FC2ブログ

おいおい~~。

taneko54.jpg

今朝の前栽。。。

トイレに入っていたら、廊下でくしゃみの音。

「あれ、チーチー、くしゃみしてんの?」と思って出て見たら、そこにいたのはなんとトラ!

こっちに入って来たことなかったのに、チーチー一家のために開けてあった掃き出し窓から廊下へ入って、残っていた一家のご飯を食べようとしていたのでした(@@)

普段、キッチンへやってくるトラ、一体何考えてたんだか・・・

とりあえず、ここに来てもらっては困るので離れてもらおうとしたのですが、結局猫座敷の床下に潜ってしまいました。

でも、すぐキッチンへ回ってきてくれたので、そこでいつものようにご飯を食べてもらいましたが。

写真はその時の様子。意外にチーチーは何も言わず。チビ達はちょうど前栽で運動会の真っ最中で、トラの存在には気づかないままでした。


taneko55.jpg

縁台にもう一度登ろうとして近寄ってきたトラ。

流石にこの時はチーチーが「おい!」というムードを出したので、トラも「う・・・」となってました(笑)

もう、こっちに来ないでくださいよ~チビがいるんですから。

可笑しかったのは、トラの顔がチーチーの顔の2倍の面積があったことです(笑)
元からでかいのもあるし、チーチーが小顔なのもあるけど、うわ~違い過ぎる・・・と並んだ2にゃんを見て思ったのでした。


さて、昨日は午後からハウスメーカーの担当者さんとリクシルに見学に行きました。

好みの感じのドアをリクシルで見つけたので、実際に見に行くという話で行ったのですが、まず説明されたのは水回りから。

キッチン・カップボード・トイレ・洗面台。

別にリクシルで統一する気はないのですが、一応これこれとその場で何となく選択し、その見積もりを出してくれることになりました。

しかし、はっきり言って、部分的には使いやすいと思っても、部分的には気に入らないというのがあって。

リクシルだけで選ぶわけではないので、ハウスメーカーさんが最初に設定しているであろう会社の物も見てみないといけません。

実際、トイレは見積書の中ではTOTOになってましたし、お風呂もハウスメーカーさんオリジナルの物だったはずだし。比較は必要ですね。

んで、やっぱりどうしても嫌だな~と思ったのはカップボード。

私はガラス扉の開きの食器棚にしたいのですが、最近は「すっきり収納」がいいらしく、食器を見せないタイプが圧倒的に多い。

そして、引き出しに食器を納めたりする場合もあり、私が好むものは一切ありませんでした。

ガラスじゃなければアクリルで半透明であるのですが、それは違う。。。

私は食器が見えていて欲しいのです。

100均で買った物も、猫雑貨屋さんで買った物も、和食器屋さんで買った物も、プレゼントで頂いた物も、とにかく自分が使いたいと思っている食器は、見えてる事で目が楽しいと感じるため、隠してしまうのは嫌なのですね。

しかし、無いんだなぁ~最近。

なので、ここはもしかしたら自分で工房に注文して設置してもらう割高な方法を取らざるを得ないかもしれません。

ショールームでしげしげ眺めて、実際に開け閉めしてみて、食器を出し入れする場面を想像して、そこで料理をして器に盛って~の作業を想像してみて・・・楽しくなかったのです。

長い時間、嫌々渋々使うことになるくらいなら、気に入った物を他で探すか作ってもらうしかありません。

自分の家なのに、自分が好きじゃない物に囲まれてしまうのは・・・まだ妥協するには早すぎる!

ということで、何でもいいやんとは言いたくありません。

あと、他の設備にしてもそうだけど、やっぱり「このランクにはこの中から取っ手を選びます」とかになりますね~。

これまた好きな取っ手は一切無し。見積もりなのでお勧めの一般的な物を選びましたが、これも楽しくない。

怒られるかもしれないけど、つまらないだけでした。

高いとか安いとかじゃなくて、どうしてこう個性がないのだろうという寂しさ。

もっとラインナップを豊富にできないのかなあ。

家を建てた方のブログなんか見ると、私が好きなタイプの建具とか取っ手とか付けてらっしゃるのに。

小さい部分ほど好みに忠実にした方が、私は納得感が増えると感じています。

さて、問題のドアは・・・

最後に見に行きましたが、ちょっと濃いかなあ。グリーンの色が。

それと質感が思ってたのと違った。

その場で担当者さんと、ショールームで合流した営業さんが「パナソニック・・・自分で塗るドア出てますね」とパソコン見ながら新情報を垂れてくれました(笑)

ええ、自分で塗る!?

好きな色に自分で塗ることが出来る開きのドアが出てるそうで。

ん~いいかも・・・それ。

自分で塗るのは失敗もするだろうけど、塗ってもらうことも出来るんだし、何より好きな色に出来るってのが。

決まった色から選ぶよりも、好みに絶対近づくに違いない。

引き戸も同じようにできるなら、間口の調節がハウスメーカーさんの設定してるサイズに合うのなら、全部これで統一してもいいなあ~~。

おまけに、好きな真鍮色の取っ手も新たに出てるではないですか!

ああ、これはここのショールームに行かねば!!

担当者さんと営業さんは私に「うちのドアを好みの色にプリント張り替えてもらう方が簡単で費用もあまり高くならないかもしれませんね」と言ってらしたけど、出来るなら私はペイントの感触が欲しいので。

選択肢としては今のところ3つ。

リクシルのこのドアをそのまま採用する。

ハウスメーカーさんのドアの色を変えてもらう。

パナソニックのドアで自分で塗り替えるか、ハウスメーカーの大工さんに塗り替えてもらうか。

塗ったという質感が好みなので、希望は3つ目かなあ。
ショールームでどんな質感になってるのか見ることが出来て、いいなと思ったら、もうドアはパナにしてしまおうかなあ。

取っ手も好みだしなぁ~~~。

私の中での懐かしい感じにとても近くなる。

でも、今どきのシルバーの取っ手とか、凝ったデザインの取っ手には思い入れが無いので、特に何の感情も沸いてこないし。

取っ手にしても、窓枠にしても、眺めていたくなるような、そんな思い入れが持てるようなものにしたいです。

そして、それは私の中では、オシャレとかスタイリッシュとかではなく、やっぱり素朴感・・・ですかねえ。

少し時代を遡ったかのような。そんなニュアンスが少しあればいいなと。


早速、午前中に担当者さんに電話して、今の気持ちを言いましょう!


あとですねえ・・・平屋のリスク・・・最近の水害で心配になりますね。

ハザードマップでは一応大したことにはならない地域になってますが、それでも猫が居る間は必要以上に心配するのもしょうがありません。

屋根裏を活用する方法を検討することになりそうです。
2階建てにするのは、生活面でのしんどさも出てくるし、住みにくい間取りになってしまいますし。

近くにペット可のワンルームマンションでもあったら、グレ達が居る間だけでも借りるという手もあるけど、そういう物件がすぐ傍にはない・・・ワンルームで十分なのに、ファミリー用になってたり。家賃高すぎますもんね(--)

何とも言いようのないしんどさ。どうか、もうどこにもあんな凄い被害が出ないよう祈るしかありません。
スポンサーサイト



テーマ : 日々のつれづれ   ジャンル : 日記

終了~~。

taneko39_201908252356271f8.jpg

はァ~~終わった終わった、最後の法事が終わりましたぁ・・・。

準備に1か月半ほど要したけど、家で法事をやると毎回こんな感じでものすごい労力を伴います。

しかし、それも今回で最後。
最近は七回忌で終わる家も多いようですし、我が家もその方向へ。

雨が思いのほか続いたので、最後の2日ほどは予定が狂ってしまったけど、庭はほぼ綺麗。
家の中もOK。

私はもう今回は完全裏方で読経の席にも居ませんでした。

読経の後の食事の準備は戦争状態。
その間に、夫と一族ぞろぞろと15人、分骨のお墓参りに行ってもらい。。。

その場で、そのお墓群を墓じまいすることを夫から説明したようです。

最近、自分達で雑草等の処理ができず、畑と一緒にお墓の雑草も便利屋さんに頼んでいます。

どのみち、祭祀承継者の夫が居なくなったら、血族の誰かが引き継ぐよう、遺言書に書いてもらってますから、「墓じまい反対!」なんて言える人はいない筈と踏んで・・・(笑)

だって、それを言ったら「じゃあ、お前やれ」って言われるだけですからね。

案の定、反対は出ず。既に業者さんとお寺さんとで相談も始まっているので、年末までに動き出すようです。

大小取り交ぜて十幾つの墓がある分骨のお墓。大変です。。。

ちょっとした庭を掃除するくらいの雑草取り。もうしなくていいと思うとほっとします。

本来のお墓(京都)へ移すのはいつになるかわかりませんが、大体何体出てくるのか、その場でお墓を開けてみないとはっきりしないとのこと、これもまた恐ろしい話ですが、いつまでもここの世話は出来ませんから、何とかうまく運ぶといいなと思います。

あとは、母屋自体も北部地震の影響もあって、傾いていること。
あちこち隙間があるので、お客さん達もよくわかってくれたでしょう。

この家もあと5~6年もつかどうかわからない状態という言い方を夫がしたようです。

みんな「仕方ないな」という反応だったそう。あちこち写真を撮ってる人もいたらしい。

本当の理由は、まあ、危ないってのもあるけど、いつまでもお守りできませんから、猫が居なくなったら潰しますってことなんですけど(^^;)


さて、これからは今から建てる家の事を詰めていかねばなりません。

法事の準備に追われて、あまりよく考えられなかったので、月曜日にリクシルに見学に行くまでに、質問事項・変更した箇所等纏めなければ。

今日は足が棒のよう。しっかり眠って明日一日かけて考えましょう。

ところで、人がたくさん来てびっくりしたであろうチーチー一家。

猫座敷から少し覗いても姿が見つからなかったのですが、法事をしている座敷からは隠れている様子が見えたそうです。

写真は2か月前のものですが、この井戸の蔭に隠れていたそうです(^^;)

ただ、チビ2匹は佐助稲荷に登ったりもしていたそう。

途中でご飯を出しに行ったら、ちゃんとやってきました。座敷の方を気にしながらですが、みんな食べてくれました(^^)


ということで、お疲れさまでした、私(笑)

テーマ : 日々のつれづれ   ジャンル : 日記

もうこれきりで。

taneko49.jpg

台風19号のあまりに大きな爪痕、報道で見て愕然とする思いです。

被害に合われた方々にお見舞い申し上げます。

そして、私の猫友さん達も大丈夫だったでしょうか?

関東方面だけではなく、かなり広い範囲で暴れまくった19号。

動物たちと暮らす場合、自分以外の事も考えて動かなければならない分、台風対策大変だったと思います。

本当にこんな台風、もうこれきりで!

年々増加するに違いないという話がもっぱらのようですが、そうなったらそれに立ち向かえるだけの術を手に入れられるのでしょうか。

ただただ耐え忍ぶだけでは、いつか住めない国になってしまいそうで。考えたくありませんけどねぇ、そんなこと。

温暖化の事がよく言われますが、因果関係がはっきりしないという人達もいらっしゃるし、でも海水温がいつまでも高い、東京湾にサンゴ生息なんて聞くと、やはり異常なのだと素人でも思います。

昨年、大阪で台風21号の被害を受けた身としては、今回の19号、同等かそれ以上との噂。

しかも暴風圏が半端ない広さ。もう怖くて仕方ありませんでした。

かなりトラウマになっているので、ちょっとした強めの風の音にもビビる今日この頃。

コースがどこになるのか定かではなかった時から、東海・関東へ~という流れになった時までまったく落ち着きませんでした。

そして、大阪以外にいる猫友さん達の安否。
台風が通り過ぎた後は、ひたすらテレビを見て、どこにどういう被害が出ているのかずっと見ていました。

どこもかしこも酷い有様ですが、一番心配になっていた東京のゼロ地帯に住む友人。

犬や猫を数匹抱えているので避難は出来ないと以前から言ってましたが、いよいよ避難勧告が出された後、「2階に上がった」というメール。

河川氾濫の危機に見舞われたのですが、朝メールが来て、ライフラインも無事、全員無事、今から仕事~という内容が。

ほっとしました。

ともかくも、皆さんと大事な家族に何も無かったと信じております。

しかし、関東を通り過ぎた後の惨状は・・・あれほどたくさんの町が川になってしまっているのは言葉がありません。

どうか一日も早い復旧を・・・と願うしかありませんが、治水に関しては再考せねばならないことが全国的にありそうですね。

ここは大丈夫と思っていても、自然のすること、人間には計算し尽せません。

1年を通して、何だか過ごしにくくなった日本・・・そんな気がしてしまいます。

さて、私の台風対策はと言えば、今回は西側であるものの、21号の時よりも接近時のヘクトパスカルが違う!
暴風圏巨大!

ほぼ同じくらいの強い風が突然吹いてもおかしくない。
実際、大阪の気象予報士さんも陸上35メートル予想をされてましたもんねえ・・・

ああ、土塀が倒れた時と同じくらい?ぞっとします。

しかも、北側は昔の木の枠の桟で、2ミリ程度の薄いガラス戸ばかり。雨戸もありません。

怖すぎます・・・

ということで、室外室内ガムテで米印。
その上から置いてあった段ボールを貼り付け、カーテンを閉めました。

当然、北側の細かなものは撤去。何も飛んでこない状態に。
温室周りも大掃除。お蔭で?法事前の掃除もついでに進んだ・・・。

心配だったのは、チビ達を抱えているチーチー一家。

暴風が吹いたらどこかへ隠れてくれるだろうか?
家の中に入ってくれるかなあ?

と思ったのですが、お昼ご飯を出した後はみんな庭に行ってしまいました。

暴風のピークはまだ先だったので余裕があったのですが、私としてはもうどうしようもありません。

「ちゃんと判断して子供を守るんですよ」とチーチーには言って聞かせていましたが・・・。

で、いよいよ時間的にもピークらしい時がやってきました。

やっぱりビュ~っていう音は嫌い。怖い。木の枝が大きくしなるたびにオロオロ。

そして、チーチー達が心配で縁台を見に行きました。

そしたら、縁台で3匹お腹を出してぐっすりお休み中なのです。

ええ???って思いましたが、なんてことはない、北側でどんなに風が吹こうが、縁台は南側。

おまけに、鶴の間が猫座敷よりもかなり出っ張っており、また縁台のすぐ西には2階建ての蔵があったせいか、ここはしっかり守られて、北側の庭木がしなっているのに縁台周辺の木々はほとんど動いていないという状況だったのです。

なんと・・・まあ・・・

確かに母屋自体がでかい建物なので、すっかり蔭になっていたのが大きかったのでしょう。

私一人、風が唸るたびにヒーヒー言ってたのに、チーチー一家はまったく影響を受けてなかったのでした。

まあ、それで私も心配が減って良かったのですけど。。。

さすがに北西に風が回ってきた時はどこかへ潜り込んだようで、姿が一瞬消えました。

でも、わりとすぐに戻ってきて、夕ご飯・・・。

その日は夜も風が強いということで、テラスを解放しておきました。

3匹、テラスで一泊してました。

写真のペーは、暴風圏に入った時にも食べに来ていました。トラも来てました。

白田君とグレコはタイミングを見て来てました。

なると君もかな。茶太郎も無事。

結果、ここは暴風圏という言葉で言うには足らない、弱めの風・・・で終わったようでした。

でも、後ろのお宅にあるクスノキはあまりに背が高く、それが風で揺れるのを見ると「いよいよ来たか・・・」と怖くなります。

19号は21号及び15号クラスと言われていましたが、雨に関してはそんなものではなかったですね・・・。

こちらは、雨は普通の雨程度でしたが、こんなにすごい雨量は信じられません。

本当にどうか早く復旧できますよう、そして更なる雨による被害が出ないことを心からお祈りしています。




テーマ : 日々のつれづれ   ジャンル : 日記

やはりそうしよう。

P1100273.jpg

以前見学に行った住宅展示場の1コマ。

この窓もいいなぁ。壁の色も嫌いじゃない。

しかし、2階テラスにドラえもんは要らないな(笑) 好きだけどね。


太陽光パネル&蓄電池の件を再考した結果・・・

担当者さんに中止の連絡を今、入れました。

色々シミュレーションまでお願いしたばかりなのに。

でも、ソーラーパネルとポータブル電源を家の中に用意する方法をやっぱり選ぶことにしました。

断りの最大の理由は、後期高齢者の独居老人になってからも面倒見るのは重い・・・ということで。

カスタマーセンターに全部丸投げするシステムもあるそうなんですが、それでも自分がやらなきゃいけない事が出来てないとね。

連絡することすら忘れてしまってたら~とか。

ボケるつもりは毛頭ないけど、うっかりが増えないとは言えませんので。

それにやっぱり維持費の負担も大きい。

担当者さんは「お考えを第一に尊重することになっていますので、大丈夫ですよ」とのことでした。

ここのメーカーさんは、今は8割がた太陽光パネルを乗せた家になってるそうなんですけど。

時代に逆行するかもしれない我が家ですが、「面倒くさい、しんどいと思うものは取り入れない方が確かにいいかもしれません」と言われました。

昨日も、あれこれ更に調べてみると、コントローラーも10年ほどで交換の義務?みたいになってるらしいし、パネルの部品も交換必要だし、パネル自体のケアの費用も定期的に必要となると~大変よね。

売電目的の方達、本当に元が取れてるのだろうか?と思うくらい、考えてなかった費用が色々。
廃棄処分代も、そろそろ積立の義務化が考えられるらしいし。

まあ、ともかくも、これでパネル40万、蓄電池100万はカット。

今、千葉で起こっている広範囲の停電騒動。一日も早く復旧してもらいたいと大阪の私も気を揉んでいますが、大阪だって長期の停電がいつ起こるかなんてわかりません。

太陽光パネルを乗せてないお家は、今どうされてるのだろう?

と、千葉の被災者の方のツイッターなんかを覗いてみました。

そしたら、3万ほどで買ったソーラーパネルで充電したり、扇風機を回したりされていて、「弟が勝手に買って邪魔だと思ってたのに、こんな日が来るとは」と書かれてました。

ん、我が家もこのパターンにしようと、ますます思ったのでした。

家の中に保管できると、カラスの投石とか暴風で何かが飛んできて傷が・・・ってのはまあ、防げるし。

折り畳める奴を買うつもりなので、収納も楽そうだし。

太陽光パネルと蓄電池をやめたお金で、更に猫砂やらシーツやら、暖を取れるもの、ヒンヤリ出来る物をたくさん保管すべし。
ご飯もね。水もね。
そのスペースもピアノ室を少しだけ縮めて出来ると思う。

その点は、次回会った時に最新図面を見ながら相談しましょう。




テーマ : 日々のつれづれ   ジャンル : 日記

もともとは。。。

taneko34 (2)

昨日、初めて保護器の踏み板をセットして様子を見てみました。

アジのフライを少しだけ置いて。

三毛ちゃん、普通に入って踏み板踏んで、扉がほんの少しガタンと言っても気にせず食べました~~。

その後、2度目はチーチーが入って踏んでしまい(捕まったこと忘れたか?笑)。。。

でも、何となくうまくいくかもしれない?と思いました。

ただし、どういうタイミングで・・・というのがねえ・・・

当日の朝からトライするのは難しいかも。

夕方、猫社長さんと職人さんが、蔵の壁の修復をどうするか見に来られたのですけど、ちょうどチーチー達がいつもいる場所を通ってしまったため、全員逃走~。

茶白ちゃんは外に出てしまったそうです。

暫くして「茶白~」と呼んでみると、戻ってきていたようで、とことこと出てきてちょこんと座ってこっちをじーっと見てました(^^;)
びっくりさせてごめんね。

猫社長さんには、不妊手術前の大事な時期なので、工事するなら12月、もしくは年明けあたりからお願いしたいです。


さて、タイトルの話。

先日、ハウスメーカーの担当者さんと太陽光パネル&蓄電池の件で打ち合わせをしたのですが・・・

少し考えを変えようかという気になってしまいました。

まず、もともとはなぜ付けようと思ったか?

それは、グレとライスが生きて居る間に、とんでもない災害に見舞われた場合、少しでも涼しく、少しでも暖かくしてやれたらいいと思ったから。

最初の最初に、私は「せめて扇風機が回せるくらいの電力が維持出来たらいい。冷蔵庫は諦めるし、非常食もあるし、最低限の事が出来たら」と言っていたな~と。。。

最初の頃、1キロワットで何ができるか?と質問しても、はっきりした答えが返ってこなかったのもあって、私もなんとなーく流してしまってたのですけど、いよいよ本当に考えることになったこのタイミングで、先日の関東を襲った台風15号の被害の中に、太陽光パネル火災という記事を見てしまったのでした。

この場合は住宅の屋根に付けてあったものではないので、被害が起こる条件はよくわかりませんが、念のために色々調べてみたら、公的な機関からも、住宅の太陽光パネルの火災報告が何件もあったと書かれていました。

おやおや・・・これはいったい・・・

原因はいくつかあるそうですが、施工時の不具合、製造過程での傷、あとはカラスの投石、そして暴風による外的要因。

置き型であろうと、屋根と一体化であろうと、関係ないみたいですが・・・。

あと、強化ガラスを使っているとはいえ、絶対割れないわけでもなし、少々の傷に気付かず放置してしまうと、そこから火災の原因になったり、鳥の糞を掃除しないとホットスポットという状況になって、それも原因になるそうです。

また、知らなかったけど、設置したら否応なく電気事業者という立場に置かれてしまい、保守点検の義務等もあるようだし、4年に1度とは言え、数万かかるらしい。

また、それまでの間に、問題が起こったら当然交換やらなにやら起こりますよね。
保証期間ならいいけど、それが過ぎたら結構高額・・・。

そして、一番私が気になったのは「事業者としての責任を果たす能力があるか?」でした(^^;)

パネルの寿命は20年ほどとのこと。

その頃私は77歳。もう80歳手前~~~~!!

いつか訪れる「高齢独居生活」の私が、その年になって太陽光パネルを外して、普通の屋根に変えるとなると、どうでしょう?

廃棄処分代・屋根瓦代・ほかにもいろいろ・・・

それに、その頃私がいろいろ忘れがちにでもなってしまっていたら?

保守点検は業者さんがするものの、普段の点検は目視で行うべきだそうで、それ、出来る?

それも忘れてた~ってなって、何か事故に繋がってしまったら?

そして、そんな多額な費用をその頃ホイホイと出せる保証もなし。

結局、年齢の事も考えると、責任能力という点に置いても財政状況という点に置いても、かえって負担と面倒が増えてしんどいのではなかろうか?

売電目的で付けるわけではないのですけど、グレ達が生きてる間だけ、万一の時に使えれば・・・という原点に戻るなら、20年も付けてなくていいわけで。

じゃあ、ヤム婆ちゃんのように長生きしてくれたとしても、あと5~6年。
もし、それ以上だったとしても、パネルの寿命まで生きるとは思えません。
生きたら35歳やん。ギネスもんですわ。

で、後はもう面倒だから要らない~って思っても、たったその年数の為だけに100万以上を出せますか?となってしまいました。
最初はそのつもりだったけど、必須だったけど、でも、義務が生じるとなるとやはり自分が対応できるうちに撤去したくなるし、屋根をやり直す費用を考えるととてもしんどい。


んで、パネルも4キロワット乗せる話になっていて・・・。

「どういう生活スタイルかで最適なキロワット数を出すことになりますが、多分4キロワットほどになるかと思います」
って担当者さん言ってました。

ふむふむ・・・って思ってたけど、いや待て。

で、もともとはさ~という話に戻るわけです。
扇風機2台、もしくは電気毛布1枚分(すべて猫のためだけ)の電力・・・が確保できれば何とかなると思ったのに、いつの間にやら私達のための太陽光発電に話が広がっていた。うっかりしてた。

おまけに私、事業者という立場になるとか、使わなくなったら何か方法があってそのままでもいいとか、勝手に思い込んでいたおバカさん。
付けた後のこと、まったく考えてなかった。

屋根から撤去・廃棄・原状回復。。。無理かもな・・・。
屋根と一体型だから、取り外した後の屋根瓦が全部揃うのっていくら?そしてどれくらい時間かかるの?

「一体型は修理・取り換え等、置き型よりも手間取ります」

と、専門家は書かれてましたが、そらそうですな。


そして、台風が来るたびに「どうかなっちゃわないか?」とヒヤヒヤしたくもない。

瓦屋根がどうかなっちゃうかも?とはまた違った怖さがあると思いました。

火災なんて起こったら大変ですね。我が家はそんな事ないだろう・・・は怖い。

あと、鳥の糞とかカラスとか、この辺当たり前のことだし・・・。

わ~そのケアも、、、面倒臭すぎる。そう、ぶっちゃけて面倒すぎる!!!

じゃあ、それに代わる物。面倒と言っても猫達は守らねばならんので。

もともとの「最低限の事をしてやれるだけの電力があればいい」という点で他の方法を模索。

結局・・・ポータブル電源+ソーラーパネルのセットを3~4組ほど買って、それで天気が良ければ何とか扇風機は回し続けられそう。
勿論、事前に家で充電しておきますけど。
ソーラーパネルに繋ぎながら使える物を見つけました。

発電機1台で、扇風機1台なら11時間弱使えるらしい。
日中は2台ソーラーで繋いで使って、残り2台はソーラーで充電して夜間用にするとか。

足らなかったら私がうちわでも何でも仰いであげます。
冷却材も沢山保存しておいて。クーラーボックス、既にあるし。

ただ、どんな季節にどんな災害が来るかわからないから、ソーラーパネルが活躍できるかどうかは五分五分ですかな。
太陽光パネルだって破損してしまってたらそれまでだし。太陽出てなかったら同じく使えないし。
蓄電池だって底つくし。


自分の責任能力・20年間のメンテ費用・撤去にかんする費用・そして義務化されたお努め。
それと設置する時の費用と、実際に役立って欲しい期間(猫がいる間)。。。

このバランスを考えると、どうにも150万ほども掛けて設置することは違うような気がしました。
その分、他の災害用グッズをもっと充実させておく方がいいかもなあ・・・。

ほんとに何度も言いますが、私達だけならどーとでもって思ってます。
なので、猫が居なくなったら太陽光発電、要らない。

要らないと思ってる物に対して、細かいことに気を配って生きていきたくない。
いろいろ導入して、かえって面倒くさい生活になるのは・・・嫌だ・・・。

そうそう、だから床暖房も断ったのだ。
ほんとはカワックだって要らない。でも、夫が欲しいというので譲歩した。

なんだろうなぁ・・・

快適・便利・安心安全のために何やら面倒くさい管理が増える。
維持にコストが掛かり続ける。

仕方ないとはいえ、自分が「やっぱりちょっと怖い・面倒・不安」に思うものは取り入れない方がいいのかな。

テーマ : 日々のつれづれ   ジャンル : 日記

打ち合わせ。

P1100426.jpg

昨日は1か月ぶりにハウスメーカーさんと打ち合わせをしました。

先月、分譲住宅地に見学に行き、後日、カタログを3種類届けてもらい、それを見ながらあーでもない、こうーでもない、こうした方がいいか?など、昨日までに思いついた事をノートに纏めておきました。

何点か質問・変更依頼をしたのですが、一番気になっていたのは「太陽光パネルによる反射光の問題」です。

いざという時に備えて、太陽光パネルも蓄電池も設置希望はあるのですが、「反射光によるトラブル」がニュースでも報じられたりして、我が家がそういう問題を起こしてしまわないか心配になりました。

建てるのは平屋なので、道路を挟んだお向かいのお家2軒ほどに影響がないだろうか?

お向かいは普通の2階より若干高さがある(中二階があるのかな?)感じです。

夏至・冬至など季節によって太陽の入る角度が違いますし、うちの平屋の屋根からどんな角度で反射光が届くのかなあ?

まず、そういう問題をクリアせねばと思い、事前に担当者さんに相談していたのですが、「まず心配要らないそうです」との返事でした~~。

写真にあるカネカというメーカーのパネルが使われる予定なのですが、その会社の方に周辺の地図や建物の建ち方など見ていただいた結果だそうです。

ただ、ちゃんとお墨付きをもらいたいので、正式な回答が出るまで2週間ほど待つことに。

最近は反射しにくいパネルが開発されてきているので、これまで使用されていたパネルみたいなことにはなりにくいそうですが、それでもきちんと計算した結果「大丈夫」と言ってもらった方が安心ですものね。

念のため、設置費用も再確認。

打ち合わせの最初の頃、マネージャーさんが営業に来られた際「1キロワット設置するのにいくらくらいが平均なんですか?」って訊きましたら・・・

「うちは10万です」とのことでした。

普通はもう少し高いのだそうです。

それなら付けられるかも!

そう思って真剣に設置を検討したわけなのですが、担当者さんに再確認すると・・・

「1キロワットで30万くらいになります」と言うのです。

ええ???

「Mさん(マネージャーさん)が前に10万って言われてたので、それならと思ったんですけど?」

「多分、キャンペーンの時期と重なっていた可能性がありますが、Mが一言言えば、そのお値段になると思います」

「そりゃ、30万って言われたら、なんでよ~?って思ってしまいますよ。なので、10万でお願いします」

「わかりました」

ということで、打ち合わせ用の図面の端に「1キロワット10万」と担当者さん、書き込みされました(笑)

ほんま、頼んまっせ~いきなり定価を言われても困りますぜ、旦那~~。


さて、その件はまずOKということでほっとし、次に大きな変更箇所としてお願いしたのは、猫部屋と私の部屋の間の壁を無くして、パーテーションを設置したらどうかなあ?という相談。

今度の猫部屋は本間サイズで6畳ほど。

そこに、猫のタンス、メモリアルキャビネット、シニアキャットタワー、ご飯とお水のお食事台2つ、猫トイレ1個(本当は2個置きたいけどあまりに狭くなるので、1個は私の部屋に)。

これだけはどうしても置かねばなりません。

で、冬になったらホットカーペットと炬燵でしょう?

空いてる真ん中のスペースが2畳ほどしかなく、冬になったらますますぎゅ~ぎゅ~。

猫部屋と私の部屋を仕切る引き戸の開口部は75センチほど。
あとは壁。明かり取り用の小窓が3か所上部に付きますが、段々とその壁に対して圧迫感を感じるようになり、開口部も75センチ、どうにも私の部屋に出入りするのに、今と比べると窮屈感が否めません。

もっとゆったり移動してもらいたいな~と思っていたのですけど、貰ったカタログを見ていたら、パーテーションのページ発見。

壁をこれに変えてしまったら、しかも透過性のパーテーションにしたら、猫部屋の明るさがもっと私の部屋に届くし、明かり取りの窓もここにわざわざ作らなくてもいいし、パーテーションを全部端に寄せたら、凄くゆったりと行き来ができるじゃない!

ま、私のベッドは半分以上丸見えになりますが、レースのカーテンするんだし、夜は雨戸閉めてるんだし、別に問題なし。

これなら、グレ達も私のベッドにやすやすと登りに来たり、今より狭いとは言え、窮屈感は激減する!
おまけに明るさも増す!

よし~~!と思って相談したのでした。

明かり取りの窓は、私と夫の部屋の壁に設置したら、そっちの圧迫感も減るし。

いいじゃない。これ。

あとから来られたマネージャーさん(営業さん)が「あ、これはいいですね、こっちがいいかもね」と言われてました。


あとは洗濯機の設置位置を変えてほしいだの、クロスのカタログそろそろ見せてくれだの、細かい注文をしたのですが、カタログを貰うきっかけになった「室内ドア」についての話し合い。

私は、以前見学に行った住宅展示場で見た格子が入ったグリーンのドアだとか、少し懐かしい感じがする建具が希望なのですが、案の定ハウスメーカーさんのカタログにはありません。

定番の白・ナチュラル・黄身がかった茶色、そしてこげ茶。この4色です。

私がドアに凄く拘るので、担当者さんも「カタログを見て頂いても、多分がっかりされるんじゃないかと心配です」と言われてたのです(^^;)

しかし、形は「これならいいか」と思える物もありました。
ただ、色が無い。

「これって、塗り直しとかお願い出来るんでしょうか?」

と訊いたんですが、材質によっては出来るけど、やはりコストアップになることがネックでしょうかねえ。

あと、担当者さんからの提案があったのですが・・・

「ネットで検索したら、奥様が好まれるような古材のドアとかあって、それを仕入れてもいいのですが、周辺の部材とのバランスがちょっとどうか・・・気になります」とのこと。

つまり、古材だと古びた感じで良い味わいもあるんだけど、ハウスメーカーさんの部材は古びてませんから(笑)
ドアとのバランスがおかしくなりそうだとということですね。

しかし、私は別に古材のドアにしたいと言ってるのではないんです。
懐かしい感じのドアが好きであって、素材自体がシャビーな仕上がりになってるドアを付けたいとは思っていません。

生活してる間に勝手にシャビるのは構いませんが。

で、思い出したのがリクシルの室内ドア。

いろいろ検索してる中で、「これ、好みに近い」というのを見つけたのがリクシルだったのですが、それを担当者さんと一緒にネットで検索して。

幸い、リクシルは取引があるので、全然大丈夫です!とのこと。

ハウスメーカーさんのドアじゃなくて、全部リクシルで検討してもいいですよとのこと。

リクシルには浅いグリーンや濃いグリーン、パステル調の物もあったようです。
パステルは採用しませんが、リクシルから選んでもOKと言われて嬉しくなりました(^^)

多分値段もハウスメーカーさんの物より安いはずだ・・・(笑)
私が「これこれ、これが好みに近いです」と言った物は開きドアで5万してませんでしたから。

ハウスメーカーさんのは7万くらいするそうですので。

そんなこんなで、近々、リクシルのショールームに一緒に行くことになりそう。

色んな部材や設備がたくさん揃っているらしいので、そこでおおまかなイメージが作れたらなあと思っています。


ガチガチにハウスメーカーさんのカタログから選んで設置しないといけないのかなあ・・・と思ってたけど、そうでもないので良かったです。

ネットで読んでいると、そのメーカー以外の物を使った場合の保証や修理が難しくなると書かれている記事が結構目についていたのですよね。

何せ、こんな経験初めてで、勿論最後ですから、わからないことだらけ。

我儘は言ってみるもんです(笑)






テーマ : 日々のつれづれ   ジャンル : 日記

 いらっしゃいませ
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん
chichan1blog.jpg
月乃
tukinoblog.jpg
白田君
sirotakunblog.jpg
茶太郎
cyataroublog.jpg
グレコ
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード