。


あれから2年後の今、引っ越しに向けて準備が始まっていますが、新しい家の保険も検討しなければなりません。

今の建物は、義父が昔から付き合いのあるJAさんで全部入ってるんですけど、今もそれを引き継いで続けています。

以前、満期になって継続の手続きをした時に、担当者さんから・・・

「これこれに保険が下ります。で、洪水も含まれてるんですが、洪水はまあ考えなくても大丈夫なんですけどねえ」

と、笑って言われてました。

私も当時は「そうですよねえ。洪水が起こる場所じゃないですもんね」

でも、特約の中に含まれてるのでそのまま継続しました。

しかし、今、あって良かったと内心思ってます。

確かに、大きな川が近くにあるわけではないけど、想定外が起こりやすい今日この頃。

どこから水がやってくるかわかりません。

ノーマークだった細い川から逆流して~とかねえ。

遠くの大きなため池が決壊したら~とかねえ。

わざわざ少し高めに盛り土をしてもらったり、小屋裏を作ったりしたのですから、保険もやはり洪水まで含まれている物を選ぶべきだと思いました。

JAさんで入るかどうかは決めていませんが、税理士さんのオフィスが保険も窓口業務としてなさっているので、相談はしておきましょう。


☆手違い・・・

コーディネーターさんがノリノリで勧めてくださった猫のライト。

外壁に付ける物なのですが、先日担当者さんと外構さんとの打ち合わせで手違いが判明。

「あれ・・・あの壁に空いてる穴は何ですか?」と私。

「あれは・・・猫のライトを付ける場所ですね」と担当者さん。

「え・・・あの位置に付ける話はしてなかったと思いますけど。下の方をイメージしてコーディネーターさんと盛り上がってたんで」

3人ともその場に佇んで、それぞれが頭の中で猫のライトがあの高い位置に付いた場合の情景を想像。

「違和感ありますね。猫が座ってるデザインになってるので、宙に浮いたようになってしまうかなあ」と外構さん。

「確かに、カタログ見ても、下の方に付けるイメージで載ってるので・・・」と担当者さん。

「私、猫部屋の窓の傍に~と言ったら、コーディネーターさんが【お部屋の猫ちゃんとこのライトの猫ちゃんの姿が重なったら素敵!】と盛り上がってらっしゃったし、私もうちの子達の横に振り返った姿のこのライトがあったら面白いな、目線が合ってるみたいになるなと思ったのですけど。上の方に付ける想定であの話をしてたつもりはないです」と私。

3人ともしばし沈黙。

「でも、最終的に位置確認のダメ押しをしなかった私が悪いです」と言いました。

棚の奥行きとか、室内のブラケットランプの位置とかは確認したのですけど、この猫のライトに関しては私は確認してなかったんです。

下の方に付くと思いこんでいたもので(汗)

「いや、これは確認すべきところをしてないうちのミスです・・・」と担当者さん。

えっと・・・

壁に開いた穴はもう塞ぐことは無理。
配線ルートも決まってしまってるので、本来付けるつもりでいた場所にってのも無理。

でも、このライトをあんな上の方に付けて、目立ってしまうのは嫌だし。

うちの子達とのコラボもこれは意味が無い~~。

ということで、猫のライトは付けないことに。

でも、配線されちゃってるので何かつけないと穴が開いたまま。

仕方ないので、ライトを選び直しました。

こんな事あるんだなあ・・・

まあ、室外の事だからいいけど、室内で手違いがあったら流石にダメですよ。

「助けて頂いてありがとうございます。付けてしまってからだったらもう・・・」と担当者さん平謝り。

しょうがないなあ。お互い確認ミスだったということですからね。

外構さんとは洗濯干し場の足場の件、お手水鉢や台座、植木の場所の確認など行いました。

それをやってる最中に、誰かのお宝が転がってるのを発見。

「こういうのは我々は想定内です・笑」と担当者さん。

「一つ気がかりな事が。ここからここまでコンクリートを張りますが、軟らかい間に猫ちゃんの足跡がついてしまうかも」と外構さん。

「ああ、ぜーんぜん大丈夫っ!」

「あ、むしろ付いてほしいくらいですか?」

「はい、大歓迎・笑」

「それならこちらも気が楽です」

どんどん付けてもらって思い出増やしたいくらいだもん。

あとは表札のデザイン等の選択。

カーテンレールやカーテンの高さ等の計測は、出来るタイミングが来たら連絡を貰うことに。

パナソニックさんの自分で塗るドア3枚は既に到着済みと判明したので、梱包は解かないでそのまま置いてて欲しいとお願い。

梱包解いたらすぐ塗るようにってパナさんは言うのです。

それは無理だし。

梱包解かれて吊り込みされちゃったら、そのドアにまた梱包しておいてもらって~とか、外して塗りたいから2度手間になるし~と。

問題は、最初の吊り込み作業が素人2人で可能かどうか?って事なんでしょうかね。
担当者さんも外構さんも「調整がねぇ・・・」と言われてたので。

とりあえず、枠もドアも全部塗れたら担当者さんにヘルプの電話を入れることにしました。

ペンキの緑はまだ決定打が無く、新たに2色取り寄せ中。

ここが決まらんと本当に他も決まらない。

もう、緑を探す旅からいい加減戻りたい・・・。

梅雨も本格化。梅雨前線が活発だそうで、大雨の注意報もあちこちで出ていますが、豪雨災害まで至るような事にならないよう祈ります。

なんかあちこち地震も多いしなぁ・・・とにかく気を付けましょう。


テーマ : 日々のつれづれ   ジャンル : 日記

玄関開けたら・・・。

taneko7_20200612163900cee.jpg

縁台で寝るチーチーの横で、ご飯を食べるなるとパパ。

写真を撮ろうとしたら、降りてしまいましたが。。。


taneko8_20200612163902009.jpg

「俺、まだ飯の途中なんだよ」

と、じーっとお皿を見ているのでした(=^・^=)

この縁台、チーチー一家にゴンちゃん、なるとパパに金太郎、そして元気だったトラがお手水鉢に乗るために後ろ足で蹴ります。

元々「人間の体重に耐えられる状態ではないので、乗らないように」と猫社長さんから注意されているのですが、さすがに猫の体重は大丈夫と言っても、度重なる蹴りに少し傷んできています。

近いうちに補強した方がいいかもなあ。



今日は、以前ある事がきっかけで取りつけた防犯カメラとセンサーライトの移設に関して、アルソックさん&現場監督さんを交えて最終確認がありました。

その後、初めて工事中の家の中へ。

まだ間仕切りは全く無い状態なので、監督さんが「この辺りがドアで、この辺りがお風呂で~」と丁寧に説明してくれました。

印象としては・・・

「玄関開けたら○分でご飯」という感じの奥行きですね(^^;)

元々、ご飯の後にリビングで寛ぎながらテレビを見たりしないつもりで、「リビングはこじんまりしてていいです」と言いました。
なので、間取りもそのようになったわけですが、図面上と実際の広さの印象の違いは結構あるなあと感じました。

図面を見てあれこれ考えているうちに、何となく自分の頭の中のスケール感が狂っていたようです(笑)

まあ、家具の大きさとか配置はもうすべて決めているので、間違いが起こらなければきちんと収まるでしょう。
当たり前の話ですけど。

ピアノ室も、防音壁が厚いので、見た目より縮まりますが、それでも狭苦しい~~~とまではならなさそう。

猫部屋の窓は一番大きな窓なので、向こうから来る人達がすんごく良く見えました。

そして、母屋より明るい。それが嬉しい。

この家で上手に工夫しながら、散らからないように綺麗に生活していきたい。

洗濯物干し場の場所も確認したけど、やはりかなり狭くなってしまってました。

しかし、ここも工夫して。

少し不便な所があっても、それをむしろ楽しめるようになりたいです。


P1100764.jpg

壁が1日で仮組みされ、それから10日後には瓦もすべて乗っかりました。

あまりに早くて「びっくりした」と監督に言うと笑ってました。

今は工場でパーツごとにセットされ、電気の配線も組み合わさって配送されるのですって。

「なので、電気屋さんは、この用意された線をただ配るだけという感じなんですよ」

ほう。。。

すんごい合理的。だから、スピードも早いんですねぇ。

あとは、エアコン等重さのある物を取りつけるのに、下地の板がここに入ってるだのの説明。

私自身も、転倒防止の為とか、飾りたい物が少し重さがあったりして、下地の板の追加をお願いした部分もあるのですが、それ以外の場所は、すべての壁が長方形の格子状に板の桟が入っていました。

「ってことは・・・あの桟の部分を見つけることが出来たら、ネジを打ってもいいってことですね?」

「そうですよ。」

そうだったのか・・・そんな構造になってるって知っていたら、壁一面に下地板は要らなかった部分もあったかも。

「じゃあ、見つけなきゃいけないんですね、場所」

「見つける道具ってのがあるんですよ。それも引き渡しの時に差し上げますから」

な、なーんと!

それなら「もうこの壁にはネジ打てんなぁ・・・これ、付けたかったんだけどなぁ」と諦めなくてもいいではないか!

絵とか時計とか平たいものは、10キロまでOKの石膏ボード用ネジを20本ほど貰えるんですが、アイアン製の猫雑貨や壁掛け花瓶とか、木製のシェルフみたいな出っ張った物はやめた方がいいらしいので、最初からこれは絶対ここに付けます!と判ってる部分だけ、下地板の追加をお願いしたんです。

でも、桟が判ればもっと色々使える物が増えてくる。ありがたや。

月曜日は、担当者さん(緊急事態宣言から会ってないなぁ)と外構さんとで、庭の打ち合わせ。

思えば、着工から既に2か月ちょい経ったわけです。

あっという間の2か月ちょっと。

あと1か月半後には引き渡しらしい。

そっからがまた大変ですけどね、引っ越しの準備諸々あって。

とりあえず、それより先にどこかのタイミングでカーテンレールの長さは計らせてもらおう。

それだけは真っ先に付けなきゃ丸見えですから(^^;)


テーマ : 日々のつれづれ   ジャンル : 日記

ん~なんか違う。

P1100666.jpg

GWが既に始まっていたことすら知らなかった私。
外出自粛が続く中、相変わらず家の中であれこれやってますが、昨日は取り寄せていたペンキの試し塗りにトライしました。

取り寄せたのは4色。

事前に色見本30色のシートを購入して、数か月検討した結果の取り寄せだったのですが・・・

ん~塗ってみると印象が違うなあ。

写真の写りがいまひとつで、余計に実際の色味が出てないのがナンなのですが・・・

一番上は「あたたかみのあるアイボリー」という説明でしたが、塗ってみたらどうみても白。
アイボリー感は私の目には感じられず。

2番目は、「上品なミルクティーの色。あたたかなベージュ」とあるのですが、ミルクティー色より小豆の薄い色に感じてしまう。
それにベージュってこんなのだっけ?

3番目は「ビスタチオの色。ふわっと薫るグリーン」とあったのですけど、これはすみません、写真の色が実際と一番違って写ってしまってます。
実際は確かにグリーンがはっきり判る色でした。が、悪くないんですが、パステル調っぽいので、ん~悩みどころ。

自室には向いてないかなあ・・・

4番目は廊下の途中にあるドアに使いたかったオリーブグリーンですが、これも写真より実際の方がもう少しグリーンが判ります。

でも、私が「こんなグリーンのドア」と思ってるものよりは、やはりちょっと違うのだろうか。
何となくセルリアンブルーが透けて見えるような色味に思えます。

これも悪くないし、使ってもいいかなとも思いましたが、イメージより青っぽいのがなあ。

これは保留かなあ。他のメーカーのペンキを使ってまた試してみましょうかね。

設置するパナソニックさんの自分で塗るドアシリーズは、市販のペンキもOKとカタログにあったので、もう少し幅広く色を探してみることにします。

ちょっと微妙な色合いって、選ぶの結構難しいんですね。

このドアはもう誰も住んでいない建屋のドアで、事前に綺麗に汚れを取り、ミッチャクロンというプライマーをスプレーしてからペンキを塗りました。

ツルツルしてる合板タイプだとペンキが弾くそうなので、プライマーが要るかなと思って。
ミッチャクロン等のプライマーを事前に塗装することで、ペンキがしっかり密着し、剥げにくくなるそうです。

しかし、これがまたシンナーのきっつい臭いで・・・
30分もすれば臭いも飛びましたが、なかなかハードです。

ペンキを塗るのも初体験に近い。
事前に勉強していた塗り方をしようと思ったのに、最初は何だか焦ってしまってムラムラに(笑)

元々古いドアのせいもあって、表面もガタガタしてるところがあったり、ミッチャクロンが斑になってしまってたみたいな箇所もあったのか、白いペンキの部分は一部変にざらついてしまいました。

しかし、残りは綺麗にピタッと塗れました。
今回は全部ローラーで。刷毛の練習は次回から。

取り寄せた缶は一番小さな120グラム。2度塗りしたら0.4㎡で空っぽになる量なのですが、本当にそうでした。
全然残らず~(笑)

次はアサヒペンのペンキからいくつかチョイスしてみたいと思っています。

しかし、難関はドアノブ等の養生でしょうか。

鍵付きにしたドアもあるので、取り外して塗るってのはちょっと・・・
なので、このまま上手いこと養生をきちんとやって、綺麗に塗る練習をせねばなりませんね。

ドアの枠も自分で塗らなきゃいけないし、細かい練習はまだまだ盛りだくさん。

この建屋をあちこり塗りまくってやろうと思います。

テーマ : 日々のつれづれ   ジャンル : 日記

猫のようには・・・。

taneko3_20200415130816673.jpg

井戸の蓋の上で太陽を浴びてごろんしているゴンチャロフ。

外出自粛を言われても、ゴンちゃんのようには人間はできません。
そう単純な話でもないですよね。。。

仕事柄、どうしても外出する日がありますが、まだよそ様に比べたらものすごく頻度は少なくて済んでいます。
あとは、買い物の外出もありますが、一度行ったら出来るだけ色んな物を買っています。

買い占めではないですが、買い物の頻度を減らそうと思うと、いつものように「また今度でいいや」とはいかないので、これはある程度仕方ないかと思います。

と言っても、ワタクシ、運転免許を持ってませんので、あくまでも自転車で持ち帰ることが可能な量に限られております。

食材は冷凍品、もしくは冷凍しても大丈夫な肉類、魚類を多めに買って、肉類は味噌漬けにして冷凍保存したり。
野菜は根菜を多めに買ってみたり。
あと、乾物も多めに買ってます。缶詰も。

おかずが足らなくなった場合の事も考えて、炊き込みご飯の素も数種類ストック。
万一、卵焼きしか出来なくても、ご飯に色々混じってますから、ま、いざという時は良いだろうと(^^;)

それにしても、またトイレットペーパーが並ばなくなっています。なんだろうなぁ・・・。

あと、周辺で極端に無くなっているのはスパゲティとそのソースですかね。
カップ麺の方がまだたくさん並んでいるくらいです。

さて、この自粛がいつまで続くか不安もありますが、家の中で過ごすことに対してのストレスは、幸い引きこもり気味の生活をしている私には、まったくもってありません。

かえって出かける方がストレスになってるくらい。これは自粛以前の個人的問題によるものです。

建築現場は、今日は地盤強化の方法を再確認するためのボーリング調査が行われている最中です。

現場に来る人も、1~3人程度と非常に少ないのですけど、発注をかけなきゃいけない外壁等の建材は、静岡の工場宛らしいので、そこがどうなるかで引き渡し時期もずれちゃうことがあり得るかもなぁと思います。

現場より工場の方がやっぱり人が多いですもんね。出勤人数を極力減らすことによって、生産スピードも当然落ちると思いますし。

こればかりは、私達よりハウスメーカーさん側の判断によるところが大きいと思っています。


ところで、家にいる間に出来ることをやっておこうと思い、色々と準備を始めました。

まず、ガラス絵の具で絵を描く練習(笑)

居室に明かり取りの窓を設置したのですが、当初の希望は猫をモチーフにしたステンドグラスを嵌めたい~でした。
ところが費用を聞いて却下~~!!!

んーかくなる上は自分で何とか出来ないかとなって。

色々ネットで見ていたら、ガラス絵の具で似たように出来るってあったので、ダイソーに行って買ってきて、まず練習をば!

となったわけですが、線を真っすぐ、もしくは滑らかな曲線にするのは、不器用な私にはなかなか難しい。
ガタガタになるんですよ。しかも、同じ強さで絵の具をボトルから出すのもコツが掴めない。

うっかり強弱がついちゃって、しかも下絵の線からはみ出したりして、太かったり細かったりギザギザによれちゃったり(笑)

色を付けるのも、綺麗に隅っこまで伸ばし切れてなくて、隅っこが残ってたり、気泡を潰し切れてないのが見つかったり。
惨憺たる有様ですが。

しかし!絶対自分で描いてやる!と決めたので、ひたすら練習あるのみ。
きっと慣れの問題でしょうから、いつかはスムーズにできるようになる筈だと。

ガラス絵の具でそこそこ合格点が出せたら、もっとステンド調になる別の絵の具を買って挑みたいと思っています。

その前に、下絵をどうするかという最大の問題が・・・(^^;)自分で描けないので、自分ちの子をどうやって下絵にするか。


あとは、午前中にドアに塗る予定のペンキが届いたので、明日から練習に使う不要なドアの掃除を始めて、色味を実際に確認したいと思います。

4色取り寄せたのですが、一番小さい缶を頼んだので、0.4㎡塗ったら空っぽになりますが、それ以上大きな缶を頼むとえらい事になるので、まずはこれで確認と。

その前に、ツルツルしてるドアなので、ミッチャクロンを塗ってからでないとペンキは塗れません。
ミッチャクロンはコーナンにて既に入手済み。

専用バケツやローラー、刷毛、養生テープ等セットになってるのも一緒に買ったので、準備は万端。

あとは、コーナンで売ってるペンキでとにかく綺麗に塗る練習を重ねましょう。
ガラスの養生やら、細い部分を綺麗に塗るなど、不器用な私には勉強しておくことが一杯です。

これらの勉強・練習に明け暮れるため、外出自粛でストレス溜めてる暇もない。

次の家で使う家具も少しずつ買い始めています。

そういうのもネットで検索する時間が結構必要なので、あっという間に1日が過ぎてしまう。

家具屋さんって、昔みたいに市内で探すことが難しくなりました。本当に減った・・・。

なので、大半がネット中心の買い物になってますね。
本当は実物を確認してからにしたいところですけど。。。

さ。猫達も昼寝にいそしんでいるようなので、今のうちにやること頑張っておきましょう。







テーマ : 日々のつれづれ   ジャンル : 日記

 いらっしゃいませ
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん
chichan1blog.jpg
月乃
tukinoblog.jpg
白田君
sirotakunblog.jpg
茶太郎
cyataroublog.jpg
グレコ
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード